ホテルやB&B、コンドミニアム・・・さまざまなホテルの種類の違いは?

 

海外旅行に行くときはホテル予約が必須ですが、○○HOTELや○○INNなど種類はさまざま。

でもそれぞれの違いって、よく分からないですよね・・・

今回はホテルの種類の違いを紹介します!

ホテルの種類

日本でもホテルのほかに民宿や旅館がありますが、海外でもその土地独自の形態があります。

それらを含めて、ホテルのさまざまな形態を紹介します!

アルベルゴ(Albergo)

イタリアにある、レストランを併設した宿泊施設のことです。

イン(Inn)

最低限の設備を持つ小さなホテルです。

宿泊料金は安めな場合が多いです。

ヴィラ(Villa)

コテージ(後述)をより広く、より豪華にした感じの宿泊施設です。

リゾート地で多く見られます。

オーベルジュ(Auberge)

フランスにあるレストランと宿泊施設を兼ねた場所で、どちらかといえばレストランがメイン。

たとえば夕食でワインなどを飲酒したのち、車を運転して帰ることができない場合に利用する、といった使い方をする場合があります。

コテージ(Cottage)

ホテルの敷地内に建物が点在しており、1つの建物まるごと宿泊施設です。

フロントやレストランは別の建物に設けられていることが多く、プライバシー性が高いことが特徴となっています。

リゾート地で多く見られます。

コンドミニアム(Condominium)

キッチンなどの生活のための設備がそろえられた、アパートメント形式の宿泊施設です。

コンドミニアム

長期滞在に向いており、自分で料理を作ることができるので食費が節約できます。

シャトー・ホテル(Chateau Hotel)

中世ヨーロッパ時代に建てられた、城や邸宅をホテルに改築したものです。

庭園なども有しており、マナー・ハウス(後述)よりも規模が大きい場合が多いです。

カナダのシャトーホテル

デザイナーズ・ホテル(Designers Hotel)

デザインに凝ったホテルで、有名なデザイナーや建築家が手掛けていることが多いです。

僕がマレーシアのクアラルンプールで宿泊したWOLOブキットビンタンもデザイナーズホテルでしたが、とてもオシャレな内装でした。

マレーシア・クアラルンプールのWoloホテルのエレベーターホール

欧米をはじめ、世界中の都市部に建てられています。

パラドール(Parador)

城や貴族の邸宅などをホテルに改築した、スペイン国営の宿泊施設です。

スペインのパラドール

料金もお手頃で、食事にも力を入れていることが多め。

パラドールはスペイン全土にあり、あのアルハンブラ宮殿内にもあります。

アルハンブラ宮殿入場前にチケット発券要!予約時間≠宮殿入場時間なので注意が必要・・・
スペイン・グラナダの丘の上に建つアルハンブラ宮殿。 スペインは世界遺産の宝庫ですが、なかでも赤茶色の建物が印象的なこの建物は、スペインにおいてのイスラム文明の象徴でもあります。 今回はアルハンブラ宮殿の見どころと、観光時の注意点を紹...

 

ポルトガルにも同様のポウサーダ(Pousada)と呼ばれる宿泊施設があります。

ビー・アンド・ビー(B & B)

宿泊と朝食がセットになった宿泊施設で、小規模な家族経営のホテルも多いです。

B&Bとは『Bed(ベッド)& Breakfast(朝食)』の略。

アメリカやイギリスなどの英語圏にある場合が多く、料金も比較的お手頃です。

プチホテル(Petit Hotel)

ヨーロッパでよく見られる、客室数が数室~数十室のこぢんまりとしたホテルのことです。

個人経営の場合が多く、オーナーのこだわりが反映された個性的な内装が多いです。

ホステル(Hostel)

低価格で宿泊できる宿泊施設ですが、シャワーやトイレが共同である場合が多いです。

また、宿泊者どうしが交流できるスペースが設けられている場合もあります。

マナーハウス(Manor House)

中世ヨーロッパの貴族の所有地(マナー)に建てられた、邸宅をそのまま宿泊施設にしたホテルです。

イギリスのマナーハウス

建設当時の装飾や家具なども、そのまま残されている場合が多いです。

イギリスの郊外によく見られます。

モーテル(Motel)

車で運転して訪れることを前提としたホテルで、主要道路に沿って建てられています。

アメリカのモーテル

客室だけの場合もあれば、レストランなどが併設されている場合も。

アメリカを中心とした北米に多いです。

ユースホステル(Youth Hostel)

若者が低価格で宿泊できるように考えられている宿泊施設です。

国際ユースホステル連盟に所属しているホテルは世界中にあり、会員になると安く宿泊できる特典があります。

設備はホステルによって異なりますが、比較的シンプル。

ホステルによっては、その土地の観光案内や体験プログラムが用意されている場合があります。

 

民泊という形態もあります

近年新たな宿泊形態として登場したのが民泊

民泊とは、ひとことで言えば『ホテルではなく民家に泊まる』こと。

民家の住人が不在だったり、余っている部屋を貸し出して、泊まりたい人の希望と一致すれば宿泊することが可能です。

最大の利点は、ホテルと比較して料金が安いこと。

また、部屋によっては広々としていたり、趣向を凝らした内容が楽しめます。

また、普通の一軒家だけではなく、トレーラーハウスやツリーハウス、船やお城といった普通では泊まることができない場所への宿泊も可能。

HomeAwayAsiaなら、世界190カ国もの宿泊先を取り扱っています。

通常のホテル予約サイトでは、お目にかかれない珍しい場所に宿泊できるかも?

 

まとめ

旅行スタイルによって、あなたに向いた部屋タイプはさまざま。

あなたにピッタリの部屋を予約しましょう!

 

 

スポンサーリンク