2019年に世界遺産に認定された29件。ついにバガン遺跡が世界遺産に!

 

海外旅行ツアーでは「世界遺産を巡る」という点をウリにしているケースも多いです。

すでに1000件以上の世界遺産が認定されていますが、2019年7月開催の世界遺産委員会で新たに29件の世界遺産が認定されました。

今回認められた遺産のなかには、僕がオススメするバガン遺跡も。

今回は2019年に新規登録された遺産について紹介します!

世界遺産とは

世界遺産をカンタンに説明すると『人類全体にとって現在から将来に至るまで、かけがえのない価値を持つ自然や建造物』といった感じです。

世界遺産には、〇と◇を合わせたようなマークが描かれた石碑や看板が設置されているので、見た方も多いのではないでしょうか?

カンボジア・バンテアイスレイの世界遺産の石碑

世界遺産の詳細については、こちらをご覧ください。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 


スポンサーリンク

世界遺産委員会が開催されました

世界遺産の認定などを話し合う世界遺産委員会は、年に1回開催されます。

2019年は6月30日から7月10日の間、アゼルバイジャンの首都バクーで開催。

その会議の中で、新たに29件の世界遺産が誕生しました。

 

2019年に世界遺産に認定された場所

あらたに世界遺産に認定されたのは次の29件。

件数が多いので名前のみ紹介します。

カッコ内は遺産保有国。また、正式な名称ではない遺産もあります

複合遺産

パラチーとイーリャ・グランジの文化と生物多様性(ブラジル)

自然遺産

*ヒルカニアの森林群(イラン)
*中国の黄海=渤海湾沿岸の渡り鳥保護区群(中国)
*ヴァトナヨークトル国立公園 – 火と氷の絶えず変化する自然(アイスランド)
*フランス領南方地域の陸と海(フランス)

文化遺産

*バッジ・ビムの文化的景観(オーストラリア)
*ラージャスターン州のジャイプル市街(インド)
*サワルントのオンビリン炭鉱遺産(インドネシア)
*書院、韓国の性理学教育機関群(韓国)
*良渚古城遺跡(中国)
*百舌鳥・古市古墳群(日本) ※詳細は後述
*バガン(ミャンマー)    ※詳細は後述
*シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群(ラオス)
*バビロン(イラク)
*ディルムンの墳墓群(バーレーン)
*古代製鉄遺跡群(ブルキナファソ)
*シャキの歴史地区とハーンの宮殿(アゼルバイジャン)
*ジョドレルバンク天文台(イギリス)
*コネリアーノとヴァルドッビアーデネのプロセッコ栽培丘陵群(イタリア)
*リスコ・カイドとグラン・カナリア島の聖なる山々の文化的景観(スペイン)
*クラドルビ・ナト・ラベムの儀礼用馬車馬の繁殖・訓練の景観(チェコ)
*エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域(チェコ・ドイツ)
*アウクスブルクの水管理システム(ドイツ)
*クシェミオンキの先史時代の縞状燧石採掘地域(ポーランド)
*ブラガのボン・ジェズス・ド・モンテ聖域(ポルトガル)
*マフラの王家の建物 – 宮殿、バシリカ、修道院、セルク庭園、狩猟公園(ポルトガル)
*プスコフ建築派の聖堂群(ロシア)
*フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群(アメリカ)
*ライティング=オン=ストーン/アイシナイピ(カナダ)

 


スポンサーリンク

日本の世界遺産も増えました

日本が推薦していた『百舌鳥・古市古墳群』も世界遺産に認定されました。

『もず・ふるいち』と読みます
日本が保持する23件目の世界遺産です

 

百舌鳥・古市古墳群は大阪にある44基の古墳群。

特に有名なのは大仙陵古墳(伝仁徳天皇陵)で、ほとんどの古墳が4~6世紀ごろ造られました。

 

バガン遺跡は世界三大仏教遺跡のひとつ

そして、今回登録された世界遺産のなかで、僕がオススメするのがミャンマーの『バガン』

バガン(Bagan)とは、バガン遺跡のある一帯の地名です

 

バガン遺跡は見渡すかぎり地平線の大地に、数千ともいわれる仏塔が立ち並んでいる遺跡で、僕が今まで訪れた遺跡の中でもナンバーワンと言えるほど素晴らしい場所です。

ミャンマー・バガン遺跡はアンコールワットを超える壮大さ!見どころと観光時の注意点を紹介!!
あなたは世界3大仏教遺跡をすべて知っていますか? もっとも有名なのはアンコール・ワット遺跡群ですが、今回紹介するバガン遺跡も3大遺跡のうちの一つ。 僕は今までさまざまな観光地に行きましたが、ベスト3に入るぐらい好きな場所です。 今回はバガン遺跡へ行く方法や見どころ、注意する点などを紹介します!

 

もっと早く登録されているべき遺産でしたが、

  • 保全体制の不備(建設当時に使われていなかった材料を補修材として用いた)
  • バガン地区内にゴルフコースが造られた
  • 景観にそぐわない塔が造られた

などの理由により、今まで登録されることはありませんでした。

バガン・ビューイング・タワー

しかし、今回ようやく世界遺産に認定されました!

 

また、バガン遺跡は世界三大仏教遺跡のひとつに数えられています。

僕は世界三大仏教遺跡をすべて訪れていますが、もっともオススメです。

世界三大仏教遺跡とは?全部訪れたので僕のオススメ順を紹介するよ
有名な観光地は『日本三大〇〇』や『世界三大〇〇』とまとめる場合がありますが『世界三大仏教遺跡』はどこか知っていますか?。 三大遺跡の中には、日本人にも人気のあるアンコールワット(アンコール遺跡群)も含まれています。 今回は三大遺跡の紹介と、全部訪れた僕が独断と偏見によるオススメ順を紹介します!

 


スポンサーリンク

世界遺産の知識を問う検定もあります

僕も勉強中ですが、世界遺産の知識を問う検定もあります。

その検定とは『世界遺産検定』。そのままな名前です。

世界遺産検定を勉強!概要とメリット、勉強方法を紹介!!
皆さんは旅行が大好きですか? 旅行するだけではなく、何か知識の証明となるものがないかな~と、考えている方には世界遺産検定の受験をオススメします! 僕も1級目指して勉強中です。 今回は世界遺産検定の概要とメリット、勉強方法を紹介します。

 

試験は4級~1級、およびマイスターの5段階。僕は2級から受け始めましたが、2級と比べると1級は段違いで難しい印象。

世界遺産検定1級の過去問を解いてみた!結果に愕然・・・
現在、世界遺産検定1級合格を目指して勉強中。 12月に試験があるのですが申し込むか悩み中・・・なので、過去問をやってみて考えることに。 今回は過去問を解いた結果と、感想を紹介します!

 

世界遺産検定の1級&マイスターの試験範囲は全遺産。

毎年世界遺産が20~30件増え続けている(=試験範囲が広がる)のが、世界遺産検定を勉強している僕にとってはツライです・・・

 

まとめ

世界遺産は年々増え続けており、いまだに「こんな場所があったのか!」と驚かされます。

今まで知らなかった場所を知るキッカケにもなるので、ぜひ注目してみましょう!

 

 

スポンサーリンク