旅行会社トーマスクックが経営破綻・・・破産の原因と旅行者への影響は?

 

創業200年近いイギリスの旅行会社『トーマス・クック』が破綻しました。

日本人で利用した人は少ないかもしれませんが、世界の旅行者にとっては大きな出来事。

今回はトーマス・クック破綻の原因と旅行者への影響について紹介します。

トーマス・クックとは?

トーマス・クック(Thomas Cook)は1841年にイギリスで創業された、世界で最も古いと言われる旅行代理店です。

団体旅行やパック旅行を取り扱ったほか、鉄道時刻表やガイドブックも発行。

近年ではホテル事業やエアライン事業(トーマス・クック航空)なども手掛けていました。

年間1,900万人の旅行者が利用していました

飛び立つ飛行機

 



スポンサーリンク

経営破綻による旅行者への影響

トーマス・クックが破産したのは2019年9月下旬

破産により、運営するトーマス・クック航空は即日すべての便の運航を停止しました。

これにより、多くの旅行者が「旅行先から帰れない」といった事態に・・・

 

似た出来事として思い出されるのが、2017年の『てるみくらぶ』の破産。

今回のケースと同様に、多くの人が同様に旅先から帰れない、という問題が発生しました。

てるみくらぶ破産問題のその後。JATAがパッケージツアーの新ガイドラインを発表
2017年に発生した、旅行代理店・てるみくらぶの破産問題。 この問題で多くの旅行者が、絶望の谷底に突き落とされることに・・ 今回はてるみくらぶ破産問題を振り返りつつ、再発防止に向けた対応を紹介します。

 

英国政府により、チャーター便などを利用して帰ることができるように手を打っていますが、すべての人を救出するには時間がかかりそうです。

また、言葉がわからない外国人は途方に暮れている可能性もあります。

 

破綻の原因

経営破綻の理由のひとつが『アナログ的な経営手法』と言われています。

現在はネット経由で航空券やツアーを予約する旅行者が多いですが、トーマス・クックでは店舗での対面や電話での予約が中心。

気軽に予約できるネット対応が遅れたことにより、顧客離れが進んだものと思われます。

今と昔の海外旅行を比較!2000年代初頭の海外旅行は本当に大変だった・・・
つい最近21世紀になったと思ったら、あっという間に2018年。年を取るのは怖いですね・・・ 僕が初めて海外旅行に行ったのは西暦2000年。 思い返せば、当時の海外旅行と現在の海外旅行ではさまざまなことが大きく異なっています。 そこで、2000年初頭と現在の旅行スタイルを比べてみました。

 



スポンサーリンク

これからどうなる?

トーマス・クックの555店舗すべてをイギリスの旅行代理店『ヘイズ・トラベル(Hays Travel)』が買い取ることが決まりました。

一部の従業員の再雇用も決まっています

 

また、海外に取り残されている旅行者や予約済みの旅行者の支援も行っているので、ある程度影響はおさえられそうです。

 

まとめ

旅行会社の破綻はこれからも起こりうる問題。

運航停止となっても自分のチカラで対処できるのがイチバン良いですが、無理そうならアレンジ旅行会社に依頼するのもオススメです!

 

オーダーメイド旅行はツアーと個人旅行のいいとこどり!オススメは?
僕は海外旅行は個人手配型が好きですが、場合によってはオーダーメイド旅行をするときもあります。 オーダーメイド旅行は個人旅行とツアー旅行を足して2で割った感じですが、今回は利用すべきケースやオススメの依頼先を紹介します!

 

 



スポンサーリンク