ミャンマー・バガン遺跡はアンコールワットを超える壮大さ!見どころと観光時の注意点を紹介!!



 

あなたは世界3大仏教遺跡をすべて言えますか?

もっとも有名なのはアンコール・ワット遺跡群ですが、今回紹介するバガン遺跡も3大遺跡のうちの一つです。

僕は今までさまざまな観光地に行きましたが、ベスト3に入るぐらい好きな場所がバガン遺跡。

今回はバガン遺跡へ行く方法や見どころ、注意する点などを紹介します。

 追記
2018/05/10  休館日について追記

基本情報

バガン遺跡(Bagan)は、世界3大遺跡のひとつと呼ばれています。

ひとつのバガン遺跡という名前の場所があるわけではなく、複数の寺院・仏塔が立ち並んでいるバガンという地域の遺跡群を指しています。

その寺院・仏塔の数がすごいんです。

その数は3,000とも4,000とも言われています。見渡す限りの地平線に赤茶色の仏塔が立ち並ぶ姿は壮観です。

バガン遺跡

点在する寺院や仏塔は11~13世紀のパガン王朝時代に、仏教の繁栄を願って建てられました。

バガン遺跡

バガン遺跡

バガン遺跡の見どころ

バガン遺跡の中には有名な寺院が多数存在していますので、そのうちのいくつか紹介します。

アーナンダ―寺院 (Ananda Temple)

バガン遺跡にある寺院の中でも最も大きく、かつ最も美しいと言われている寺院です。

アーナンダ―寺院

1090年にチャンスィッター王により建てられた寺院で、高さは50メートル。内部には高さ9.5メートルの黄金に輝く仏像が4体あります。

アーナンダ―寺院の黄金の仏像

壁画もかわいらしくて味があります。

アーナンダ―寺院の壁画

ゴドーパリィン寺院 (Gawdawpalin Temple)

バガン遺跡の中で2番目に高い寺院です。

バガン遺跡は表面がレンガで覆われた赤茶色の寺院が多いですが、この寺院は白色のしっくいで覆われています。

入り口部分の装飾が特に美しいので必見です。

ゴドーパリィン寺院

シュエサンドー・パヤー (Shwesandaw Paya)

バガン黄金期の中でも初期(1057年)に建てられました。この仏塔には仏陀の遺髪が納められています。

シュエサンドー・パヤー

この仏塔はサンセットスポットとしても有名。現地ツアーに参加した場合は、ほぼこの仏塔からのサンセット見学が含まれています。

日が沈む地平線と夕暮れの空、シルエット状の仏塔との対比がとても美しいですよ。

シュエサンドー・パヤーからのサンセット

スラマニ寺院 (Sulamani Temple)

1183年に建てられた2層構造の寺院です。

スラマニ寺院

この寺院にも4体仏像が飾られていますが、最大の見どころはフレスコ画。人間や動物をモチーフにしており、バガン遺跡の中でもっとも保存状態が良いです。

スラマニ寺院のフレスコ画

タビニュ寺院 (Thatbyinnyu Temple)

65メートルとバガンでもっとも高く、遠くからでも目立ちます。

タビニュ寺院

内部には金色に輝く仏像が鎮座しています。

ダマヤンジー寺院 (Dhammayangyi Temple)

ナラトゥ王により建てられましたが、建築途中で暗殺されたため工事は中止となり、現在も完成していません。

ダマヤンジー寺院

また、この寺院は地元では心霊スポットとしても有名。

夜になると幽霊が出るというウワサがあります。

マヌーハ寺院 (Manuha Temple)

マヌーハ王により、1059年に建てられました。

マヌーハ寺院

マヌーハ王は捕虜となってしばらくの間囚われの身となりましたが、その時の経験からか寝大仏が建物いっぱいに作られており、とても窮屈。

マヌーハ寺院の寝大仏の下半身

マヌーハ寺院の寝大仏の顔

ティーローミンロー寺院 (Htilominlo Temple)

ティーローミンローは「傘」という意味です。

なぜこのような名前が付いたかというと、一説には王位継承者を決める時に、傘が倒れた方向に立っていたナンダウンミャーを後継者として選んだことに由来しています。

ティーローミンロー寺院

建物は2層構造になっており、バガン遺跡らしい作り。

また、寺院の周りでは民芸品が売られています。ここでは首長族の女性に会うことができました。

ティーローミンロー寺院の首長族の女性

バガン・ビューイング・タワー (Bagan Viewing Tower)

バガン遺跡を一望できる、高さ60メートルの展望塔です。

バガン・ビューイング・タワー

この塔からの眺めは絶景!

