共通入場券『パリミュージアムパス』があれば行列に並ぶ必要ナシ!事前購入がオススメ!!

 

フランス・パリにはルーヴル美術館などの見どころがいっぱい!

しかし、入場ごとに長い行列に並ばなければいけないのが大変・・・

しかし共通入場チケット『パリミュージアムパス』があれば、楽々入場できます!

今回はパリミュージアムパスの買い方、入れる場所を紹介します。

パリミュージアムパスとは

パリ・ミュージアム・パス(Paris Museum Pass)は、パリおよび近郊にある50カ所以上の美術館・博物館・宮殿に自由に入ることができる共通入場チケットです。

最大のメリットは、各場所でチケットを購入する必要がないこと。

フランスは有名な観光地が多く、チケットを買う時に長い行列に並ばなければいけないのが難点ですが、共通入場チケットがあれば時間を有効に使えます!

フランス・パリのロダン美術館のチケットを購入するための行列

また何度でも入場できるので、いったん外に出て食事をした後で再入場する、というゼイタクな使い方も可能です。

 

パスには有効期限が設定されており、それぞれ価格が異なります。

有効期限は2日、4日、6日の3種類あります
*2日券の場合、有効期限は使用開始時点から48時間ではなく、使用開始日の朝から翌日の夜まで
*有効期限は連続した日にち(5/1に4日券の利用を開始したら、5/1~5/4のあいだ利用可)
*ストライキなどによる臨時休館でも払い戻しなし
*常設展のみ入場可能で、企画展には入場できない場合が多い

 


スポンサーリンク

価格

パリミュージアムパスの料金は有効期間によって異なります。

現地で購入した場合の価格は次のとおりです。

  • 2日有効チケット:48ユーロ(約6,200円)
  • 4日有効チケット:62ユーロ(約8,000円)
  • 6日有効チケット:74ユーロ(約9,600円)
*料金は2018年12月時点
*1ユーロ=130円として計算
*子ども料金の設定はありません(子どもは無料で入場できることが多いです)

 

購入できる場所

パリミュージアムパスは、フランス国内の下記の場所で購入可能です。

  • 観光案内所(市内やシャルル・ド・ゴール空港内など)
  • おもな美術館
  • FNAC(チケット売り場)
  • TABAC(小規模な売店)
  • JCBプラザラウンジ ※JCBカード会員のみ

 

ただし、在庫が少なく売り切れる場合もあるので、事前に公式サイトでの購入がオススメです。

パリミュージアムパス 日本語サイト | 美術館の共通入場フリーパス券
パリミュージアムパスとはパリ市内と郊外約50か所の美術館が入場できる共通フリーパス券。切符売場に並ぶ必要がありません。たくさんの美術館を見学してトクをしよう!
ただし、6日券は売られていません(2018年12月時点)

 

またパリ・ミュージアムパスを利用して、あなたの好きな場所を訪れるツアーもあります。

日本語でのガイドも付いているので、もともとパリ発着のツアーに参加しようと考えていた方にピッタリです!

  》》パリ・ミュージアム・パスを使ったツアーをアレンジする

 


スポンサーリンク

入場できる場所 / できない場所

パリミュージアムパスがあれば、すべての観光地に入場できる訳ではありません。

日本人が訪れることが多い場所のうち、入場できるのはこちら。

  • オランジュリー美術館
  • オルセー美術館
  • ポンピドゥー・センター
  • ルーヴル美術館
  • ロダン美術館
ポンピドゥーセンターは近代美術の宝庫!パスがあれば並ばずに入場!!
パリにはルーヴル美術館やオルセー美術館など、中世の美術品を収蔵している美術館が多いです。 しかし、近代の美術品を集めた美術館もあります! 最も有名なのはポンピドゥー・センター。 今回はポンピドゥー・センターの見どころや、行列を避けて入場する方法などを紹介します!
ルーブル美術館に並ばずスムーズに入場!ミロのヴィーナスもひとり占めで鑑賞!!
ルーブル美術館は、世界でも最大級の博物館。 展示されている絵画・彫刻も美術の教科書に載っているものばかり。 混むのが難点ですが、あまり並ばずに入場できる方法があります! 今回はルーブル美術館の見どころや、並ばずに入れる方法を紹介します。

 

