エアーズロック登頂が禁止に・・・なぜ登れなくなる?登頂禁止はいつから?

 

エアーズロックはオーストラリア最大の観光地。

「エアーズロックに登るためにオーストラリアに行く!」という人もいるのでは?

しかし数年後には登れなくなります・・・

今回はいつから登れなくなるのか?なぜ登れなくなるのか?について紹介します。

エアーズロックとは

エアーズロック(Ayers Rock)はオーストラリアの中央部にある、約2億3000万年前にできた高さ約350m、周囲約10kmの世界最大の一枚岩とも言われています(※)。

※ 実際は同じオーストラリアにあるマウント・オーガスタスの方が大きいです

間違えやすいですが、“エアーズ”は「Air(空気)」ではなく「Ayers」。Ayersはエアーズロック発見当時のオーストラリア総督の名前です。

 

エアーズロックは、もともとオーストラリア先住民アボリジニ(アボリジナル)の聖地でしたが、オーストラリア大陸に入植したイギリス人により略奪されることに。

その後、白人によるアボリジニに対しての迫害が起こり、エアーズロックも長いあいだ返還されることもありませんでしたが、1985年にようやく返還されました。

1985年以後は賃貸契約を結ぶ形で、引き続きオーストラリアが観光地として管理しています

 

エアーズロック返還後は、アボリジニの伝統を尊重する形で、もともと使われていた「ウルル(Uluru)」とも呼ばれるようになりました。

エアーズロック(ウルル)

 

いつから登れなくなる?

エアーズロックへの登頂は、2019年10月26日から禁止されます。

 

登頂禁止の理由

エアーズロック(ウルル)への登頂が禁止となった理由は2つあります。

1つ目は、聖地をけがす行為にアボリジニが難色を示したため。

観光客が多くなると、どうしてもゴミの不法投棄や落書きが増えます。また、毎年のように登山中に観光客が落ちて亡くなっていました。

日本で例えると、海外からの観光客が伊勢神宮にゴミを捨てる&落書きしたり、敷地内の鳥居から落ちて亡くなっている、という感じでしょうか。

確かにイヤですね・・・

 

もう1つは、登る人が年々減ってきたため。

昔と比べると、現在は登頂者が3分の1程度に減ってきたようです。

 

これらの要因により、先住民などで構成する運営委員会により、全会一致で登頂禁止が決定しました。

 

まとめ

エアーズロックは登らなくても、下から見るだけで十分スゴさが伝わります。

どうしても登りたい・・・という方は、今のうちに訪れましょう!

世界有数のパワースポットで、がっつりパワーをもらってくださいね。

》》エアーズロック(ウルル)を訪れる現地ツアー
》》エアーズロック(ウルル)を訪れる日本発着ツアー

 

 

スポンサーリンク