【クレジットカード】マイルをガッポリ貯めるならスカイ・トラベラー・プレミア・カードが最適!



 

海外旅行のたびに、マイルを貯めているけれど「なかなか貯まらない・・・」という方も多いのでは?

もしガッポリとマイルを貯めたいなら、クレジットカード提携のマイレージカードがおすすめ。

特にスカイ・トラベラー・プレミア・カードはマイルを貯めるために生まれたカードと言っても過言ではありません!

今回はスカイ・トラベラー・プレミア・カードを持つメリットを紹介します。

 追記 
2018/04/24  スカイ・トラベラー・カードの記述を追加

スカイ・トラベラー・プレミア・カードとは

スカイ・トラベラー・プレミア・カードはアメリカン・エキスプレス(American Express)が発行するクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレスはダイナースクラブと並んで、もっともステータスを感じるクレジットカードと言われています

”スカイ・トラベラー”という名がついているだけあって、海外旅行者や仕事で海外に行く機会が多い方に特典たっぷりのカードです。

    スカイ・トラベラー・プレミアム・カードの公式サイト

 

スカイ・トラベラー・プレミア・カードのメリット

最大のメリットはマイレージの貯まりやすさ。

また、海外旅行保険やラウンジ利用、コンシェルジュサービスなど、旅行に便利な特典がたくさんついています。

詳しくは後述します!

 

こんな人にオススメ

スカイ・トラベラー・プレミア・カードはお得なクレジットカードですが、誰にでもオススメできる訳ではありません。

たとえば、年に1度しか飛行機を利用せず、日常生活でクレジットカードを使わない人にはオススメできません。

オススメできるのは、次のような人です。

  • 年に数回海外旅行に行く、または仕事で飛行機を利用することが多い
  • 日常生活でもクレジットカードを利用する
  • 旅行中に困ったら無料でサポートしてほしい

オススメの理由を順に説明します。

 

年会費

年会費は35,000円。 家族カードは17,500円です。

・・・ちょっと高いですよね。

しかし、マイレージ還元率や付与される特典を考えると、かなりお得なんです。

これも詳しくは後述します。

 

マイルが超貯まる

他のマイレージ付きクレジットカードの場合、マイル還元率は1%の場合が多いです。

しかし、スカイ・トラベラー・プレミアム・カードは、なんと5%!

10万円の航空チケットを購入した場合、2000マイルも還元されます。

5%還元は対象航空会社27社(ANA・アシアナ・キャセイ・タイ航空・大韓航空・日本航空・デルタ・エティハドなど)や、対象旅行代理店の旅行商品を購入時

また、JRのチケットも5%還元です。

その他にも、還元率は1%と下がりますが、街中でのクレジットカード利用や公共料金の支払いでもマイル還元されます。

ショッピング

 

ところで、先ほどから○%還元と書いていますが、これは直接マイレージカードにマイルが貯まっていく訳ではなく、クレジットカードのポイントを提携航空会社のマイルに移行する必要があります。

すこし面倒ですが、1ポイント=1マイルに交換可能です。

しかし、交換制はメリットでもあります。

通常ANAマイレージクラブのマイル有効期限は3年間。ですが、ポイントの有効期限は無期限なので、使用する直前に移行すれば実質マイル有効期限が無制限です。

今までマイレージを貯めても、有効期限切れになってしまう・・・という人でもこれで安心です!

・ポイントは航空チケット購入時に代金に充当することも可能
・ポイントはマイレージへの移行だけではなく、500種類以上のアイテムや体験への交換も可能

 


スポンサーリンク

旅行に最適

”スカイ・トラベラー・プレミア”という名前がついているだけあって、旅行に役立つ特典がいっぱい。

僕がもっともウレシイのは、国内28カ所のラウンジと海外2カ所の空港ラウンジ利用できること。

中部国際空港(セントレア)のスターアライアンス・ラウンジのソファー

ラウンジを利用すると、旅の疲れ具合が全く違います。

    利用可能なラウンジ一覧

ラウンジの便利さは、下記の記事をご覧ください。

空港ラウンジ利用で旅行の快適度5割増し!ラウンジ内とお得に利用する方法を紹介します
楽しい楽しい海外旅行!・・・ですが、空港での待ち時間は退屈ですよね。 特に乗継便で4~5時間空いた時は街中に行く時間はないし、空港で待つのもだるい。そんな時はラウンジが使用できると、待ち時間が苦になりません! 今回は空港ラウンジ内部の様子と、お得に利用できる方法を紹介します。

さらにうれしいのが、同伴者1名が無料なこと。

本人は無料でも、同伴者1名ごとに2,000~5,000円取られる場合が多いので、本当にうれしいです。

 

また、グローバル・ホットライン(オーバーシーズ・アシスト)が便利。

グローバル・ホットラインは、もし旅行中に困ったことがあれば24時間・365日いつでも、世界中ほとんどの国から日本語でサポートしてもらえるサービスです。

たとえば、次のような場合にサポートを受けられます。

  • 航空券の予約や発券、変更
  • ホテルの紹介、予約、取消
  • チケット手配(現地ツアー、レストラン、レンタカー、その他各種チケットの案内、予約、取り消し)
  • 電話による通訳サービス(ビジネス利用は不可)
  • カードの盗難・紛失時の処理(停止・再発行)
  • 病気時の対応(病院の紹介・救急車の手配・入院の手配など)
  • 弁護士の紹介

まさにプライベート・コンシェルジュと言っても差し支えないほど。

通話料も無料なので、気軽に電話できます。

 

