台湾のビザ免除条件が緩和。日本人観光客対策か?日本の対策との違いは?

 

海外旅行するときに、一番面倒だな~と感じるのがビザの取得。

航空券やホテルは『必ず予約するべきもの』と思っているので大変ではないですが、ビザは必要な国と不要な国があるので、必要な場合は「面倒・・・」と思わずにはいられません。

台湾旅行時は条件付きでビザが不要です。2017年にその条件が緩和されたので、その内容と台湾の観光施策について考えてみます。

台湾のビザ免除条件緩和

2017年まで、日本人であればパスポートの有効期限が3カ月以上残っていればビザ(査証)なしで台湾(中華民国)に入国可能でした。

この条件が、予定滞在日数以上であれば入国可能に緩和され、2017年8月15日より施行されました。

海外旅行に必要なビザ&電子入国許可証とは?持っていないと入国できないかも!?
海外旅行に行く場合は、パスポートと航空券が必須。 ただし、訪れる国によってはビザ(VISA)や電子入国許可証と呼ばれる証書を持っていないと入国できない場合があります。 ビザという言葉は知っていても、漠然としたイメージしかない方も多い...

 

ビザ免除条件から分かる両国間の友好具合

海外旅行に行く場合、ビザが必要な国・条件付きで不要な国など、さまざまなケースがあります。

条件の違いは、その国同士の友好度・信頼度を調べるパラメーターでもあります。

ランク付けしてみると、次のような感じ。

↑友好度・信頼度が高い

  1. パスポートの有効期間が滞在日数以上残っていればビザが不要(台湾など)
  2. パスポートの有効期間が3カ月以上残っていればビザが不要(韓国など)
  3. パスポートの有効期間が6カ月以上残っていればビザが不要(タイなど)
  4. 電子入国許可証が必要(アメリカ・カナダなど)
  5. ビザが必要(ロシア・エジプトなど)

↓友好度・信頼度が低い

その国の事情があるので、実際の友好度・信頼度と異なる場合がありますので、参考程度にお考えください。

そもそも友好関係がないと観光で訪れること自体難しいので、観光できる=それなりに仲は良いと考えてもOKです。

 

なお、台湾がビザを免除している国は59カ国。

そのうち、ビザ免除の条件を『予定滞在日数以上』といった優遇措置は日本とアメリカのみ(ほかの国は6カ月以上)。

これだけでも、日本と台湾が仲良しであると感じますよね。

台湾

 

今回どうしてビザ免除条件が緩和された?

今回なぜ条件が緩和されたの?と思いますが、台湾外交部によると「日本と台湾の友好関係と平等互恵を考慮した」とのことです。

『平等互恵』とは、今まで台湾人が日本に旅行する場合、ビザ免除条件が滞在日数以上だったにも関わらず、日本人が台湾を訪れる場合は免除条件が3カ月以上残っていることと差があったので、それを平等にするという意味です

 

しかし、友好関係と平等互恵だけではなく、観光客を増加させたいという思惑もあるのでは?と感じます。

 

台湾が狙う観光客の増加

ビザの免除条件が緩和されると、観光客の増加が見込めます。

ビザが必要だったり、パスポートの残存有効期間が短くて免除条件に合わない場合「やっぱり違う国にしよう」となりがち。

 

ビザ免除条件の緩和は日本でも行っていますが、観光客を増やす施策は台湾の方が上手では?

日本はずっと「京都・富士山」一辺倒じゃないかという気も。

しかし、台湾は元から人気のあった「九份(きゅうふん)・高雄」の他に、最近では『台湾のウユニ塩湖』とよばれる高美湿地などの新たな観光地や、マンゴーかき氷などの新グルメも有名になっています。

杭州小籠湯包で注文した小籠包

対して、日本は数十年「スシ・ラーメン・天ぷら」を推している印象・・・

日本にもオイシイ食べ物(地方のB級グルメ)があるので、それをガンガン売り込んで欲しいな、と思います。

 

まとめ

ビザ免除条件緩和され、台湾に行きやすくなりました。

夜市や九份、小籠包など、さまざまな魅力を持つ台湾にぜひ出かけましょう!

》》航空券
》》台湾のホテル
》》台湾国内の現地発着ツアー
》》台湾を訪れる日本発着ツアー

 

 

スポンサーリンク