あなたが行きたい国を診断!予算や期間などから考えよう



 

あなたはどの国に旅行に行きたいですか?

すでに行きたい国がハッキリと決まっていれば問題ないですが、行き先が決まってないけど、漠然と海外旅行に行きたい時もありますよね。

今回は最適な旅行先を見つけるための基準を紹介します。

休みの期間を基準に考える

3日以内

東アジア内、またはグアムあたりが限界です。

頑張れば東南アジアでも行くことはできますが、現地滞在時間が短くなりすぎるので、あまりオススメできません。

「3日しかないけれど東南アジアに行きたい!」という場合、行きは深夜便利用&帰りは早朝便利用を選択しましょう。

ただし、早朝に帰国→そのまま会社へ直行という流れになるため、体力に自信のある方向けです。

3日から7日

アジア全般・北米・欧州が候補に入ってきます。ただし日本からかなり遠くなるので移動時間を考慮に入れる必要があります。

日本から直行便が存在しない場合や、費用を安くしようとした場合は他都市での乗継ぎとなる場合が多いですが、乗継空港内での待ち時間を考慮する必要があります。

7日以上

世界にあるどこの都市でも行けますが、この場合も乗継回数が多い場合は都度、乗継空港での待ちが発生するので考慮に入れる必要があります。

また、南米を訪れる場合は高度に注意してください。

都市によっては、標高4000m前後の場所(ラパスなど)があります。平地の都市からいきなり標高が高い都市に向かうのは、高山病となるリスクがかなり高くなります。

できるだけ数日間は標高2000m程度の都市で体を慣らしてから、訪れるのが望ましいです。

海外旅行中は通常より体力的に無理しがち。疲れがたまった状態で無理して行動することにより、病気となるリスクが上昇します。 病気となった時は安静にして薬を飲むのが 一番ですが、海外で売っている薬は日本人にとっては成分が強めなので、逆に体調を悪化させてしまう場合もあります。 今回は海外旅行でなりやすい病気と、対処方法を紹介します。
日本では、ほとんど気にする必要がない高山病ですが、南米旅行中には苦しめられました・・・ 高山病という病気があるのは知っていましたが、実際に自分がかかるとこんなに苦しいとは。 今回は、これから南米を中心とした高地に行かれる方に、高山病になった経緯と対処法をお伝えします。

予算を基準に考える

ツアーか個人旅行、また訪れる国によっても異なりますが、航空券のみでアジア域内なら10万円以下、ヨーロッパや北米域内で10~15万、中南米やアフリカ域内で20万以上が目安です。

ただし、乗継ぎの有無や時期によっても大きく変わります。

基本的には乗継回数や乗継空港での待ち時間が多くなればなるほど安くなるケースが多くなります。

日本発着の場合、ゴールデンウィークやお盆、年末年始といった長期連休しやすい時期はチケット代が高騰しがち。その価格差は倍以上となる事も珍しくありません。

これに加えて原油高の時期は燃料サーチャージ代が別途加算されます。また、ホテル代や食事代も国によって大きく変動します。

旅行の費用

日本と同じ物価で3つ星ホテルに宿泊する場合、だいたい1日あたり1万円必要。

傾向として北欧西ヨーロッパの国々が日本より物価が高く、東南アジアアフリカは安くなります。あとは自分がホテルと食事にどの程度の水準を求めるかにより、だいたいの費用を見積もってください。

許容できる時差を基準に考える

楽しい旅行ですが、つらいのが時差。

昼夜逆転した場合、慣れるまでに多くの時間が必要です。基本的に日本から東西に離れるほど時差が多くなります。

時差に対する耐性は人により異なりますが、時差調節が苦手な方は最大でも±4~5時間程度におさえておくと良いでしょう。

±4~5時間は、西はUAE周辺、東はハワイ周辺がギリギリの位置です。また、サマータイムにより1時間早まる国もあるので、考慮してください。

楽しい海外旅行ですが、訪れた国によっては時差ボケが心配ですよね。 時差ボケ状態では、100パーセント楽しむことができません。せっかく長い時間をかけて海外に来たのにもったいないですよね・・・ 今回は時差ボケになる理由と、飛行機内と現地それぞれの時差ボケ対策を紹介します。

言葉の通用具合を基準に考える

ツアーであれば言葉が通じなくても問題ありません。ガイドさんの指示に従えば大丈夫です。

個人旅行の場合は、人によって異なってきます。

英語をはじめとした現地語が話せる方は問題なく旅行できるでしょう。また、英語が話せなくても片言の英語でコミュニケーションが取れる人も何とかなります。

国によっては日本語のみでも旅行することは可能ですが、現地語でコミュニケーションが取れたら楽しさ倍増です。 「コミュニケーションを取るのは大変そう・・・」と思いがちですが、現地の人並みに話せるようになる必要はありません。最低限の言葉のみ覚えれば大丈夫です。 今回は、英語&スペイン語の旅行に役立つ言葉を紹介します。

もし、不安でとても無理!という場合はツアーで訪れることをおすすめします。

    ツアー旅行を探す

自分の興味を基準に考える

人によって大自然が素晴らしいと思ったり、建物に興味を持ったり好みはさまざま。

自分がどちらに興味があるかわからない場合、過去に行った国や都市(日本でもOK)で「ここは良かった!」という場所を思い浮かべることにより、自分の好みが把握できます。

また、Googleの画像検索でキーワードをそれぞれ「大自然」「建築物」と指定して検索してみると、自分がグッとくる風景が見つかるかもしれません。

好みの方向性が決まっていれば「砂漠」「城」「古都」といったキーワードを指定することにより、より自分好みの風景を見つけることができます。

自然も建物も両方楽しみたい!という方にはトルコスイスペルーなどの国がおすすめです。

ペルーで特に有名なのは、世界遺産・マチュピチュ。マチュピチュを目的に日本人も多く訪れます。 ペルーは南米に位置するだけあって、欧米やアジアの観光地とは異なる点がたくさんあります。 ここではペルーを観光する時に、最低限知っておきたいことを紹介します。


スポンサーリンク

治安を基準に考える

治安が良いに越したことはありませんが、日本は世界でも屈指の安全な国。海外旅行に行くなら日本以上に防犯対策が必要です。

日本より安全と言われているのはドバイ、シンガポールなどの国。

ただし、大通りから一本裏手に入った場所に、危険なエリアが広がっている場合があるので注意が必要です。

特に危険度が高いと言われているのは、アフリカ中南米エリア

どうしてもこれらの国に行きたい場合は、次のことに気を付ければ危険性をグッと下げることができます。

  • 夜は外出を控える
  • 大通り沿いを歩く
  • 移動にタクシーを使う
  • お金持ちが集まる地区に泊まる

“日本にいる時の2倍注意する”という心持ちでOKです。

しかし、そのぶん犯罪に巻き込まれる可能性も高まってしまいます。 日本人はまだ金持ちというイメージがあるので犯罪者から狙われやすいですが、ある程度防ぐ方法があります。 今回は犯罪が多い場所を知る方法や、巻き込まれた場合に被害を最小限にする方法を紹介します。

まとめ

予算や期間なども旅行先を決定するうえで大切ですが、最後の決め手は「〇〇に行きたい!」という気持ちです。

予算が足りなかったとしても、「頑張って〇〇に行こう!」というモチベーションにつながります。

行きたい国があったら、行くにはどうしたらよいかを考えましょう。

スポンサーリンク