ロダン美術館(パリ)で考える人・地獄の門を見る!ミュージアムパスがあると便利!!

 

ロダン美術館はパリにある美術館です。

名前のとおりロダンの作品を集めた美術館。それほど大きな美術館ではありませんが、『考える人』など有名作品がイッパイです!

今回はロダン美術館の基本情報(行き方・休館日)や、展示されている作品を紹介します。

基本情報

ロダン美術館は、もともとフランス人彫刻家フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン(François-Auguste-René Rodin)が晩年を過ごした邸宅兼アトリエでした。

ロダンが暮らしていたのは、建築家ジャン・オベールによって建てられたビロン邸と呼ばれる建物で、1908年から亡くなった1917年まで住んでいました

 

現在はロダンの作品を中心に、恋人でもあったカミーユ・クロデール(Camille Claudel)の作品や、ロダンが収集したゴッホやルノワールの作品も展示されています。

とくに有名なのは、ゴッホの『タンギー爺さん(Le Père Tanguy)』です

 

美術館の建物はロココ建築の傑作としても有名。また敷地内には広大な庭園があり、その中にもロダンの作品が展示されています。

建築様式総まとめ。ロマネスク様式、バロック様式などの特徴は?
ガイドブックを見ると観光名所の欄に、ロマネスク様式やバロック様式など、さまざまな建築様式が書かれています。 何となく読み流してしまいますが、建築様式の概要を理解しておけば、さらに観光が楽しめます! 今回は代表的な建築様式から、あまり有名ではない建築様式まで紹介します。

 

見どころ

ロダン美術館は、建物と庭園に点在して作品が展示されています。

展示作品は数多くありますが、今回は特に有名なものを紹介します!

 

■地獄の門(La Porte de l’enfer)
イタリアの詩人ダンテ(Dante)の叙事詩『神曲』内に登場する、地獄への入口となる門をテーマとして作られたブロンズ製の彫刻です。

『地獄の門』が展示されているのは庭園の一角。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「地獄の門」
フランス・パリのロダン美術館に展示されている「地獄の門」

中央やや上で腰かけながら下を向いているのが、あの有名な『考える人』です。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「地獄の門」

残念ながら『地獄の門』は未完成で終わりましたが、作品を構成するいくつかの像は、それぞれ独立した作品となりました。

■考える人(La Penseur)
先ほどの『地獄の門』から独立して作られた作品です。

こちらも庭園内に設置されていますが、一気に巨大化しました!

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「考える人」

近づいて、さまざまな角度から眺めます。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「考える人」
フランス・パリのロダン美術館に展示されている「考える人」

正面からじっくりと見ると、右ひじを左足に置いており、実際にやってみると想像以上に苦しいです・・・

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「考える人」

なお『考える人』という名前がつけられていますが、実際は『地獄に落とされた罪人を見ている』そうです。

そうやって見ると、何だか見方が変わりますね・・・

■カレーの市民(Les Bourgeois de Calais)
イングランドとのクレシーの戦いで敗れたのちカレー市を包囲、以後包囲され続けました。

包囲を解く(=降伏)の条件としてカレー市の主要メンバーの出頭を命じ、命をかえりみず応じた時の様子をとらえた作品です。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「カレーの市民」

■3つの影(Les Trois Ombres)
こちらも『地獄の門』から独立して作られた像。庭園に展示されています。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「3人の影」

3人の男性はすべて(アダムとイブの)アダム。

同じモチーフを複数回使うことにより『時間と空間の超越』を表現しています。

 

■接吻(Le Baiser)
これも『地獄の門』から独立して作られた像です。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「接吻」

ダンテの『神曲』の中で登場するフランチェスカとパオロの悲恋をモチーフにした作品で、制作当時は『Francesca da Rimini』と呼ばれていました。

■カテドラル(La Cathedrale)
『カテドラル(大聖堂)』というタイトルですが、実際は2人の手がモチーフとなっています。

フランス・パリのロダン美術館に展示されている「カテドラル」

「この手の意味は何なのか?」「誰の手なのか?」「カテドラルと名付けた理由は?」というのは全く明かされておらず、知るのはロダンのみ。

不明な点が多く、見る人の想像をかきたててくれます。

なお、この彫刻以前は手だけをモチーフにすることはなく、全身、または上半身のみを題材とすることが多く、その意味でも意義のある作品です。

 

その他にもさまざまな作品が展示されていますが、『地獄の門』を構成する彫刻から独立した作品が多い印象です。

 

また、作品が展示されている庭園はかなり広いです。

フランス・パリのロダン美術館の庭園
フランス・パリのロダン美術館の庭園

ゆったり作品を鑑賞しつつ、疲れたらカフェでゆっくりするのもオススメです。

 

どこにある作品が本物?

