香港観光のおすすめスポット4選!絶対訪れたい観光地はココ!!

香港は日本からも近く、直行便もあるため週末旅行など短時間でも楽しめます。

ビクトリアピークなどの有名スポットもあれば、古くからの寺院も。

今回は、香港を訪れたら必ず訪れたい観光地を紹介します!

基本情報

香港は中国の特別行政区であり、正しくは中華人民共和国香港特別行政区と言います。

1842年に終結したアヘン戦争の後、香港はイギリスの植民地に・・・

第2次世界大戦中は日本により占領されましたが、大戦終結後はイギリスによる統治が再開、そのまま近年まで統治が続きました。

しかし1997年に中英共同声明の結果として香港は中国に返還され、特別行政区となりました。

 

見どころ

香港は小さな国ながらも、見どころがいっぱいあります。

ビクトリアピーク

香港で一番オススメな観光地はココ。この場所を目当てに香港に訪れる人も多いのでは?

最大の見どころは『100万ドルの夜景』とも言われる夜景!

香港のビクトリアピークからの眺め

行き方や現地での様子など、詳しくはこちらをご覧ください。

香港のビクトリアピークからの夜景は最高!並ばずに行きたいなら優先乗車が便利!!
世界には”3大夜景”と称される場所があります。 日本の函館とイタリアのナポリのほか、香港の夜景もそのひとつ。 僕も香港に訪れるたびに夜景を見に行きますが、香港の発展ぶりを感じられます! 今回は夜景スポット・ビクトリアピークへの行き方や施設の詳細、オススメの時間帯を紹介します。

アベニュー・オブ・スターズ(星光大道)

香港一の繁華街・尖沙咀(チムサーチョイ)の先端にある尖沙咀海濱長廊(プロムナード)にあるのがアベニュー・オブ・スターズです。

香港と言えばブルース・リー(李小龍)やジャッキー・チェン(成龍)といったスターを中心として、香港映画も人気。

このアベニュー・オブ・スターズは、香港映画ファンにはたまらないスポットです!

 

アベニュー・オブ・スターズにあるのは、スターの手形や像。

たとえばジェット・リー(李 連杰)ジャッキー・チェンなど、101枚もの手形があります!

香港のアベニュー・オブ・スターズのジェットリーの手形香港のアベニュー・オブ・スターズのジャッキーチェンの手形

残念ながらブルース・リーの手形はありません・・・

 

そして、いちばんのメインはブルース・リーの像!

同じポーズをとるも良し、じっと眺めるも良し。

香港のアベニュー・オブ・スターズのブルース・リー像

夜は光に照らされて、さらにキレイです。

香港のアベニュー・オブ・スターズのブルース・リー像(夜)

こちらは香港のアカデミー賞・香港電影金像奨で渡されるトロフィーを巨大化した像。

香港のアベニュー・オブ・スターズの像

夜になると、球体が光ります!

香港のアベニュー・オブ・スターズの像(夜)

その他にも、映画撮影中の人々の像がいっぱいあるので、まるで自分が撮影されているような写真も撮れますよ。

香港のアベニュー・オブ・スターズの像香港のアベニュー・オブ・スターズの像

アベニュー・オブ・スターズは九龍島の先端にあり、対岸の香港島を眺めることができます。

香港のアベニュー・オブ・スターズからの眺め香港のアベニュー・オブ・スターズ

また、夜になるとシンフォニー・オブ・ライツと呼ばれる音と光のショーが行われます!

香港のシンフォニーオブライツ

シンフォニー・オブ・ライツは、音と光で香港のビル群を照らすショー。

毎晩20時より10分間行われ、なんと無料で見ることができます!

 

アベニュー・オブ・スターズに行くには、MRT荃湾線の尖沙咀駅で降りてすぐです。

それほど広くないので、ひととおり見るだけなら30分あれば大丈夫です。

黄大仙祠(嗇色園)

黄大仙祠は香港最大の道教寺院。仏教と儒教も習合しています。

黄大仙や孔子、観世音菩薩が祀られており『必ず願いごとをかなえてくれる』と言われるほどのパワースポットです!

香港の黄大仙祠香港の黄大仙祠

入口にあるのが麒麟(キリン)の像。触ると体の悪いところや病気が治ると言われており、触られまくってピカピカです。

香港の黄大仙祠の麒麟の像

入口周辺には占ってくれる店が立ち並んでいます。その数100店以上!

