建築様式総まとめ。ロマネスク様式、バロック様式などの特徴は?

 

ガイドブックを見ると観光名所の欄に、ロマネスク様式やバロック様式など、さまざまな建築様式が書かれています。

何となく読み流してしまいますが、建築様式の概要を理解しておけば、さらに観光が楽しめます!

今回は代表的な建築様式から、あまり有名ではない建築様式まで紹介します。

建築様式

代表的な建築様式について「あ」から順に、簡潔に紹介します!

あ ~ お

■アール・デコ様式
西暦1910~30年代ごろにアメリカを中心として流行した様式。

円や流線形、波模様などの幾何学模様を用いた表現や、定規で引いたような直線的デザインが特徴となっています。

[代表的な建築]
・エンパイアステートビル(アメリカ:ニューヨーク)
・ロックフェラーセンター(アメリカ:ニューヨーク)

アメリカ・ニューヨークのエンパイヤ―ステートビル

■アール・ヌーヴォー様式
19世紀末~20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に広がった美術運動。その影響は建築にも及びました。

ドイツ語圏ではユーゲントシュティール様式と呼ばれています。

[代表的な建築]
・アムシュタインホフ教会(オーストリア:ウィーン)
・タッセル邸、ソルヴェイ邸、オルタ自邸(ベルギー:ブリュッセル)

■イオニア様式
紀元前650年~480年ごろ、イオニア地方(現在のトルコ南西部)と呼ばれた地域で発展した建築様式。

オリエントの強い影響を受けた形式であり、どこか繊細かつ軽快な女性的な雰囲気です。

柱頭などに渦巻きなどの装飾が特徴となっています。

[代表的な建築]
・アテネのアクロポリス – エレクテイオン神殿(ギリシャ:アテネ)

ギリシャ・アテネのエレクティオン神殿

■エレーラ様式(無装飾様式)
建築家フアン・デ・エレーラ(Juan de Herrera)によって生み出された建築様式で、建物外部がほとんど装飾されていないのが特徴となっています。

[代表的な建築]
・エル・エスコリアール修道院(スペイン・マドリード)

 

か ~ こ

■ギリシャ様式
紀元前7世紀ごろより、ギリシャ周辺で発展した建築様式。

神殿に代表されるように、どっしりと重厚感のある直線的なつくりが特徴。黄金比を用いて神殿を美しく見せるための工夫もなされています。

また、たくさんの柱が細かく並べ、それを梁(はり)で支えているのも特徴です。

[代表的な建築]
・パルテノン神殿(ギリシャ)

ギリシャ・アテネのパルテノン神殿

■近代建築様式(新現代様式)
産業革命によりコンクリートや鉄、セラミックなどの新たな建築素材が誕生、また建築技術の発展によって生まれた建築様式。

バロック様式やロココ様式のような、過剰な装飾に反発した西欧諸国で流行し、アールデコやモダニズム建築が生まれるキッカケとなりました。

[代表的な建築]
・カサ・ミラ(スペイン:バルセロナ)

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ外観

カサ・ミラはガウティ建築の傑作!現在も住んでいる人がいるらしい・・・
スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・ミラもその一つ。 今も住んでいる人がいる集合住宅ですが、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています! 今回はカサ・ミラの見どころと、優先入場チケットについて紹介...

■グスタヴィアン様式
スウェーデン王・グスタフ3世が好んだロココ様式に、古典様式を融合させた建築様式。

[代表的な建築]
・ドロットニングホルムの王領地 – 宮廷劇場(スウェーデン)

■クメール様式(プラ・プラ―ン様式)
9~15世紀ごろ発展したクメール王国(現在のカンボジア)の影響を受けた建築様式。

砲弾状の高い塔堂が特徴的です。

[代表的な建築]
・アンコールワット(カンボジア:シェムリアップ)

カンボジア・アンコールワットの中央祠堂

アンコールワット観光案内!アンコール遺跡群と合わせて効率的に観光!!
アンコールワットをはじめとしたアンコール遺跡群は日本人にも大人気! 僕も現地ツアーで、アンコールワットやアンコールトム、タ・プロームなどを巡りました。 今回は現地ツアーの様子や、アンコール遺跡群を観光する際の注意点を紹介します! ...

■ゴシック様式
12~16世紀ごろ、ヨーロッパ各地で栄えた建築様式。

交差リブ・ヴォールトを用いた高い天井と鮮やかなステンドグラス、バラ窓が特徴で、軽やかで明るい様式です。

[代表的な建築]
・ケルン大聖堂(ドイツ:ケルン)
・サントシャペル(フランス:パリ)
・ドゥオモ(イタリア:ミラノ)
・ノートルダム大聖堂(フランス:パリ)

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)のファサード

フランス・パリのノートルダム大聖堂

ミラノへ行ったらドゥオモ(大聖堂)は必見!内部&外部の見どころはココ!!
イタリア・ミラノの中心部に建つ白い&デッカイ建物といえばドゥオモ。 ミラノは『芸術の都』とも呼ばれますが、その評判通りの美しさ! 今回はドゥオモの見どころと、観光する際の注意点を紹介します。  追記  2018/07/26  所...

