長期休暇におすすめ旅行先7都市。選ぶポイントはコレ!

 

同じ海外旅行では短期と長期では重視するポイントが異なるため、オススメする国も異なります。

今回は1週間前後の長期休暇で訪れる際にオススメの国と、旅行先を選ぶポイントを紹介します!

旅行先を選ぶポイント

オススメの国を紹介する前に、長期連休での旅行先を選ぶポイントを紹介します。

日本から遠い場所にある

たとえ地球の裏側の場所であっても、飛行機を使えば5日あれば往復できます。

しかし本当に行って戻るだけで、観光できる時間は全くありません・・・

現地で丸2日以上観光したいなら、最低でも7日は必要です。

見どころがたくさんある

ひとつの都市に滞在し続けたとしても、見どころがたくさんある都市の場合、有名どころを見るだけでも数日かかります。

旅行期間が短期しかない場合、数カ所しか見られずに悔いが残ってしまいます。

また、なるべく多く回ろうとすると、それぞれの場所がザックリとしか見られずに後で「もっとゆっくり見ておくべきだった・・・」と後悔しがち。

見どころがたくさんある都市は、しっかりと時間を取って観光したいです。

時差が大きい

海外旅行で一番やっかいなのが時差

日本から西か東に行けば行くほど、時差は大きくなります。

時差ボケ対策はこうすればOK!機内と現地それぞれの対処方法!!
楽しい海外旅行。しかし訪れた国によっては時差ボケがあなたの前に立ちはだかります。 時差ボケの状態では、観光に集中できないので100パーセント楽しむことができません。せっかく長い時間をかけて海外に来たのにもったいないですよね・・・ 時差ボケに関する知識と対処方法を覚えて、海外旅行をしっかり楽しみましょう!

 

現地の時間に合わせて生活しなければならないため、食事や睡眠時間がいつもとはズレるため体にも負担がかかります。人によっては体調を崩すことも・・・

とくに旅行では、現地時間に慣れたと思ったら、すぐに日本に戻らなければいけません。

帰国後、すぐに仕事だと体調管理が追い付かないので、最低1~2日はゆっくりする時間が必要です。

旅行もシッカリ楽しんで、体調を整える期間を確保するとなると、約7日必要です。

 

長期連休にオススメの旅行先

オススメの地域は日本から離れており、かつ時差も大きなヨーロッパアメリカアフリカの3カ所。

この中で、長期連休での旅行にオススメの都市を紹介します!

パリ(フランス)

パリは世界で1、2を争うほど見どころが多い都市です。

エッフェル塔凱旋門オペラ座といった場所も有名ですが、やっぱりルーヴル美術館などの美術館めぐりもしたいところ。

エッフェル塔のライトアップを見逃すな!点灯時間とオススメの見物場所はココ!!
エッフェル塔といえばフランス・パリでも特に有名な建築物。 そのままの姿でも美しいエッフェル塔ですが、ライトアップすると美しさが5割増し。 さらに1日に数回、宝石のように輝くシャンパンフラッシュは必見です! 今回はエッフェル塔、およびライトアップ&シャンパンフラッシュの時間帯を紹介します。
パリ・エトワール凱旋門の見どころや営業時間。パリミュージアムパスがあれば楽々入場!
フランス・パリの中心部といえばエトワール凱旋門。 凱旋門は外から見るだけではなく、上に登ればパリの街並みを一望できます! 今回は凱旋門の歴史や見どころ、登り方を紹介します。
パリのオペラ座(ガルニエ宮)の見どころ紹介!必見はシャガールの天井画!!
フランス・パリにあるオペラ座(ガルニエ宮)は、バレエやオペラを見るための劇場としても有名。 しかし、建物自体も細かな装飾が施されており、とても素晴らしいです。 今回は、オペラ座の歴史や見どころを紹介します!
サントシャペル(パリ)のステンドグラスは世界一!行き方・営業時間などを紹介!
僕は海外旅行で世界中のステンドグラスを見ましたが、間違いなく一番スゴイと断言できるのがココ。 サント・シャペルのステンドグラスは壁一面を覆いつくしており、とても美しいです! 今回はサント・シャペルについての基本情報(歴史・営業時間・行き方など)を紹介します。
アンヴァリッドはナポレオンも眠る英雄の墓!世界最大級の軍事コレクションも見学できる!!
フランス・パリの中心部にあるアンヴァリッドは、あのナポレオンの墓があることでも有名。 また教会や軍事博物館など、さまざまな面を持っています。 今回はアンヴァリッドへの行き方や、内部の見どころを紹介します!

