やっとミャンマーの観光ビザ免除!2018年10月から行きやすくなるよ



 

日本のパスポートはとても強く、入国できる国の数は世界一とも言われています。

日本のパスポートの強さは世界一ィィィィ!!強いことによるメリットは?
ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)が発表したパスポート・ランキングで、日本がナンバーワンに輝きました! 聞いた時は「パスポートの強さって何?」と思いましたが、とにかくめでたいです。 今回はパスポートの強さの基準や、パスポートランキングの詳細を紹介します。

ですが、今まではミャンマーに入国するには観光ビザが必要でした。

しかし、ようやく観光ビザが免除されそうです!

今回はいつからビザ免除されるか、およびミャンマーの観光地について紹介します。

今までのミャンマー入国

今までミャンマーに入国しようとした場合、観光ビザが必要でした。

観光ビザを入手するには約50ドルが必要であり、少し負担が大きかったです。

 

また、これまでビザを免除されていた国はASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟する国のうち、8カ国のみでした。

 

いつから免除される?

日本人がミャンマーに入国する際、ビザが免除されるのは2018年10月から。

今回免除されるのは、日本人と韓国人のみです。

 

なぜ免除される?

近年イスラム系少数民族・ロヒンギャを迫害を懸念して、欧米からの観光客が急激に減少していました。

欧米からの観光客の減少を補うため、日本や韓国といった東アジア地域からの観光客を増やことを目的としてビザ免除されることに。

とくに、ミャンマーを訪れる日本人は増加傾向。

2016年は3万5千人だった日本人渡航者が2017年には9万5千人と、およそ3倍に増加しました。

ビザ免除により、さらに多くの日本人に訪れてもらいたいという考えです。

 

免除はとりあえず1年間のみ

今のところ免除されるのは、2018年10月から1年間のお試し措置。

その間の観光客数の増加ぐあいなどを見て「観光振興に効果があった!」という場合は、ビザ免除が継続される見込みです。

 

ミャンマーの見どころ

ミャンマー最大のみどころはバガン遺跡。世界3大仏教遺跡のひとつでもあります。

他の2つはアンコールワット遺跡群ボロブドゥール遺跡

僕は3大仏教遺跡にすべて行きましたが、もっとも良かったのがバガン遺跡

バガン遺跡

地平線が見渡せるほどの大地に、数千もの仏塔が立ち並ぶ姿は圧巻です!

ミャンマー・バガン遺跡はアンコールワットを超える壮大さ!見どころと観光時の注意点を紹介!!
あなたは世界3大仏教遺跡をすべて知っていますか? もっとも有名なのはアンコール・ワット遺跡群ですが、今回紹介するバガン遺跡も3大遺跡のうちの一つです。 僕は今までさまざまな観光地に行きましたが、ベスト3に入るぐらい好きな場所がバガン遺跡。 今回はバガン遺跡へ行く方法や見どころ、注意する点などを紹介します。

また、ポッコリ突き出た山(ポッパ山)の上にある寺院タウン・カラットや、水上に浮かぶ寺院イエレーパゴダ、ヤンゴン市内にある巨大な黄金仏塔シュエダゴン・パゴダなど見どころいっぱいです!

ポッパ山(ミャンマー)を訪れる!内部の様子と気を付ける点を紹介!!
ミャンマーには、ナッ神と呼ばれる神様を信仰する土着宗教があります。 ナッ信仰の聖地はポッパ山にあるタウン・カラット(Taung Kalat)と呼ばれる大きな岩の上。なぜこんな行きづらい場所に建てたか疑問ではありますが、せっかくなので登ってきました。 今回はポッパ山のふもとから頂上までの様子を紹介します。
イエレーパゴダは水上に浮かぶ寺院!ヤンゴンからの行き方を紹介!!
今回は世界的にも珍しい、川の中州がまるごと寺院となっているイエレーパゴダ。 イエレーパゴダは旅行カルチャー雑誌TRANSITの表紙を飾ったことで有名で、とてもSNS映えする場所でもあります。 今回はイエレーパゴダへの行き方や、内部の様子を紹介します。
シュエダゴンパゴダ(ヤンゴン)で自分の守護動物と出会う!おすすめの時間帯と内部の様子を紹介!!
強烈な存在感を放つヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。 ヤンゴンのランドマークであり、ミャンマー仏教の総本山でもあります。 シュエダゴン・パゴダでは自分の曜日に対応した守護動物にお祈りします。曜日は全部で8種類。八曜日と呼ばれおり、もちろん日本人も曜日が決まっています。 今回は八曜日の調べ方や、シュエダゴン・パゴダ観光時の注意点を紹介します。

 


スポンサーリンク

まとめ

バガン遺跡をはじめ、ミャンマーには素晴らしい遺跡・見どころがいっぱいあります。

ビザなしで行けるうちに、ぜひ訪れましょう!

航空券を予約
ミャンマーのホテル予約
ミャンマー発着の現地ツアー
ミャンマーを訪れる日本発着ツアー

 

 

 

スポンサーリンク