■ゴシック・リバイバル様式(ネオ・ゴシック様式 / 歴史主義様式)
18世紀後半から19世紀にかけて、ゴシック様式の復興を目指した建築様式。

尖塔アーチや、ガーゴイルを模した雨どいが特徴です。

[代表的な建築]
・ウェストミンスター寺院(イギリス:ロンドン)
・チャトラパティ・シヴァージ―・ターミナス駅(インド:ムンバイ)

インド・ムンバイのチャトラパティ・シヴァージ―・ターミナス駅

■コロニアル様式
17~18世紀にかけて、ヨーロッパ諸国の植民地に多く建てられた建築様式。

コロニアルとは『植民地』という意味です

建物の正面にはポーチが付き、大きな窓やベランダがあるのが特徴。その土地の建築様式と融合していることもあります。

[代表的な建築]
・ラッフルズホテル(シンガポール)

シンガポールのラッフルズホテル

■ゴンダール様式
ポルトガルやイスラム、バロック様式が交じり合った独自の様式。

[代表的な建築]
・ファジル・ゲビ、ゴンダールの遺跡群(エチオピア)

 

さ ~ そ

■新古典主義様式
18世紀から19世半にかけて、ヨーロッパで栄えた建築様式。

古典様式を再評価して生まれました。

[代表的な建築]
・セント・マーガレット教会(イギリス:ロンドン)
・シエンフエゴスの歴史地区(キューバ)

■スーダン様式
日干しレンガを重ね、泥を塗って仕上げる建築様式。

[代表的な建築]
・ジェンネの旧市街 – 泥のモスク(マリ:ジェンネ)

マリ・ジェンネの泥のモスク

■ゼツェッション様式
過去の建築様式にとらわれない、生活や機能と結びついた自由な造形を目指した建築様式。

[代表的な建築]
・広島平和記念碑(原爆ドーム)

広島の原爆ドーム(広島平和記念碑)

た ~ と

■タルー・タブレロ様式
北中米を中心に普及した、傾斜壁(タルー)と垂直壁(タブレロ)を交互に組み合わせて基壇部分を作る建築様式。

[代表的な建築]
・ティオティワカン(メキシコ)

メキシコのティオティワカン

■チロエ様式
ヨーロッパと、チリにあるチロエ島の建築様式が調和した様式。

[代表的な建築]
・チロエの教会堂群 – カストロ教会群(チリ)

■チューダー様式
イギリスのチューダー朝時代(15世紀末~17世紀初頭ごろ)に栄えた建築様式。

聖堂建築では、ゴシック様式にルネサンスの装飾的要素を加えたのが特徴。

また、木で組んだ梁や柱などの構造をあらわにしたハーフティンバーと、漆喰や煉瓦の壁を持つ一般人の家屋もチューダー様式と呼んでいる。

[代表的な建築]
・ヒーバー城(イギリス)

イギリスのヒーバー城

チューダー様式の住宅

■チュリゲラ様式
17世紀末~18世紀にかけて広がったスペイン独自のバロック様式。南米にあるスペイン植民地(ペルーなど)にも多く見られます。

バロック様式がもとになっており、金銀細工や大理石の装飾、化粧漆喰など豪華で繊細な装飾が特徴です。

名前は建築家などを輩出したチュリゲラ家から名付けられました

 

[代表的な建築]
・サカテカスの歴史地区 – カテドラル(メキシコ)

■ドラヴィダ様式
インドで見られるイスラム教建築のひとつ。

台形の塔門(ゴープラム)の表面には人間や動物が描かれているのが特徴となっています。

[代表的な建築]
・大チョーラ朝寺院群 – ブリハディーシュワラ寺院(インド)

な ~ の

■ナジャディ様式
15世紀に起源を持つ、アラビア半島中央部に見られる建築様式です。

[代表的な建築]
・ディライーヤのツライフ地区(サウジアラビア)

 

は ~ ほ

■ハーフティンバー様式
15~17世紀ごろ、北ヨーロッパ(フランスやドイツ、イギリス)で多く建てられた建築様式。特に住宅で用いられました。

フランス語ではコロンバージュと言います

柱や梁を外壁に露出さ、その間にレンガや土などを充塡して壁とする木造家屋。半木骨造とも呼ばれています。

[代表的な建築]
・北ヨーロッパの一般住宅

ハーフティンバー様式の住宅

■パッラーディオ様式
15世紀ごろ、ヨーロッパを中心に流行した建築様式で、ベネチアの建築家アンドレーア・パッラーディオ(Andrea Palladio)の設計から派生して生み出されました。

