香港とマカオを橋でつなぐ港珠澳大橋が完成!観光への影響は?

 

今まで香港とマカオは陸路で接続されていませんでしたが、ようやく橋が完成しました。

今回は香港とマカオをつなぐ港珠澳大橋についての詳細と、観光に利用できるかを紹介します!

港珠澳大橋とは?

港珠澳大橋(Hong Kong-Zhuhai-Macao Bridge)は、香港とマカオをつなぐ全長55キロメートルの橋です。

途中、トンネルが4カ所あります(1カ所は海底トンネル)
日本で最も長い橋はアクアブリッジ(東京湾アクアライン)全長4.4キロメートルです

 

建築が始まったのは2009年12月。

約1,100億人民元(約1兆7,000億円)の建築費を投じ、2018年10月23日に珠海で開通式が行われました。

 

なお、『港珠澳大橋』という名前は

  • 中国広東省の海市
  • 門(マカオ)

を結ぶことから、名づけられました。

 

橋は飛行機の上からもバッチリ見られます。僕も飛行機で香港の上空を通過する時に見ることができました。

香港とマカオを橋でつなぐ港珠澳大橋

 

港珠澳大橋はどこを結んでいる?

港珠澳大橋は香港とマカオを結んでいます。

香港側はランタオ島(大嶼島)に造られた人工島『赤鱲角』、マカオ側はマカオ半島東部の海の上の人工島です。

ランタオ島は香港国際空港のある島です

 

港珠澳大橋は観光に使える?

今までは香港とマカオ間の移動は高速船(ターボジェット)のみ。

香港からマカオへの移動は絶対ターボジェット!フレキシブルチケットならいつでも利用可!
マカオに行くには飛行機で行くこともできますが、香港からターボジェット(高速船)に乗っていく方法が一般的です。 今回は香港からマカオへターボジェットで訪れる方法、および期間内ならいつでも使えるフレキシブルチケットの予約方法を紹介します。

 

しかし、港珠澳大橋が開通したことにより、新たに陸路での移動もできるようになりました。

香港からマカオまでのシャトルバスが新たに運航が開始。両都市を約30分で結んでいます。

また、料金も65香港ドル(夜中は70香港ドル)、時間帯によりますが5分~30分間隔で運行しています。

ターボジェットは香港⇔マカオ間は所要時間70分、料金も倍以上高いです

 

現在はいったん香港に入国したのちシャトルバスでマカオに移動、あらためて入国審査を受ける必要があります。

将来的には香港国際空港に到着後、香港に入国することなく専用シャトルバスでマカオに移動、マカオで入国審査を受ける&荷物をピックアップできるようになるそうです。

今までと比べると入国審査の回数が1回減ることになるので、時間が限られている観光客にとってはかなりありがたいですよね。

 

まとめ

港珠澳大橋が完成したことにより、香港とマカオ間の移動が楽になりました。

香港&マカオを訪れた時はぜひ利用して、効率的に観光しましょう!

航空券
》》香港のホテル
》》マカオのホテル
》》
香港の見どころを巡る現地発着%

 

スポンサーリンク