香港の黄大仙祠の占い店

日本語が通じる店も多いです

こちらは霊官殿に祀られている荒々しい像。強そうです。

香港の黄大仙祠の霊官殿香港の黄大仙祠の霊官殿の像

内部に入ると、十二支の像がまつられています。

香港の黄大仙祠の十二支像

日本と同じく、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・・・・と続きますが、最後は亥(イノシシ)ではなく、豚でした。

香港の黄大仙祠の十二支像(亥)

また、縁結びの神様・月下老人もまつられています。

香港の黄大仙祠の月下老人像

月下老人像の近くに赤い糸が置かれているので、糸に願いを込めてから両脇の銅像に結ぶと良縁に恵まれると言われています。

糸に願いを込める印の結び方(指のかたち)は案内板に書かれています

 

本殿はこちら。

内部は赤+黄色の道教独自の配色です。

香港の黄大仙祠の本堂香港の黄大仙祠の本堂

黄大仙祠は庭園も見どころが多いです。

庭園は風水に基づいて設計されているそうですが、水が濁っていてイマイチでした。

香港の黄大仙祠の庭園香港の黄大仙祠の庭園

でも水を噴き上げる鯉はカワイイです。

香港の黄大仙祠の庭園の鯉の噴水

僕が好きなのはこちらの九龍壁。9体の龍が描かれています。

香港の黄大仙祠の九龍壁

 

黄大仙祠に行くには、MRT観塘線の黄大仙駅(黃大仙站)で降りてすぐです。

ひととおり見るだけなら、1時間あれば大丈夫。

占いしたり、シッカリとお祈りしたい場合は、プラス30~60分かかります。

定休日、開園時間はこちらです。

定休日 :なし
開園時間:朝7:00~夕方17:30

文武廟

文武廟は香港で最も古い道教の寺院。

文学の神・文昌帝君と武術の神・関聖帝君(関羽)が祀られている、とっても欲張りな寺院です。

寺院はそれほど大きくなく、高層ビルに埋もれるように建っています。

香港の文武廟香港の文武廟

文昌帝君と関聖帝君の像の前には、それぞれ金の筆と金の剣が置かれており、それらをなでて祈りをささげれば願いが叶うとされています。

寺院の内部に入ると、気になるのがコレ。

香港の文武廟の渦巻き線香香港の文武廟の渦巻き線香香港の文武廟の渦巻き線香

一瞬「!?」となりますが、これは渦巻き型の線香です!

煙を絶やさないことで神様への思いを保ち続けるため、なるべく長く煙が出るように渦巻き型の線香を使っています。

渦巻き線香ひとつが燃え切るのに、だいたい3週間かかると言われています

 

おみくじ?もあります。

香港の文武廟のおみくじ

そして、ちょうちんには願いごと?がつり下げられています。

香港の文武廟の提灯

 

文武廟に行くには、MRT港島線の上環駅(上环站)で降りて徒歩15分です。

それほど広くないので、ある程度しっかり見ても30分あれば大丈夫。

また、定休日、営業時間はこちらです。

定休日 :なし
営業時間:朝8:00~夜18:00

 

行き方

香港国際空港から香港中心部に行くには、エアポートバスやタクシーなどさまざまな方法があります。

詳しい行き方はこちらをご覧ください。

香港国際空港からの移動方法4パターン。オススメはコレ!
香港は小さな国(中国の特別行政区)ですが、オイシイ食べ物や独自の文化など見どころがいっぱい! 日本人観光客も多く訪れていることもあり、とても観光しやすいです。 香港の空の玄関口は香港国際空港。香港市内まで移動する方法はいくつかありますが、それぞれのメリット・デメリットとオススメの方法を紹介します。

 

マカオも近い!

元ポルトガル領のマカオは、アジアでありながらもヨーロッパの雰囲気を漂わせる街です。

世界遺産も多く、小さくても見どころはイッパイです!

マカオの聖ポール天主堂跡

香港からマカオへはターボジェットで結ばれており、日帰りでも行きやすいです。

香港からマカオへの移動は絶対ターボジェット!フレキシブルチケットならいつでも利用可!
マカオに行くには飛行機で行くこともできますが、香港からターボジェット(高速船)に乗っていく方法が一般的です。 今回は香港からマカオへターボジェットで訪れる方法、および期間内ならいつでも使えるフレキシブルチケットの予約方法を紹介します。

マカオ内の見どころはこちらをご覧ください。

マカオは世界遺産の宝庫!媽閣廟や聖ポール天主堂跡などの見どころを紹介!!
マカオはアジアにありながらも、どこかヨーロッパの雰囲気を漂わせるオシャレな国。 小さな土地からは想像できないほど、世界遺産もたくさん! 今回はマカオへの行き方と、世界遺産を中心とした見どころを紹介します。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

香港はコンパクトな街なので、どの観光地でも個人で訪れやすいです。

しかし効率的に巡ったり、観光スポットについてガイドしてもらいたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》香港の見どころを巡る現地発着ツアー

 


スポンサーリンク

世界遺産への登録

香港には世界遺産登録された建物・場所はありません

 

観光のベストシーズン

もっとも観光に向いているシーズンは9月~12月です。

12月でも日本と比べると暖かく、薄手の長そでTシャツで過ごせるときもあります。

春から夏にかけては雨の日も多く、湿度が高い(日本よりも高い時も・・・)ので、あまりオススメできません。

 

観光に必要な日数

香港への往復に半日、丸1日かけて観光するとして、合計1.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 

関連する書籍

 

観光を計画

香港を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》香港のホテル予約
》》香港の見どころを巡る現地発着ツアー
》》香港を訪れる日本発着ツアー

 


スポンサーリンク

訪れた時期

2005年、および2012~2013年にかけて訪れました。

その他、トランジットで立ち寄ったことがあります。

 

 

スポンサーリンク