パリ・エトワール凱旋門の見どころや営業時間。パリミュージアムパスがあれば楽々入場!

 

フランス・パリの中心部といえばエトワール凱旋門。

凱旋門は外から見るだけではなく、上に登ればパリの街並みを一望できます!

今回は凱旋門の歴史や見どころ、登り方を紹介します。

 追記 
2019/04/14  優先入場チケットについて追記

基本情報

パリには凱旋門が数カ所ありますが、もっとも有名なのがエトワール凱旋門(Arc de triomphe de l’Étoile)

エトワール凱旋門があるのは、フランスのパリ中心部。

『凱旋門』という名前の通り、戦いの勝利をたたえる(=凱旋)ために造られた門です。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門

高さは約50メートルですが、周囲に高層建築がないので、ひときわ目立ちます。

 

エトワール凱旋門が造られたきっかけは、1805年に発生したオステルリッツの戦い

この戦いでは皇帝ナポレオンの指揮のもと、自分たちの倍以上の規模を持つ連合軍に大逆転での勝利を収めました。

勝利を記念して、ナポレオンが当時五本の大通りが集まっていた星形広場(エトワール)に凱旋門の建設を命じました。

門の設計を担当したのはジャン・フランソワ・テレーズ・シャルグラン

1806年に工事が始まったものの、ナポレオンの失脚などにより工事の中断があり、完成したのは1836年でした。

凱旋門完成時、ナポレオンは既に亡くなっていました。
死後19年経った1840年、イギリスから棺とともに返還された際のセレモニー時にようやく凱旋門をくぐることができました。

 

なお、凱旋門は新古典主義様式で建てられています。

建築様式総まとめ。ロマネスク様式、バロック様式などの特徴は?
ガイドブックを見ると観光名所の欄に、ロマネスク様式やバロック様式など、さまざまな建築様式が書かれています。 何となく読み流してしまいますが、建築様式の概要を理解しておけば、さらに観光が楽しめます! 今回は代表的な建築様式から、あまり有名ではない建築様式まで紹介します。

 

パリの街は凱旋門を中心として、12本の大通りが延びています。

このうちコンコルド広場と凱旋門を結ぶ通りが、有名なシャンゼリゼ通り(Avenue des Champs-Élysées)です。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門
フランスのパリにあるエトワール凱旋門

 

見どころ

まず正面から。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門

門の下部にはコルトーとリュードによる彫刻が施されています。

左側下部がコルトー作の『1810年の勝利』。ウィーン講和条約を称えるものです。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門の彫刻(コルトー作の『1810年の勝利』)

右側下部がリュード作の『1792年の義勇軍の出陣(通称:ラ・マルセイエーズ)』です。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門の彫刻(リュード作の『1792年の義勇軍の出陣(通称:ラ・マルセイエーズ)』)

どちらの彫刻も力強く、美しさも素晴らしいです!

最上部には盾のレリーフ。

盾の中心には、ナポレオンが勝利した戦いの名前が刻まれています。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門(ナポレオンが勝利した戦いの名前)

目立たない部分ですが、門の上部裏側にも美しい彫刻がビッシリ。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門

凱旋門は横から見ても、ナナメから見ても、どの角度から見ても美しいです。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門
フランスのパリにあるエトワール凱旋門

門の真下には、第一次世界大戦で亡くなった無名戦士の墓があります。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門の無名戦士の墓

凱旋門はライトアップされた姿もキレイなので、日没後にも訪れてましょう。

フランスのパリにあるエトワール凱旋門(ライトアップ)

シャンゼリゼ通りから見る、ライトアップされた凱旋門も美しいです!

フランスのパリのシャンゼリゼ通りから見たエトワール凱旋門

 

凱旋門に登る

凱旋門に登るための入口があるのは地下フロア。

MRTのアーク・デ・トリオンフ駅(Arc de Triomphe)で降り、そのまま地上に出ずに凱旋門に向かえば入口があります。

屋上のテラスに行くには、284段のらせん階段を登る必要があります。

エレベーターもありますが基本的に体の不自由な方のためであり、中間層のお土産ショップ、トイレのあるフロアまでしか行くことができません。

 

らせん階段を登りきると、凱旋門内のフロアが広がっています。

内部は意外と広く、凱旋門に関するミュージアムや凱旋門グッズを売っているショップ、トイレなどがあります。

そして再び階段を登って屋上テラスへ。

凱旋門の周囲に高層ビルは少ないので、パリの街並みが一望できます!