柱廊やドームを、一般市民の建築物に採用したことで知られています。

[代表的な建築]
・ヴィチェンツァの市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の別荘群(イタリア)

■バロック様式
16~18世紀初頭にかけて、ヨーロッパや中南米で用いられた建築様式。

曲線やねじれた線、絵画などを用いた過剰な装飾が特徴であり、絶対王政期の王朝で多用されました。

王権の弱かったイギリスではあまり用いられませんでした
また、台風や地震が多いフィリピンの風土に合わせて、天井を低くする独自の建築様式のため『地震のバロック』と呼ばれています。
 

[代表的な建築]
・ベルサイユ宮殿(フランス)
・シェーンブルン宮殿(オーストリア:ウィーン)
・サン・アグスティン教会(フィリピン:マニラ)

フランス・ベルサイユ宮殿の外観

ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリです! 今...

■パローツ様式
泥と藁(わら)を用いて壁を作り、表面は石灰を塗って仕上げている建築様式。

屋根の下部にある木板に飾りがあり、バルコニーの模様にも特徴があります。

[代表的な建築]
・ホッローケーにある家屋(ハンガリー)

■ビザンツ様式(ビザンチン様式)
6世紀ごろ、ビザンツ帝国(現在のトルコ)で栄えた建築様式。

ローマ建築様式と東方文化が融合して生み出され、バシリカなどの聖堂にドーム天井を組み合わせています。また、内部はモザイクや大理石で装飾されている点が特徴的。

後のイスラム建築にも、大きな影響を与えたと言われています。

[代表的な建築]
・サンマルコ大聖堂(イタリア:ベネチア)
・アヤソフィア(トルコ:イスタンブール)

トルコ・イスタンブールのアヤソフィア博物館

■徽派建築
中国の伝統的な建築様式で、漆喰を塗られた白い壁とは灰色の瓦屋根が特徴となっています。

[代表的な建築]
・安徽省南部の古村落 – 西逓・宏村(中国)

■プウク様式
中南米で栄えたマヤ文明の建築様式のひとつ。

平屋根の水平な稜線(りょうせん)とモザイク装飾が特徴となっており、雨の神であるチャックモールの顔が付けられています。

[代表的な建築]
・ウシュマルの古代都市 – 魔法使いのピラミッド(メキシコ)

■ブルンコヴャヌ様式
ギリシャの建築様式とルーマニア独自の文化が融合した建築様式。

均整の取れた、白い石造りの優美な外観が特徴です。

名前は修道院の創設者コンスタンティン・ブルンコヴャヌに由来。

[代表的な建築]
・ホレズの修道院(ルーマニア)

■プレ・サハラ様式
アフリカで用いられることの多かった、防御も兼ねた複数階のつくりを持つ建築様式です。

[代表的な建築]
・アイット・ベン・ハドゥ(モロッコ)

モロッコのアイット・ベン・ハドゥ

 

ま ~ も

■マヌエル様式
15世紀後半~16世紀ごろ、ポルトガルで流行した建築様式。

ゴシック様式の影響を受けておりサンゴや貝殻、ロープ、鎖などの海をテーマにした過剰ともいえる装飾が特徴です。

[代表的な建築]
・ジェロニモス修道院(ポルトガル:リスボン)
・キリスト教修道院(ポルトガル:トマール)

ポルトガル・リスボンのジェロニモス修道院

■マル・グルジャラ様式
インドで見られる建築様式

[代表的な建築]
・ラニ・キ・ヴァヴ:グジャラト州パタンにある女王の階段井戸(インド)

■ムデハル様式
レコンキスタ(国土回復運動)のあと、イスラム教徒とキリスト教の建築様式が融合したスペインの建築様式。

建物の壁に、彩色タイルやレンガを用いた幾何学模様の装飾が特徴です。

[代表的な建築]
・カサ・ビセンス(スペイン:バルセロナ)
・サン・フランシスコ修道院(ペルー:リマ)

スペイン・バルセロナにあるカサ・ビセンスの外観

ガウディ建築9選+α!スペイン・バルセロナは街中ガウディ!!
芸術の街と言われるスペイン・バルセロナを語るうえで外せないのがガウディ建築。 世界中にココだけ!という、特徴的な建物がいっぱいです!! 今回はバルセロナ市内にある、ガウディ建築およびガウディ建築の特徴を紹介します。 ガウディの基本...