その他にも、次の特典があります。

  • 遅延による宿泊代・食事代・服などを補償
  • 買い物した品物について、90日以内であれば破損・盗難による損害から年間最高500万円まで補償(ショッピング・プロテクション)
  • 飛行機やホテル、旅行時の観劇などのキャンセル料を会員1人あたり年間10万まで補償(キャンセル・プロテクション)
  • インターネット上の不正使用による損害は全額補償(オンライン・プロテクション)
  • 手荷物無料宅配サービス ※羽田・成田・中部国際・関西国際のみ

通常、手荷物(スーツケース)を宅配便で送ると数千円かかるので、ちょっとしたことながらうれしいですよね。

スーツケースでなくても、買いすぎたお土産を段ボールに入れて送ってもOKです。

 

上記以外にもたくさんの特典があります。詳細は公式サイトをご覧ください。

    スカイ・トラベラー・プレミアム・カードの公式サイト

 

海外旅行保険も充実

クレジットカードといえば、旅行保険が気になるところ。

スカイ・トラベラー・プレミアム・カードにも、もちろん付帯しています。

なんと海外旅行だけでなく、国内旅行も対象です!

保険の種類補償額
傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円
※家族は最高1,000万円
傷害治療費用保険金最高100万円
疾病治療費用保険金最高100万円
賠償責任保険金最高3,000万円
携行品損害保険金1旅行中 最高30万円
救援者費用保険金保険期間中最高200万円

家族についても補償されるのが嬉しいですよね。

ただし利用付帯なので、スカイ・トラベラー・プレミア・カードで旅行代金を支払う必要があります。

 

アメリカン・エキスプレスは多くの店で使える

スカイ・トラベラー・プレミア・カードのブランドはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

「アメリカン・エキスプレスは使える店が少ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、心配ありません!

JTBと提携しているので、店頭にJTBのブランドマークが記載されていれば、ほとんどの店で決済可能です。

海外旅行に持っていきたいクレジットカード2種。複数枚持ちはメリットいっぱい
大人の必須アイテムといえば、クレジットカード。 お店での支払やインターネットショッピングなど、さまざまな場面で利用しているのではないでしょうか? また、海外旅行ではクレジットカードを最低でも2枚以上持っていきましょう。 今回は、その理由とクレジットカードの選び方を紹介します。

 

入会時の審査

スカイ・トラベラー・プレミア・カードを発行するアメリカン・エキスプレスは、ダイナースクラブと並んでステータスが高いカードと言われています。

ステータスが高いと聞くと「審査通らないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、収入による制限はありません。

他社のクレジットカードを含めて支払い遅延がなく、支払い実績があれば審査を通過する可能性が高いです。

利用限度額も契約した人ごとに設定されるので、「使いすぎて払えない・・・」という事態になりにくいです。

 

入会・継続ボーナスが超オイシイ

今なら入会時に5,000ポイントもらえます!

これだけでもうれしいのですが、入会後1年以内に航空券を購入すれば、さらに10,000ポイントもらえます。

さらにx2、1年後に契約を継続すれば5,000ポイント(なんと毎年!)もらえます。

 


スポンサーリンク

貯まるポイント数・節約できる金額を試算

家族2人で年二回海外旅行に行く+日常生活でカード利用すると仮定して、貯まるポイントを試算してみました。

  • 航空チケット代:15万 x 2人 x 2回 x 5% = 3,000ポイント
  • ホテル代   :10万 x 1% = 1,000ポイント
  • 日常利用   :60万 x 1% = 6,000ポイント ※月5万とする
  • 公共料金   :24万 x 1% = 2,400ポイント ※月2万とする

上記をすべて合計すると12,400ポイント。

更にラウンジ利用をすると、食事代が浮くので8,000円(※)節約できます。

 ※1,000円 x 2人 x 往復で2回 x 旅行2回 = 8,000円

そのほかコンシェルジュサービス(グローバル・ホットライン)や、付帯される海外旅行保険、手荷物無料宅配サービスが利用できると考えると、かなり利用価値が高いです。

また、継続ポイントが5,000ポイント付与されるのがありがたいです。

 

おすすめポイントおさらい

スカイ・トラベラー・プレミアムカードは、海外旅行に最適のカードです。

最後におすすめポイントを振り返ると・・・・

  • マイレージがガッポリ貯まる
  • 有効期限がない
  • 旅行保険やコンシェルジュ・サービスなど、旅行に役立つ特典がいっぱい
  • 入会ボーナスや継続ボーナスが充実

の4点です。

飛行機を利用することが多い方は、入会を検討してはいかがでしょうか?

    スカイ・トラベラー・プレミアム・カードの申込はこちら(公式サイト)

 

スカイ・トラベラー・カードなら年会費がお得

「ちょっと年会費が高いかな・・・」という方はスカイ・トラベラー・カードはいかがでしょうか?

スカイ・トラベラー・カードなら年会費は10,000+消費税と、スカイ・トラベラー・プレミア・カード(以後、プレミアムカード)と比べると約3分の1。

ただしプレミアムカードと比較すると、次の違いがあります。

  • スカイ・トラベラーボーナスが3倍(プレミアムカードは5倍)
  • 付帯する海外傷害保険の補償額は3,000万まで(プレミアムカードは5,000万まで)
  • グローバル・ホットライン・サービスに制限がある(プレミアムカードなら入院の手続きまで行ってくれるのに対し、病院の案内までetc)
  • 入会時・継続時にもらえるポイントが少ない(それぞれ15,000→8,000マイル、5,000→1,000マイル)

利用できるラウンジ等、他のサービスはほとんど同じです。細かな違いについては、こちらをご覧ください。

    スカイ・トラベラー・プレミア・カードの詳細(公式)

プレミアカードのみに提供されるサービスが不要であれば、スカイ・トラベラー・カードがオススメです。

 

 

スポンサーリンク