 

パリにある他の凱旋門

パリにはエトワール凱旋門のほかにも、『凱旋門』と呼ばれている門があります。

一つ目はルーヴル美術館近くにあるカルーゼル凱旋門(Arc de triomphe du Carrousel)

フランスのパリにあるカルーゼル凱旋門

こちらもナポレオン軍の勝利を祝って1808年に建てられた、高さ19メートルの門です。

 

もうひとつが、日本では『新凱旋門』と呼ばれるグランダルシュ(la Grande Arche / l’Arche de la Défense )

戦勝を記念して造られていないので、フランス語の名称にも『triomphe(戦勝)』という言葉は入っていません

 

新凱旋門が完成したのは、1989年と比較的最近。

フランスのパリにあるグランダルシュ(新凱旋門)

内部は高層ビルで、高さは110メートルと、エトワール凱旋門と比べても倍以上の高さです。

そのほかにもサン・ドニ門サン・マルタン門などさまざまな凱旋門があります。

 

行き方

エトワール凱旋門はパリの中心部にあり、メトロ(地下鉄)の駅からも近いです。

最寄りのメトロの駅は、1号線&2号線&6号線のアーク・デ・トリオンフ駅(Arc de Triomphe)。駅を出れば目の前です。

また、RER(高速鉄道)A線のシャルル・ド・ゴール=エトワール駅(Charles de Gaulle Etoile)も近いです。

 


スポンサーリンク

パリ・ミュージアムパス利用がオススメ

僕が訪れたのは平日だったので、それほど並ばずに入れました。

しかし、観光シーズンの週末などは混む可能性があるので、パリ・ミュージアムパス(Paris Museum Pass)の購入がオススメです!

共通入場券『パリミュージアムパス』があれば行列に並ぶ必要ナシ!事前購入がオススメ!!
フランス・パリにはルーヴル美術館などの見どころがいっぱい! しかし、入場ごとに長い行列に並ばなければいけないのが大変・・・ しかし共通入場チケット『パリミュージアムパス』があれば、楽々入場できます! 今回はパリミュージアムパスの買い方、入れる場所を紹介します。

 

パリ・ミュージアムパスは、パリおよび近郊の見どころの共通入場チケット。

凱旋門内部はパリ・ミュージアムパスで入ることができるので、わざわざ入場チケットを購入しなくても、そのまま中に入れます。

パリ・ミュージアムパスと日本語によるガイドがセットになった現地ツアーもあるので、こちらの利用もオススメです。

  》》パリ・ミュージアムパス+日本語ガイドの現地ツアー

 

優先入場チケットがあれば入場もカンタン

空き時間が少ない場合は、優先入場チケット(ファストパス)の事前購入がオススメ。

楽天グループのVoyaginなら、日本語サイトなのでカンタンに購入できます!

  》》エッフェル塔の優先入場チケットを入手(Voyagin公式)

 

観光についての注意点

凱旋門に近づくには地下道を利用

エトワール凱旋門に近づくには、道路を渡らずに地下道を利用してください。

つい地上から行きたくなりますが、通行量も多く、スピードを出している車も多いので危ないです!

入場料について

26才以上は12ユーロ、18~25才は9ユーロ、17才以下は無料です。

定休日・営業時間について

定休日は1/1・5/1・12/25です。このほか5/8、7/14、11/11は午前のみ休みです。

営業時間は季節によって異なります。基本的に朝10:00~深夜22:30ですが、春から秋(4~9月)は深夜23:00まで営業しています。

入場は閉館30分前まで

所要時間について

外から見るだけであれば30分、上に登る場合でも60分あれば大丈夫です。

服装について

エトワール凱旋門に登る場合は、自分の力で階段を登らないといけないのでスニーカーなどの歩きやすい靴がオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服装と、注意点を紹介します!

トイレについて

凱旋門の内部フロアにあります。

売店・レストランについて

お土産を売っている売店が凱旋門の内部フロアにあります。

凱旋門やパリに関するお土産がそろっているので、お土産探しにピッタリです!

なお、レストランやカフェは凱旋門内にありませんが、シャンゼリゼ通りや他の通り沿いにたくさんあるので心配ありません。

シャンゼリゼ通り沿いは割高な店が多いので注意してください

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

エトワール凱旋門はパリ中心部にあり、メトロの駅からも近いので個人でも訪れやすいです。

ただし、他の観光地と合わせて効率的に巡りたい場合や、日本語ガイドによる説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》凱旋門を訪れるパリ発着ツアー

 

世界遺産への登録

2018年時点では世界遺産には登録されていません。

なお、ルーヴル美術館近くのカルーゼル凱旋門『パリのセーヌ河岸』の構成資産のひとつとして、世界遺産(文化遺産)に登録されています。

ルーブル美術館に並ばずスムーズに入場!ミロのヴィーナスもひとり占めで鑑賞!!
ルーブル美術館は、世界でも最大級の博物館。 展示されている絵画・彫刻も美術の教科書に載っているものばかり。 混むのが難点ですが、あまり並ばずに入場できる方法があります! 今回はルーブル美術館の見どころや、並ばずに入れる方法を紹介します。
5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 


スポンサーリンク

観光のベストシーズン

春~秋(3~10月)がオススメです。

冬は特に寒いので、防寒対策をシッカリと行ってください。

 

観光に必要な日数

パリへの往復に丸2日、日帰りでエトワール凱旋門を見に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 

関連する書籍

 

観光を計画

エトワール凱旋門を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》パリのホテル
》》凱旋門を訪れるパリ発着ツアー
》》凱旋門を訪れる日本発着ツアーを探す

 

 

スポンサーリンク