ロダン美術館に展示されている『地獄の門』や『考える人』をはじめとした彫刻は世界中にあります。

日本にもありますが、「いったいどれが本物!?」と思ったことはありませんか?

 

正解は『すべて本物』です。

考える人などはブロンズ彫刻ですが、ブロンズ彫刻には鋳型があるので、それにブロンズ(銅)を流し込むことによって、全く同じものをいくつでも作ることが可能です。

たとえば、ロダン美術館によって真正品と認定されている『考える人』は世界に21体、『地獄の門』は世界に7つあります。

 

行き方

ロダン美術館はフランス・パリの中心部にあります。

最寄りの駅はメトロ(地下鉄)の13号線のヴァレンヌ駅(Varenne)です。

すぐ西にアンヴァリッドがあります。

アンヴァリッドはナポレオンも眠る英雄の墓!世界最大級の軍事コレクションも見学できる!!
フランス・パリの中心部にあるアンヴァリッドは、あのナポレオンの墓があることでも有名。 また教会や軍事博物館など、さまざまな面を持っています。 今回はアンヴァリッドへの行き方や、内部の見どころを紹介します!

 

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への移動方法は、こちらをご覧ください。

シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法3パターン。オススメの方法は?
フランスのパリは『花の都』『美食の都』といった形容詞があり、オシャレな雰囲気が漂いまくり。 見どころも多く、日本人もたくさん訪れています。 パリを訪れた時の玄関口は、シャルルドゴール空港。 今回はシャルルドゴール空港から、パリ市内中心部への移動方法を紹介します。

 

パリ・ミュージアムパス利用がオススメ 

僕がロダン美術館を訪れたときは、チケットを並ぶための列が20メートルぐらい続いていました。

フランス・パリのロダン美術館のチケットを購入するための行列

行列を避けるには、パリ・ミュージアムパス(Paris Museum Pass)の購入がオススメです!

共通入場券『パリミュージアムパス』があれば行列に並ぶ必要ナシ!事前購入がオススメ!!
フランス・パリにはルーヴル美術館などの見どころがいっぱい! しかし、入場ごとに長い行列に並ばなければいけないのが大変・・・ しかし共通入場チケット『パリミュージアムパス』があれば、楽々入場できます! 今回はパリミュージアムパスの買い方、入れる場所を紹介します。

 

パリ・ミュージアムパスは、パリおよび近郊の見どころの共通入場チケット。

ロダン博物館もパリ・ミュージアムパスで入ることができるので、わざわざ入場チケットを購入しなくても、そのまま中に入れます。

パリ・ミュージアムパスと日本語によるガイドがセットになった現地ツアーもあるので、こちらの利用もオススメです。

  》》パリ・ミュージアムパス+日本語ガイドの現地ツアー予約

 


スポンサーリンク

観光についての注意点

無料の日

毎月第1日曜は無料です。

しかし、いつもより混むので、パリ・ミュージアム・パスを持っている場合は避けた方が良いです。

定休日・営業時間について

定休日は1/1、5/1、12/15、および毎週月曜です。

営業時間は朝10:00~夕方17:45ですが、庭園は夕方17:00までです。

所要時間について

ひと通り見るのに約1時間かかります。

服装について

建物内に入れば暖かいです。

しかし、有名な作品は庭園に点在しているので、冬に訪れる場合は東京と同じような服装がオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服装と、注意点を紹介します!

トイレについて

館内・および敷地内にあります。

売店・レストランについて

ミュージアムショップではロダングッズが充実しているので、お土産にオススメ。

また、庭園内にカフェがあり食事することもできます。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ロダン美術館はパリ中心部にあるので、個人でも行きやすいです。

他の観光地と合わせて巡ったり、日本語ガイドによる説明を聞きたい場合は、パリ発着のツアーアレンジがオススメです。

  》》ロダン美術館を訪れるパリ発着ツアーをアレンジ

 

世界遺産への登録

ロダン美術館は世界遺産に登録されていません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

観光のベストシーズン

春~秋(3~10月)がオススメです。

室内に入れば暖かいですが、考える人や地獄の門などの展示物は庭園にあるので、冬は服装に注意が必要です。

 

観光に必要な日数

パリへの往復に丸2日、日帰りでロダン美術館を見に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 


スポンサーリンク

観光を計画

ロダン美術館を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》パリのホテル予約
》》ロダン美術館を訪れるパリ発着ツアーをアレンジ
》》ロダン美術館を訪れる日本発着ツアー予約

 

 

スポンサーリンク