■メスティソ様式
バロック様式に、先住民の文化的要素が混じりあった建築様式です。

メスティソとは白人とラテンアメリカの先住民・インディオの混血である人々のこと

[代表的な建築]
・サン・ロレンソ教会(ボリビア:ポトシ)
・ラ・コンパニーア教会堂(ボリビア:ポトシ)

 

ら ~ ろ

■ルアン・パパン様式
ラオスのルアン・パパンで見られる建築様式。軒に向かって流れる何層にも重なった屋根が特徴となっています。

[代表的な建築]
・ワット・シェントーン(ラオス:ルアン・パパン)
・ワット・マイ(ラオス:ルアン・パパン)

ラオスのルアン・パパン様式の寺院

■ルネサンス様式(ルネッサンス様式)
15~17世紀ごろ、イタリアを中心としたヨーロッパで栄えた建築様式。古代ギリシャやローマを模範としています。

幾何学模様を用いたシンメトリー(左右対称)とバランスを重視している点が特徴的です。

[代表的な建築]
・サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(イタリア:フィレンツェ)
・サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)

イタリア・フィレンツェのドゥオモのクーポラ

フィレンツェ観光の定番ドゥオモを訪れる。見どころと行き方を紹介!!
フィレンツェは芸術の革新運動・ルネッサンスの発祥地。 フィレンツェの街中には、いろんな時代の教会や大聖堂、宮殿がありますがドゥオモもその一つ。 今回はドゥオモ、および隣接する鐘楼&洗礼堂の見どころを紹介します。  追記  201...
世界最小の国・バチカンはカトリックの聖地!行列を避けるには周る順番が重要!!
2018年時点で国連に加盟している国は193カ国。このうち最も小さな国を知っていますか? 正解はバチカン市国! 小さな国ですがカトリックの総本山でもあるため、世界中から人が訪れます。 今回はバチカン市国について、見どころ、行列を避...

■ロココ様式
18世紀ごろフランスを中心に栄え、以後ヨーロッパ各地に広まった建築様式。

淡い色彩を用いた軽快で優美な華麗な室内装飾と、壁面と天井に境目がない構造が特徴です。

富裕層の住居を中心に用いられました。

[代表的な建築]
・サンスーシ宮殿(ドイツ:ポツダム)
・エカテリーナ宮殿(ロシア:ツァールスコエ・セロー)
・ヴェルサイユ宮殿内 – プチ・トリアノン(フランス)

ロシア・サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿
フランス・ベルサイユ宮殿のプチ・トリアノン

世界遺産エカテリーナ宮殿に現地ツアーで訪れる!チケット取得方法と内部の様子を紹介します
ロシアのサンクトペテルブルクに訪れた時、「どこか郊外に行きたいな~」と思ったときはエカテリーナ宮殿がオススメ! 涼しげな宮殿は暑い夏にピッタリ。 今回はサンクトペテルブルクからエカテリーナ宮殿に行く方法と、内部の様子を紹介します。 ...
ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリです! 今...

■ローマ様式
紀元前5世紀~4世紀初頭ごろ、ローマ帝国で栄えた建築様式。その後のヨーロッパ建築にも多大な影響を与えました。

ギリシャ建築を受け継ぎつつ発展させており、ドーム天井やバシリカ、アーチ建築が特徴。小さな材料でも大空間を作ることが可能となりました。

[代表的な建築]
・コロッセオ(イタリア:ローマ)
・パンテオン(イタリア:ローマ)

イタリア・ローマのコロッセオ

コロッセオ(ローマ)の見どころ紹介!長時間並ばずに入場する方法とは?
イタリア・ローマのコロッセオには、世界中から観光客が押し寄せます。 そのため、入場に時間がかかるのが難点・・・・ 今回はコロッセオの見どころと、なるべく並ばずに入場する方法を紹介します!  追記  2018/07/26  所要時...

■ロマネスク様式
10世紀末から12世紀にかけて、ヨーロッパで栄えた建築様式。

ロマネスクとは『ローマ風』という意味を持っており、ローマ建築のバシリカが発展したもの。

全体的に重厚的な印象であり、石造りの厚い壁や小窓、半円アーチ構造の天井などが特徴となっています。

扉の上部(タンパン)などに聖書に書かれている人物や場面のレリーフが彫られていることが多いです。

[代表的な建築]
・ピサ大聖堂(イタリア:ピサ)
・モデナ大聖堂(イタリア:モデナ)

イタリア・ピサにあるドゥオモのファサード

ピサの斜塔は傾きがスゴイ!フィレンツェからの行き方と周辺の見どころ紹介
世界でも有数の珍スポット・ピサの斜塔。 ”斜塔”の名前の通り、塔自体が傾いています! 写真で見るより、実際に見るとその傾きに驚くこと間違いなしです。 今回はフィレンツェからピサの斜塔に行く方法、塔および周辺の見どころを紹介します。...

 

まとめ

今回紹介した建築様式以外にも、さまざまな建築様式があります。

それぞれの様式の特徴を知って、より観光を楽しみましょう!

 

 

スポンサーリンク