  • アンヴァリッド(軍事博物館/ナポレオンの墓)
  • 凱旋門
  • サントシャペル
アンヴァリッドはナポレオンも眠る英雄の墓!世界最大級の軍事コレクションも見学できる!!
フランス・パリの中心部にあるアンヴァリッドは、あのナポレオンの墓があることでも有名。 また教会や軍事博物館など、さまざまな面を持っています。 今回はアンヴァリッドへの行き方や、内部の見どころを紹介します!
パリ・エトワール凱旋門の見どころや営業時間。パリミュージアムパスがあれば楽々入場!
フランス・パリの中心部といえばエトワール凱旋門。 凱旋門は外から見るだけではなく、上に登ればパリの街並みを一望できます! 今回は凱旋門の歴史や見どころ、登り方を紹介します。
サントシャペル(パリ)のステンドグラスは世界一!行き方・営業時間などを紹介!
僕は海外旅行で世界中のステンドグラスを見ましたが、間違いなく一番スゴイと断言できるのがココ。 サント・シャペルのステンドグラスは壁一面を覆いつくしており、とても美しいです! 今回はサント・シャペルについての基本情報(歴史・営業時間・行き方など)を紹介します。

 

  • べルサイユ宮殿
  • サヴォア邸
  • フォンテーヌブロー城
ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリ! 今回はパリからベルサイユ宮殿に行く方法や内部の様子、庭園に無料で入る方法を紹介します。

 

残念ながら、パリミュージアムパスで入場できない場所もあります。おもな場所はこちらです。

  • エッフェル塔
  • オペラ座(ガルニエ宮 / パレ・ガルニエ)
  • モン・サン・ミシェル
エッフェル塔のライトアップを見逃すな!点灯時間とオススメの見物場所はココ!!
エッフェル塔といえばフランス・パリでも特に有名な建築物。 そのままの姿でも美しいエッフェル塔ですが、ライトアップすると美しさが5割増し。 さらに1日に数回、宝石のように輝くシャンパンフラッシュは必見です! 今回はエッフェル塔、およびライトアップ&シャンパンフラッシュの時間帯を紹介します。
パリのオペラ座(ガルニエ宮)の見どころ紹介!必見はシャガールの天井画!!
フランス・パリにあるオペラ座(ガルニエ宮)は、バレエやオペラを見るための劇場としても有名。 しかし、建物自体も細かな装飾が施されており、とても素晴らしいです。 今回は、オペラ座の歴史や見どころを紹介します!
モンサンミッシェルに現地ツアーで訪れる!オムレツ目当ての人は注意が必要
パリから日帰りで行けるモン・サン・ミシェル。 手軽に行けるということもあり、現地ツアーとしても大人気です。 現地ツアーの場合、有名なオムレツを食べた後に島内観光という流れが多いですが、注意すべき点があります。 モン・サン・ミシェルの概要と、現地ツアーに参加する際に注意すべき点を紹介します。

 

このほかにも入場できる場所は多いです。すべての場所は下記の公式サイトをご覧ください。

パリミュージアムパス 日本語サイト | パスの利用可能施設一覧
人気のオルセー美術館をはじめ、ベルサイユ宮殿、凱旋門まで入場券・チケットを買わずに入場することができます! パリで有意義な時間をお過ごしください!

 

元は取れる?

入場した場所によって異なりますが、有効期限2日であれば4~5カ所、有効期限6日であれば6~8カ所入場すれば元が取れます!

有効期限が長くなればなるほど割安です

 

ただし、チケット代に満たなくても並ばずに入場できることを考えると、利用価値大です。

 


スポンサーリンク

購入する場合の注意点

パリミュージアムパスを購入する場合、事前に利用できる場所/利用できない場所を調べてください。

そして、利用できる場所を重点的に巡ると無駄なく利用できます。

入場料が高く、チケットを購入するのに時間がかかる場所(ルーブル美術館など)をまとめるのがオススメです

 

たとえばパリ滞在が6日でも、そのうちの4日に利用できる場所を集中すれば有効期限4日のチケットを買えばOKです。

 

購入後にやること

パリミュージアムパスを購入したら、裏面に利用開始日と名前(姓・名を英語で)を記入します。

利用開始日を記入したら、その日から利用が可能です。

*書き直し不可です
*日本とは異なり日(2ケタ)・月(2ケタ)・年(下2ケタ)の順で記入します

 


スポンサーリンク

まとめ

入場料とチケット代を比較して、だいたい同じだとしてもチケット購入のたびに並ばなくてもいい、というのは大きなメリットです。

利用できる場所も多いので、購入がオススメです!

 

 

 

スポンサーリンク