 

とくに美術館は、1カ所だけでもかなり時間がかかります。

ルーブル美術館に並ばずスムーズに入場!ミロのヴィーナスもひとり占めで鑑賞!!
ルーブル美術館は、世界でも最大級の博物館。 展示されている絵画・彫刻も美術の教科書に載っているものばかり。 混むのが難点ですが、あまり並ばずに入場できる方法があります! 今回はルーブル美術館の見どころや、並ばずに入れる方法を紹介します。
ロダン美術館(パリ)で考える人・地獄の門を見る!ミュージアムパスがあると便利!!
ロダン美術館はパリにある美術館です。 名前のとおりロダンの作品を集めた美術館。それほど大きな美術館ではありませんが、『考える人』など有名作品がイッパイです! 今回はロダン美術館の基本情報(行き方・休館日)や、展示されている作品を紹介します。
ポンピドゥーセンターは近代美術の宝庫!パスがあれば並ばずに入場!!
パリにはルーヴル美術館やオルセー美術館など、中世の美術品を収蔵している美術館が多いです。 しかし、近代の美術品を集めた美術館もあります! 最も有名なのはポンピドゥー・センター。 今回はポンピドゥー・センターの見どころや、行列を避けて入場する方法などを紹介します!

 

また、パリ郊外にもヴェルサイユ美術館モン・サン・ミシェルといった見どころがあります。

観光時間のほかにパリからの移動時間も必要なので、時間に余裕のあった方が良いです。

ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリ! 今回はパリからベルサイユ宮殿に行く方法や内部の様子、庭園に無料で入る方法を紹介します。
モンサンミッシェルに現地ツアーで訪れる!オムレツ目当ての人は注意が必要
パリから日帰りで行けるモン・サン・ミシェル。 手軽に行けるということもあり、現地ツアーとしても大人気です。 現地ツアーの場合、有名なオムレツを食べた後に島内観光という流れが多いですが、注意すべき点があります。 モン・サン・ミシェルの概要と、現地ツアーに参加する際に注意すべき点を紹介します。

 

今回紹介した見どころを、ある程度シッカリ見ようとすると最低丸4日は必要。

往復する時間も含めれば、丸6日かかります。

ローマ(イタリア)

ローマもパリと同じぐらい見どころが多い都市。

コロッセオフォロ・ロマーノパンテオンなど、古代ローマ時代の遺跡が街中に点在しています。

コロッセオ(ローマ)の見どころ紹介!長時間並ばずに入場する方法とは?
イタリア・ローマのコロッセオには、世界中から観光客が押し寄せます。 そのため、入場に時間がかかるのが難点・・・・ 今回はコロッセオの見どころと、なるべく並ばずに入場する方法を紹介します!

