ベルリンから日帰りでサンスーシ宮殿へ。行き方や見どころを紹介!!

 

ドイツ・ベルリンから日帰りで訪れることが多いポツダム。

ポツダムには世界遺産として知られるサンスーシ宮殿があります!

今回はベルリンからの行き方や、サンスーシ宮殿の見どころを紹介します。

基本情報

サンスーシー宮殿(Sanssouci Palace)はドイツ・ベルリンの郊外に位置するポツダムにある宮殿です。

ポツダム(Potsdam)『ポツダム宣言』で知られる都市です
・サンスーシとはフランス語で『憂いなし』という意味です

 

サンスーシー宮殿は18世紀中ごろ、フリードリヒ2世の命令により造られました。

当初は夏の離宮の予定でしたが結局は居城として使われることに。

ポツダム(ドイツ)にあるサンスーシ宮殿

設計を担当したのはフリードリヒ2世の友人でもあるクノーベルスドルフ(Knobelsdorff)

クノーベルスドルフは壮麗かつ豪華な建物を提案しましたが、フリードリヒ2世の好みを優先して、平屋建てでこぢんまりとした外観で造られました。

 

全長は100メートルしかなく、建築の際に参考にしたと言われるフランス・パリのベルサイユ宮殿の550メートルと比較すると、かなり小さなことがわかります。

ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリ! 今回はパリからベルサイユ宮殿に行く方法や内部の様子、庭園に無料で入る方法を紹介します。

 

宮殿のある敷地は広さ290万平方メートル、東西の長さ約2.3キロメートルという公園になっており、美しい花々が見どころになっています。

 



スポンサーリンク

ベルリンからの行き方

ベルリンからポツダムへの行き方は様々な方法がありますが、僕はSバーンで行きました。

Sバーンはベルリンと近郊都市を結ぶ鉄道で、ポツダムへ行くにはSバーン1号線(S1)を利用します。

ポツダム中央駅(Potsdam Hbf)までの所要時間は約30分

その他の行き方では、RE(Regional Express:快速電車)でも行けます。Sバーンよりも早く、約20~30分で着きます

ポツダム中央駅はこんな感じの外観です。

ポツダム中央駅(ドイツ)

ポツダム中央駅からサンスーシー宮殿までは徒歩で約20分

僕は片道だけ歩きましたが、サンスーシ宮殿に着いてからも長時間歩く必要があるのでオススメできません・・・

ポツダム中央駅前から出ているバス(695番)利用がオススメです!

 

 

見どころ

それではサンスーシ宮殿内部の見どころを紹介します!

サンスーシ宮殿 (Schloss Sanssouci)

プロセイン王国のフリードリヒ2世が設計に加わっている宮殿です。

宮殿には珍しく平屋建てで、質素な外観。

部屋数も12部屋と少ないですが、ロココ様式の装飾がとても美しいです。

ポツダム(ドイツ)にあるサンスーシ宮殿内部

サンスーシ宮殿の前は階段状のテラスが設けられています。

このテラスはブドウ畑で、サンスーシ宮殿のクリームイエローの外壁と畑の緑の対比が美しいです!

ただし、僕は冬に訪れたのでこんな感じでした。

ポツダム(ドイツ)にあるサンスーシ宮殿(冬)

春から夏にかけてはこんな感じ。やはりこちらの方が美しいです。

ポツダム(ドイツ)にあるサンスーシ宮殿

サンスーシ公園 (Park Sanssouci)

広さ290万平方メートルもある超巨大な公園です。

日本の皇居は115万平方メートルなので、その2.5倍の面積と考えると信じられないぐらい広いですね・・・

上空からみると、その大きさが分かります。

上空から見たポツダム(ドイツ)にあるサンスーシ庭園

もともとはフランスの伝統的造園法で造られましたが、南側はハーフェル川から引き込んだ水流を生かすなど、自然の景観を取り入れた英国風の造園法で設計されています。

庭園内には噴水や彫像が配置されるとともに、新宮殿や中国茶館、オランジュリーなどの建物も配されています。

新宮殿 (Neues Palais)

18世紀なかごろに、国威を誇示するために造られた新たな宮殿です。

外観はバロック様式で造られ、サンスーシ宮殿よりも立派な感じ。

ポツダム(ドイツ)にある新宮殿

内部は貝殻を壁に埋め込んだ洞窟の間や、選帝侯の石像が置かれている大理石の間など約400の部屋があります。

シャルロッテンホーフ宮殿 (Schloss Charlottenhof)

新古典主義様式で作られた小さな宮殿です。

建築様式総まとめ。ロマネスク様式、バロック様式などの特徴は?
ガイドブックを見ると観光名所の欄に、ロマネスク様式やバロック様式など、さまざまな建築様式が書かれています。 何となく読み流してしまいますが、建築様式の概要を理解しておけば、さらに観光が楽しめます! 今回は代表的な建築様式から、あまり有名ではない建築様式まで紹介します。

