ミャンマー伝統の八曜日。八曜日占いであなたの性格を診断!

 

日本では太陽暦を使用していますが、その他にも六曜(大安・仏滅など)と呼ばれる独自の暦があります。

東南アジアのミャンマーでも伝統的な暦・八曜日があり、占いとしても使われています。

今回は八曜日の調べ方と、曜日ごとの当てはまる性格などを紹介します!

八曜日とは

八曜日とはミャンマーで古くから使われている暦(こよみ)です。

七曜日ではなく、八曜日である理由はミャンマーなどで古くから使用されている『ビルマ暦』にちなんでいるため。

日本で使われる七曜日と基本的には同じですが、水曜日が午前と午後に分けられているため八曜日となりました。

 

それぞれの曜日ごとに決められた性格や、他人との相性があると言われており、それをもとにした八曜日占いも人気があります。

日本での血液型占いみたいな感じです

 

また、曜日ごとに守護動物や方角、星座も決まっています。

のちほど紹介しますが、シュエダゴンパゴダのような寺院には守護動物の像がまつられており、その像をお参りする風習もあります。

 

八曜日の調べ方

八曜日のうち、あなたが生まれた曜日を『誕生曜日』と言います。

あなたの誕生曜日は、つぎの手順で調べられます!

1.下記の早見表で自分の生まれた年と月が交差する欄にある数字を調べる
  誕生曜日を調べる表

  例:2000年12月生まれなら「5」

2.誕生日(日にち)に1.で調べた数字を足す

  例:2000年12月31日生まれなら「31」+「5」=『36』

3.下記の表で2.で調べた数字が書かれている曜日が、あなたの『誕生曜日』です。

  誕生曜日を調べる表

   例:手順2で「36」となったので日曜が誕生曜日

水曜の場合は、実際にあなたが生まれた時間帯によって『水曜午前』『水曜午後』の2つに分かれます。

また誕生曜日ごとに、曜日・方角・象徴となる動物(守護動物)が、次のとおり決まっています。

  誕生曜日に対応する曜日、象徴となる動物

僕の誕生曜日は金曜なので、守護動物はモグラでした。できれば虎やライオンが良かった・・・

 

守護動物ごとの性格

血液型のように、守護動物ごとに性格診断が行われます。

それぞれの守護動物ごとの性格は次のとおりです。

■鳥(ガルーダ)

  • リーダーシップがある
  • ぜいたくを好む
  • 一目ぼれしやすい

■虎(ジャア)

  • 頑固
  • 勇敢で強い意志を持っている
  • 直観力がある

■ライオン(チェンティ)

  • 理性的
  • 活動的
  • お金に苦労しない

■牙のある象(スィーン)

  • 知性的
  • 好奇心旺盛
  • お金を散財する

■牙のない象(ヤフー)

  • 直観力に優れる
  • 短気
  • 神秘的なものが好き

■ネズミ(チュエ)

  • 思いやりがある
  • 頭が良い
  • 慎重かつ温厚

■モグラ(プー)

  • 感受性が強い
  • 冷静かつ客観的
  • 欲望に従順

■竜(ナーガ)

  • マイペース
  • 心配性
  • なまけもの

 

僕の守護動物はモグラなので、八曜日占いによると感受性が強い&冷静かつ客観的&欲望に従順らしいです。

当たっている点もありますが、欲望に従順ではない(はず?)。

 

守護動物をお参りする

ミャンマーでは、自分の守護動物をお参りする習慣があります。

僕もせっかくなのでお参りしてみました。

僕が訪れたのはヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダ

ヤンゴンのシュエダゴンパゴダを訪れる!おすすめの時間帯と内部の様子を紹介!!
強烈な存在感を放つヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。 ヤンゴンのランドマークであり、ミャンマー仏教の総本山でもあります。 シュエダゴン・パゴダでは自分の曜日に対応した守護動物にお祈りします。曜日は全部で8種類。八曜日と呼ばれおり、もち...

高さ100メートルもある巨大な黄金の仏塔が見どころです。

遠景から見たシュエダゴン・パゴダ

黄金の仏塔を囲むように、守護動物の像が置かれています。

シュエダゴン・パゴダの守護動物(もぐら、テンジクネズミ)

シュエダゴン・パゴダの守護動物(もぐら、テンジクネズミ)

お参りは、像の上に設置されている水道から水をくみ、自分の年齢の数だけ水をかけます。

20歳の人は20回水をかけます

 

縁起の良い日

八曜日の中で最も縁起が良いのは『木曜日』

木曜日は仏教の開祖・ブッダが悟りを開いた曜日と言われており、日本で使われる六曜の『大安』のように、結婚などの行事を行うのにもっとも良い日と言われています。

また、お参りするにも最適な日です。

 


スポンサーリンク

まとめ

ミャンマーは世界三大仏教遺跡のひとつ、バガン遺跡があります。

ミャンマー・バガン遺跡はアンコールワットを超える壮大さ!見どころと観光時の注意点を紹介!!
あなたは世界3大仏教遺跡をすべて知っていますか? もっとも有名なのはアンコール・ワット遺跡群ですが、今回紹介するバガン遺跡も3大遺跡のうちの一つです。 僕は今までさまざまな観光地に行きましたが、ベスト3に入るぐらい好きな場所がバガン...

今後人気が出ることが予想され、ミャンマーに行く機会があるかもしれません。

訪れた時は八曜日を思い出して、自分の守護動物にお参りしましょう!

 

スポンサーリンク