 

また、ローマの街中から歩いて行けるバチカン市国には、サン・ピエトロ大聖堂バチカン美術館があり、ローマを訪れたら絶対に立ち寄りたい場所です。

世界最小の国・バチカンはカトリックの聖地!行列を避けるには周る順番が重要!!
2018年時点で国連に加盟している国は193カ国。このうち最も小さな国を知っていますか? 正解はバチカン市国! 小さな国ですがカトリックの総本山でもあるため、世界中から人が訪れます。 今回はバチカン市国について、見どころ、行列を避ける周り方を紹介します。

 

ローマ市内には、今回紹介した以外にもトレヴィの泉カラカラ浴場などの見どころがいっぱい。

街中が見どころと言っても過言ではありません。

今回紹介した場所を中心にローマの街をじっくり見ようとすれば、最低でも丸3日は欲しいです。

移動時間を含めると、丸5日必要です。

ロンドン(イギリス)

ロンドンは、パリやローマと比べると見どころが少なめですが、それでもロンドン塔などじっくり見たい観光地が多いです。

ロンドン塔は幽霊スポット!?見どころと幽霊出現スポットを紹介!
イギリスには王室制度が残っていますが、王室に関連する建築物も多く残されています。 なかでも貴族と王室の対立によって生まれたロンドン塔は、心霊スポットとしても有名。 今回はロンドン塔の歴史や見どころ、幽霊が見られる(かもしれない)場所を紹介します!

 

また、ロンドン郊外にはウィンザー城などの見どころがあります。

ウィンザー城でも衛兵交代式が見られる!見られる日時はいつ?
イギリスの王族が住む場所と言えばバッキンガム宮殿が有名ですが、ウィンザー城もエリザベス女王が週末を過ごすことでも知られています。 今回はウィンザー城の見どころや、衛兵交代式について紹介します!

 

ロンドンをひと通り巡るだけでも丸2日、郊外にも足を延ばすのであれば、丸3日欲しいです。

往復の時間を含めると丸5日以上は必要です。

 

バルセロナ(スペイン)

バルセロナと言えばガウディ建築の宝庫。

有名なものだけでも、サグラダ・ファミリアカサ・ミラカサ・バトリョグエル公園があります。

完成予定は2026年!建築途中のサグラダファミリアを見るなら今!!
今なお建築中のサグラダファミリア。 ガウディ建築のなかでも1・2を争うほど奇抜な外観をしています。一目見れば「どうしてこんな奇抜な姿になったんだろう・・・」と思う事間違いなし! 僕も2018年1月に、建築途中のサグラダファミリアを訪れました。 今回はサグラダファミリア内・外部の様子と、優先入場チケットを紹介します。
カサ・ミラはガウティ建築の傑作!現在も住んでいる人がいるらしい・・・
スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・ミラもその一つ。 今も住んでいる人がいる集合住宅ですが、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています! 今回はカサ・ミラの見どころと、優先入場チケットについて紹介します。
カサ・バトリョはガウティ建築の傑作!先進のVRガイドが便利!!
スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・バトリョもその一つ。 海をテーマにした邸宅は、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています! 今回はカサ・バトリョの見どころと、優先入場チケットについて紹介します。
カサ・ビセンスの内部公開が2017年解禁!行き方と内部の様子を紹介!!
アントニ・ガウディの処女作ともいわれるカサ・ビセンスですが、長らく内部公開されていませんでした。 しかし、2017年にようやく解禁されました! 今回はカサ・ビセンスの内部や、行き方などを紹介します。
グエル公園は予約時間≠公園入場時間なので注意!優先入場チケットが必須です
グエル公園に入ると「一体どんな感性をしていたら、こんなものを作れるのか?」という気持ちにさせられます。 こんなに変わった建築物を造れるのは、過去から未来までガウディだけ。 今回はグエル公園の内部と優先入場チケットを紹介します。また、予約時間は公園入場時間ではないので注意が必要です!

 

このほかにも、街中ガウディ建築にあふれています。

ガウディ建築9選+α!スペイン・バルセロナは街中ガウディ!!
芸術の街と言われるスペイン・バルセロナを語るうえで外せないのがガウディ建築。 世界中にココだけ!という、特徴的な建物がいっぱいです!! 今回はバルセロナ市内にある、ガウディ建築およびガウディ建築の特徴を紹介します。

 

食べ物もおいしいものが多いので、ぜひ時間を取って食べ歩きしてください!