宮殿の周囲はインド風の景観を取り入れた英国式の庭園があることからシャルロッテンホーフ宮殿は、『庭園中の宮殿の傑作』とたたえられています。

オランジュリー宮殿 (Orangerie)

19世紀中ごろにルネサンス様式で作られた宮殿です。

ポツダム(ドイツ)にあるオランジェリー

“宮殿”と呼ばれていますが、オレンジをはじめとした熱帯の植物を栽培するために造られた温室としての機能も持っています。

Orangerieは『オレンジの温室』という意味を持っています

中国茶館 (Chinesisches Teehaus)

サンスーシ公園の一角にある、円筒形の茶館です。

外観は18世紀ごろ宮廷で流行したシノワズリ(中国趣味)が現れています。

ポツダム(ドイツ)にある中国茶館

建物の外観には金箔が貼られており、周囲には金色の像が配されるなど派手な感じ。

ポツダム(ドイツ)にある中国茶館の金色の像

建物内部には中国陶磁器などが展示されています。

 



スポンサーリンク

観光についての注意点

内部見学について

サンスーシ宮殿、および新宮殿、シャルロッテンホーフ宮殿、オランジュリーの内部を見学するにはガイドツアーに参加する必要があります。

なお、ガイドツアーはドイツ語のみです。

定休日・営業時間について

施設によって多少異なりますが、ガイドツアーは9時~17時に行われます。

ただし冬季(11~3月)は9時~16時

定休日も施設によって異なりますが、新宮殿は金曜、その他施設は月曜です。

また、中国茶館シャルロッテンホーフ宮殿オランジュリー10月中旬~5月中旬は閉園されます。

所要時間について

ガイドツアーに参加したり、じっくりと見学したい場合は4~5時間かかります。

建物のなかに入らず、ぐるっとひと通り見るだけであれば2時間あれば大丈夫です。

服装について

敷地内はかなり広く、歩き回ることになるのでスニーカーなど歩きやすい靴がおすすめです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

敷地内に何カ所かあります。

売店について

サンスーシ宮殿近くに売店があり、水などを購入できます。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

サンスーシ宮殿はベルリンからも近く、個人でも訪れやすいです。

しかし、ポツダムとベルリンを結ぶ鉄道の本数はそれほど多くなく、ポツダム中央駅からバスに乗る際にも待ち時間があるので思ったより時間がかかります・・・

もし日程にそれほど余裕がなく、効率的に時間を使いたいのであればベルリン発着のツアーへの参加がオススメです。

 》》サンスーシ宮殿を訪れるベルリン発着ツアー

 



スポンサーリンク

ドイツ旅行をオーダーメイド

空港からの移動や、ベルリン周辺の見どころを効率よく巡るのは意外と大変・・・

しかしツアー旅行は好きな場所に行けないし、行きたくもないお土産店に立ち寄ったりするので避けたいですよね。

そんな時は『オーダーメイド旅行』がおすすめです!

オーダーメイド旅行はツアーと個人旅行のいいとこどり!オススメは?
僕は海外旅行は個人手配型が好きですが、場合によってはオーダーメイド旅行をするときもあります。 オーダーメイド旅行は個人旅行とツアー旅行を足して2で割った感じですが、今回は利用すべきケースやオススメの依頼先を紹介します! オーダーメイ...

 

たとえば『タウンライフ旅さがし』なら無料で見積もってもらえます。

観光についての不明点を事前に相談をしたり、現地に着いてから困りごとがあっても、サポートデスクが設置されているので難なく解決できますよ。

 

観光に便利なアイテム

翻訳機

海外旅行での問題はやっぱり言葉。英語なら何となく理解できても、ドイツ語は難しいですよね・・・

あなたが日本語以外話せなくても、翻訳できるアイテムがあれば安心。

ポケトークなら世界中の言葉に対応しており、話しかけるだけで的確に翻訳してくれます!

 



スポンサーリンク

世界遺産への登録

1990年に『ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群』の構成資産のひとつとして、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

観光のベストシーズン

春(4月~6月)がオススメです。

この時期であれば、美しい庭園も楽しむことができます。

僕が訪れた12月は、庭園は雪に埋もれており、街中も店が開いていないことが多いです。

 



スポンサーリンク

観光に必要な日数

ベルリンへの往復に丸2日、日帰りでサンスーシ宮殿に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 

観光に必要な日数

ベルリンへの往復に丸2日、日帰りでサンスーシ宮殿に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 



スポンサーリンク

観光を計画

サンスーシ宮殿を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》ベルリンのホテル予約
》》サンスーシ宮殿を訪れるベルリン発着ツアー
》》日本発着ツアー予約

 

 



スポンサーリンク