地平線の先まで見渡せる平地に、何千もの仏塔が立ち並んでいる風景は本当に素晴らしいです。

バガン・ビューイング・タワーからの眺め

しかし、この塔は評判があまりよくありません。

入場料が高いこともありますが、周りの風景に溶け込んでいない外観はバガン遺跡が世界遺産に登録されない原因の一つと言われています。

シュエズィーゴン・パヤー (Shwezigon Paya)

バガンを代表する黄金に輝く仏塔で、高さは40メートルほど。ニャウンウー村から歩いて行けるほど近くにあります。

シュエズィーゴン・パヤー

まぶしいほどの金色ですが、この輝きは金箔を貼り付けることにより維持されています。

金箔は観光客でもお金を払えば貼ることが可能。

5センチ四方ぐらいの大きさの金箔を購入、それを仏塔に貼り付けるだけですが、徳を積んだ気分を味わえます。

シュエズィーゴン・パヤーに貼る金箔

シュエズィーゴン・パヤーに貼る金箔

観光についての注意点

全般

雨はほとんど降らないので雨具は不要です。

また舗装路が少なく、土の地面が多いため土ぼこりが舞いやすいです。視力が良くない人は、コンタクトレンズではなくメガネを掛けましょう。

休館日について

どの寺院も休館日はありません。

服装について

仏塔を登ったり、ごつごつした地面が多いので、履きなれたスニーカーがおすすめ。とくに仏塔の階段はとても急。登るならグリップ力の良い靴が必須です。

    楽天市場でスニーカーを探す
    Amazonでスニーカーを探す

とても急な仏塔の階段

また、寺院の中以外は日差しをさえぎるものがないので、帽子をかぶるようにしてください。

    楽天市場で帽子を探す
    Amazonで帽子を探す

海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

寺院に併設されていますが、あまりキレイではありませんので、なるべくホテルやレストランで済ませてください。

売店について

ニャウンウーの街中や道路沿いの露店で飲み物や食べ物が売られていますが、長い間売られ続けているものは、ほこりが被っている場合があります。

バガンからバガン遺跡への行き方

バガン遺跡に行くためには、さまざまな方法があります。

バガン遺跡は広く点在していますが、ニャウンウー村からはシュエズィーゴン・パヤーまで徒歩10分程度、アーナンダ―寺院やスラマニ寺院は車で10分程度で着きます。

日本からバガン中心部への移動については、次の記事をご覧ください。

ミャンマーは東南アジアにある国ですが、「アウン・サン・スー・チーしか知らない・・・」という方もいるのでは? しかし、ミャンマーには世界三大仏教遺跡・バガン以外にも、多くの見どころがあります。 そんなミャンマーを訪れる前に知っておきたい、最低限の情報を紹介します。

現地ツアーオススメ

おもな見どころは固まっているので、比較的個人でも周りやすいです。

ただし場所が少しわかりにくく、見た目が似ている仏塔や寺院が多いので、現地ツアーへの参加がオススメです。

    バガン遺跡を巡る現地発着ツアー

個人で周る場合、タクシーをチャーターするほか、馬車やレンタルサイクルを利用する方法があります。

馬車は少し高めの料金設定ですが、旅の風情を味わえます。

バガン遺跡と馬車

レンタルサイクル、またはレンタル電動バイク(e-bike)は料金が安いのでおすすめ。

バガン遺跡観光に便利なレンタル電動バイク(e-bike)

e-bikeは誰でも簡単に乗ることが可能ですが、舗装されていない道路を走る時は注意が必要。加速力がとても強いので段差に乗り上げて転ぶこともあります。僕も一度転びかけたことがあります。

バッテリー切れが心配ですが、ペダルも付いているので、いざという時でも心配ありません。

貸し出しは半日単位や一日単位です。1時間だけ乗りたい場合でも半日分の料金を支払う必要がありますが、料金は安いです。


スポンサーリンク

どこにある?

ミャンマー(旧ビルマ)のマンダレー地方にあるイワラジ川流域にあります。

バガン遺跡の面積は100平方キロメートルという広大な面積に点在しています。

観光の拠点となる街はニャウンウー、オールドバガン、ニューバガン。

それぞれの街の様子は、次の記事をご覧ください。

ミャンマーは東南アジアにある国ですが、「アウン・サン・スー・チーしか知らない・・・」という方もいるのでは? しかし、ミャンマーには世界三大仏教遺跡・バガン以外にも、多くの見どころがあります。 そんなミャンマーを訪れる前に知っておきたい、最低限の情報を紹介します。

世界遺産への登録

2017年現在、世界遺産には登録されていません。

申請は行われましたが、近代の建材を用いて修復されたことと、遺跡内に展望塔やゴルフコースが作られたことが原因となり却下されました。

観光のベストシーズン

冬(12~2月)あたりが気候が良いのでおすすめです。

年間を通じて雨は少ないですが3~5月は酷暑にあたり、気温が40度を超えることがあるのでおすすめできません。

観光に必要な日数

ニャウンウーへの往復に丸2日、バガン遺跡を1泊2日で観光するとして合計丸4日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低4泊5日必要です。

観光を計画

バガン遺跡を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
バガンのホテル予約
バガン遺跡を巡る現地発着ツアー
バガン遺跡を訪れる日本発着ツアー


スポンサーリンク

訪れた時期

2014年12月に訪れました。

スポンサーリンク