スペイン・バルセロナのおすすめレストラン。味とコスパで選んだ3店はココ!
美食の都スペイン・バルセロナはパエリアなどの、おいしい料理がたくさん! 世界的観光地だけあって、おいしいレストランも多いですが、そうではない所も・・・ 今回はバルセロナを訪れた時に訪れた、味とコストパフォーマンスに優れたレストランと、逆にここは避けた方が・・・というレストランを紹介します!
バルセロナのボケリア(サンジュセップ市場)は食事やお土産購入にピッタリ!肉や魚、おかしなど何でもそろう!!
サン・ジュセップ市場(ボケリア)はバルセロナ市民の台所ともいえる場所ですが、観光客にとっても利用価値大! お土産を購入したり、食事にもオススメの場所です。 今回はサン・ジュセップへの行き方や内部の様子、オススメのお土産を紹介します!

 

また、買い物好きならバルセロナから日帰りで行けるアンドラがオススメ。

バルセロナで買うよりも、かなり安く購入できます。

アンドラはバルセロナから日帰りで行ける買い物天国!バスでの行き方・注意点を紹介!!
アンドラと聞いてすぐに国の場所が思いつく人は少ないのでは? しかしアンドラはバルセロナから日帰りで行ける買い物天国なのです!欲しかったブランド品もアンドラでは安く購入できるかも!? バルセロナから訪れる方法からアンドラ国内の様子まで紹介します。

 

ガウディ建築をひととおり見るだけでも丸2日、そのほか今回紹介した見どころを網羅しようとすると、丸4日ぐらいかかります。

移動時間も含めると、丸6日必要です。

ウユニ(ボリビア)

ウユニと言えば塩湖。絶景が見られるウユニ塩湖が有名。

ウユニ塩湖自体は2日あれば、おもな見どころはひと通り見られます。

ウユニ塩湖の乾季はトリック写真が楽しい!条件によっては鏡張りの水面も見られるよ
ザ・ベスト・オブSNS映えする観光地と言えばウユニ塩湖。 乾季は見渡す限りの白い塩、雨季は天地の境目が分からないほどの鏡張りの水面が目の前いっぱいに広がります。 ここではウユニ塩湖へ行く方法、現地での見どころ、注意する点などを紹介します。

 

しかし、ウユニに着くまでに片道2日以上かかります・・・

南米旅行を計画!16日間でも航空券とホテルを自分で手配すれば意外と安いよ
会社を辞めてしばらく時間に余裕があったので、前から行きたかった南米に16日間の旅行しました。 いつもの旅行より期間が長く、はじめての南米旅行ということもあり準備が大変。今後のためにもどんな準備をしたかについてまとめました。 これから南米旅行を計画されている方の参考になればと思います。

 

往復するだけでも丸4~5日かかるので、ウユニ塩湖観光と合わせると丸7日ぐらい必要です。

クスコ(ペルー)

クスコ自体の見どころはそれほど多くありませんが、マチュピチュ遺跡への拠点となる街です。

マチュピチュ遺跡は入場制限に注意!知っておくべき基本情報と見どころ【2019年更新】
世界遺産といえばマチュピチュ遺跡!という人も多いのでは? 日本の裏側にあり、さらに山の中にある古代遺跡という点が旅人の心をくすぐります。 今回はマチュピチュ遺跡へ行く方法、現地での見どころ、注意する点などを紹介します!

