海外旅行に持っていきたいクレジットカード2種。複数枚持ちはメリットいっぱい



 

大人の必須アイテムといえば、クレジットカード。

お店での支払やインターネットショッピングなど、さまざまな場面で利用しているのではないでしょうか?

また、海外旅行ではクレジットカードを最低でも2枚以上持っていきましょう。

今回は、その理由とクレジットカードの選び方を紹介します。

クレジットカードとは

クレジットカード(Credit Card)とは、商品を購入したり有料サービスを提供された場合の決済方法のひとつで、現金を支払わなくても決済を完了できるカードです。

クレジットカードは、次の2つから成り立っています。

  • カード自体を発行している会社(カード発行会社)
  • 決済機能を提供しているブランド 

クレジットカード

まず、カード発行会社についてですが、飲食店・銀行・ガソリンスタンド・航空会社など、あらゆる企業が発行しています。

ブランドは国内限定で使えるブランドと、世界中どこで使える国際ブランドがあります。国内限定のブランドは無数に存在しますが、なかでもオリコ・セゾン・楽天などが有名です。

対して、国際ブランドと呼ばれるブランドはそれほど多くありませんので、特徴とあわせて紹介します。

ブランド名カードの特徴
VISA・世界No1の知名度
・海外で最も使いやすい
・決済機能のみ提供 (カードは発行していない)
MasterCard・世界No2の国際ブランド
・決済機能のみ提供 (カードは発行していない)
JCB・日本生まれの国際ブランド
・日本語サポート可能な観光地あり
・AmericanExpress、ダイナースクラブと提携
AmericanExpress
(アメックス)
・年会費が高い
・ステータスが高く、富裕層に特に支持が高い
・JCBと提携
ダイナースクラブ・年会費が高い
・ステータスが高く、富裕層に特に支持が高い
・JCBと提携
銀聯
(ユニオンペイ)
・中国生まれの国際ブランド
・近年取扱店を急激に増加中
・欧米では使用できないことも多い

カード発行会社ブランドは、それぞれ利用者に対してサービスを提供しているので、上手に利用すれば海外旅行でも強い味方となってくれます。

海外旅行にクレジットカードが必要な理由

海外旅行中の支払いは現地通貨が基本。

ただし高額な商品を購入する場合や、現地通貨をATMでキャッシングする時にクレジットカードが役立ちます。

また、クレジットカードを持っていくことにより、手持ちのお金が無くなった場合でも慌てず会計を済ますことができます。

海外旅行で日本円がそのまま使うことができれば楽ですが、ほとんどの国では使用できません。ツアー旅行であっても、個人旅行でも現地通貨を使用する必要があります。 現地通貨を手に入れる手段はさまざま。 今回は両替所での両替や、ATMでのキャッシングで現地通貨を取得する方法および注意点を紹介します。

海外旅行には2種類のカードが必要

海外旅行には、2種類のカードを持っていきましょう。

その理由は、お店やATMによって対応しているカードブランドが異なるため。2種類持っていれば、世界中どこでも対応可能です。

別の理由としては、対応しているずのブランドであっても、カードと機械との相性が悪くカード読み取りエラーとなる場合があります。

また、カードを紛失したとしても、複数枚カードを持っていれば支払に困りません。

さらに、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険を利用する場合、一部項目については2枚のカードの補償金額を合算できるので、いざという時の強い味方となってくれます。

日ごろ病気になっても、病院で払うお金は本来の医療費の数割程度。これは日本の保険制度により国民の負担額が軽減されているからです。 しかし、海外旅行中は日本の保険制度を利用できません。 しかし事前に海外旅行保険に加入しておくことにより、費用の負担を大幅に削減することが可能です。 今回はクレジットカード付帯の保険 or 保険会社の海外旅行保険のどちらを選択するのが望ましいかを紹介します。

海外旅行に適したカードを選ぶポイント

まずカードブランドですが、1枚は必ずVISAを選んでください。

VISAは世界中で最も使える店舗・ATMが多いので必須です。

もう1枚は好みで選択しても問題ありませんが、ハワイなどの観光地へ行く場合は、現地にあるJCBプラザラウンジにて日本語で手厚いサービスを受けることが可能なJCBがおすすめです。

    参 考    JCBプラザラウンジの場所

カード発行会社のおすすめは2つあります。

1つめは楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードは、年会費が10,000円+税(2018年3月現在)と高額とですが、世界中のラウンジが無料で使うことができるプライオリティ・パスが無料で付いています。

楽しい楽しい海外旅行!・・・ですが、空港での待ち時間は退屈ですよね。 特に乗継便で4~5時間空いた時は街中に行く時間はないし、空港で待つのもだるい。そんな時はラウンジが使用できると、待ち時間が苦になりません! 今回は空港ラウンジ内部の様子と、お得に利用できる方法を紹介します。

また、付帯されている海外旅行傷害保険の補償額もノーマルカード・ゴールドカードに比べると手厚くなっています。

海外旅行に行く時は疲れを残さないためにも、空港ラウンジを積極的に利用したいですよね。 ただし金額的に負担が大きいのが問題。 しかし、楽天プレミアムカードに加入していればプライオリティ・パスが無料でもらえるので、世界中のラウンジが使いたい放題です! 今回は旅行に最適な楽天プレミアムカードの特徴を紹介します。

海外旅行へ行く頻度が年1回以下で、国内旅行中心であれば楽天ゴールドカードがおすすめです。

最大の利点は、国内の主要な空港ラウンジと海外の一部空港ラウンジが無料で利用できること。また、楽天市場での買い物時に+1%余分にポイントが付与されます。

    楽天ゴールドカードで利用できるラウンジ一覧

ゴールドカードという名前が付いていますが、年会費は2,000円+税(2018年3月現在)と非常に安価であり、空港ラウンジを有料で何度も利用することを考えれば、利用価値は非常に高いといえます。

なお、楽天ゴールドカードの外旅行傷害保険は利用付帯ですが、空港までの電車代や航空券代などを楽天ゴールドカードで支払えば付帯条件を満たすことができます。

おすすめするカード会社の2つめは、JALが提供しているジャル(JAL)カードです。

JALカードはJALマイレージプログラムの機能が組み込まれているので、航空券をはじめ街中での買い物でも、使用するたびにマイレージを貯めることができます。

さらにフライトボーナスとして10%余分にマイレージが付与されるので、JALに搭乗する機会が多い人に対しては特におすすめできます。

おすすめの組み合わせ

海外旅行に行く機会が多い人であれば、

   楽天プレミアムカード   +   VISA (or JCB)

という組み合わせがおすすめ。

もう1枚は、海外旅行に良く行くならJAL発行のカードがおすすめですが、いつも利用している店舗があれば、その店が発行しているカードを利用しても問題ありません。

ただし、楽天プレミアムカードと異なる国際ブランドを選択してください。


スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードは使いすぎる危険がありますが、正しく使えば旅行の強い味方となってくれます。持っていない人は、ぜひ一枚持つようにしましょう。

スポンサーリンク