 

ウユニほどではありませんが、日本からクスコへは片道で2日近くかかります。

南米旅行を計画!16日間でも航空券とホテルを自分で手配すれば意外と安いよ
会社を辞めてしばらく時間に余裕があったので、前から行きたかった南米に16日間の旅行しました。 いつもの旅行より期間が長く、はじめての南米旅行ということもあり準備が大変。今後のためにもどんな準備をしたかについてまとめました。 これから南米旅行を計画されている方の参考になればと思います。

 

マチュピチュ遺跡はクスコから日帰りでも行けますが、ペルーはストライキが多く発生するので余裕を持たせた日程がオススメです(クスコ+マチュピチュ村で最低4泊)。

ストライキ地獄・・・マチュピチュ&クスコで悩まされる。対応策は?
ストライキって知ってますか? 言葉は知っているけれど、実際に遭遇したことがない人がほとんどではないでしょうか?断言しますが、遭遇しない方が良いです! 僕は2017年7月にマチュピチュ観光に訪れた時に遭遇しました(それも2回)。その時のことをまとめましたので、今後マチュピチュ観光で同様の体験をされる人の役に立てばと思います。

 

移動時間を含めると、最低7日ぐらいが必要です。

カイロ(エジプト)

エジプトといえば、古代エジプトの遺跡が有名。なかでもピラミッド群は必見です!

ギザの3大ピラミッド以外にもカイロ周辺に点在しているので、有名どころを見るだけでも丸1日は必要。

エジプトのピラミッド(ギザの3大ピラミッド・階段・赤・屈折)の見どころ・注意点を紹介!!
エジプトと言えばギザの三大ピラミッドが有名ですが、ピラミッドはそれだけではありません。 階段状だったり途中で屈折していたりと、さまざまな形のピラミッドがいっぱい! 今回はカイロ周辺にあるピラミッドの紹介と、観光するときの注意点を紹介します。

 

その他にも、博物館や巨大な市場・ハーンハリーリなど見どころがいっぱい。

また、日帰りで行けるアレキサンドリアはエジプトっぽくなく、地中海に面した優雅な雰囲気があるので、カイロの雑然とした雰囲気に疲れた時にオススメです。

エジプト・アレキサンドリアの見どころ紹介!カイロの喧騒に疲れた方にピッタリ!!
アレキサンドリアは地中海に面する地中海都市で、ヨーロッパ各地から観光客が押し寄せます。 エジプトの他都市はホコリっぽく騒がしい印象ですが、アレキサンドリアどことなく優雅。 今回はアレキサンドリアの見どころ・行き方を紹介します。

 

伝統芸能を楽しみたい方には、ナイル川をクルーズしながらベリーダンスを楽しめるディナークルーズもオススメ。

ナイル川クルーズでベリーダンスを堪能!カイロ発着のディナークルーズに参加しました
エジプトのカイロの中心を流れるナイル川。 そのナイル川をクルーズ船に乗って、食事とベリーダンスを楽しむディナークルーズに参加しました。 ナイル川をクルーズしながら食事とショーを楽しむのはとっても贅沢!ですが、意外とリーズナブルだったりします。 今回は、僕が参加したディナークルーズの様子を紹介します。

 

カイロだけで丸3日(アレキサンドリアにも行くと+1日)、日本からカイロへの往復には丸2日かかるので、最低でも丸6日ぐらい必要です。

 

予約は早めに

航空券を予約するのは通常2~3カ月前までなら、希望の都市が見つかりやすいです。

しかし、長期連休中は行きたい人が多いので、できるかぎり早めの予約がオススメ。

長期連休が終わってから次の長期連休に向けての計画をする人が多いので、できればその前に動き出した方がよいです。

  》》海外航空券を予約する

また、ホテルも同様です。

利便性が良く、料金もお手頃なホテルから埋まるので、なるべく早い予約がオススメ。

ホテルは直前までキャンセル料がかからないプランもあるので、とりあえず予約して後でゆっくりと考えるという方法でも良いです。

  》》海外のホテルを予約する

 

まとめ

今回は長期連休の旅行でオススメする国を紹介しました。

今回紹介したのは僕が実際に訪れた国が中心なので、その他にも条件に一致する国は多いです。

気になる国があれば、いちど航空券の料金を調べてみましょう!

   》》スカイスキャナーで航空券比較検索

 

 

スポンサーリンク