死ぬまでに訪れるべき10ヵ国。旅好きなら絶対訪れたい国はココ!

 

海外旅行好きな人は「異文化を体験したい」「日本では見られない景色を見てみたい」といった気持ちを持っているのではないでしょうか。

できれば世界中を巡りたいけれど、行くことができる機会が少ないと旅行先を決めるのに苦労しますよね・・・

そんな方のために、僕が今まで訪れた38カ国の中から『ココは絶対に死ぬまでに行っておけ!』という国を紹介します。

行っておくべき国1:アメリカ

まず絶対外せないのはアメリカ

世界の中心と言える国であり、アメリカを訪れないことには世界を知ることはできません。

ニューヨークにはアメリカ同時多発テロ(通称「9.11」)の中心地ともいえる『グラウンド・ゼロ』があり、リアルタイムでは知らない人も訪れるべき場所です。

 

ニューヨークのような大都会も見るべきですが、日本では見られない大自然が多いのも特徴。

世界初の国立公園であるイエローストーングランドキャニオンモニュメントバレーなど日本では見られないスケールの大きな風景が広がります!

グランドキャニオンを訪れる!ラスベガス観光のプラスアルファにぴったり!
グランド・キャニオンの素晴らしさは、アメリカ合衆国第26代大統領セオドア・ルーズベルトの「すべてのアメリカ人が一生に一度はグランド・キャニオンを訪れるべき」という言葉に集約されています。 自然の力により長い時間をかけて作られた大峡谷はすべての人類が一生に一度はグランド・キャニオンを訪れるべきと言っても過言ではありません。 今回はグランド・キャニオンへ行く方法、現地での見どころ、注意する点を紹介します。
モニュメントバレーはラスベガスから行ける映画の聖地!日本では見られない奇岩群がスゴイ!!
モニュメント・バレーは西部劇など映画のロケ地としても有名。映画好きな人はもちろん、雄大な風景は映画に興味がない人でも楽しめます。 見渡す限りの地平線に赤茶色をした大地、彫刻のように切り立った大岩など見た人は「おおっ~」と感嘆の声をあげること間違いなし。 今回はモニュメント・バレーへ行く方法や見どころ、注意点を紹介します!

また、ハワイやグアムなどのビーチリゾート目的でも楽しめます。

 



スポンサーリンク

行っておくべき国2:中国

中国は4,000年を超える歴史を持つ国。

都市によって全く違う特徴がありますが、北京には故宮博物院頤和園など古い歴史を持つ場所が多く、上海は共同租界時代の欧米の雰囲気を残しながらも、近年は高層ビルが立ち並び近代化が進んでいます。

故宮博物院(北京)は事前ネット予約すべし。見どころと注意点を紹介!!
北京の中心部にある故宮博物院は博物館であり、かつて皇帝が住んでいた場所でもあります。 内部はとにかく広いので、全部見ようとすると丸一日かかることも・・・ もし故宮を訪れるなら事前予約がオススメ。 今回は事前予約するべき理由と、内部の見どころを紹介します!
世界遺産・頤和園は西太后が愛した庭園。見どころと効率的な周り方を紹介!!
頤和園(いわえん)は北京でも有数の有名観光地ですが、故宮や天壇と比べると少し影が薄いかもしれません。 しかし、庭園・中国建築好きにはたまらない魅力があります。 内部はとても広く、効率的に周らないと1日あっても周り切れないので、おもな見どころと観光時の注意点を紹介します。

また、北京から日帰りで行くことができる万里の長城はとてつもなく巨大で、人が造ったとは思えないぐらいのスケールを感じることができます。

万里の長城は八達嶺だけじゃない!ロープウェイやスライダーで楽々移動
世界一長い建造物であり、宇宙からも見ることができると言われている万里の長城。 今も見える、見えない論争は続いていますが、想像できないほどの巨大さには変わりありません。その不思議さは新・世界七不思議のうちの一つとも言われています。 今回は万里の長城へ行く方法や見どころ、注意する点などを紹介します。

内陸部には桂林武陵源九塞溝といった、まさに絶景といえる風景が広がる場所も。

僕は行ったことないので、ぜひ訪れてみたい場所のひとつです。

 

またチベット自治区は中国の一部ですが、北京や上海とは全く異なる雰囲気。

チベット仏教の法王であるダライラマが住むポタラ宮も見どころのひとつです。

 

行っておくべき国3:タイ

タイの建築物は他の仏教国と比べても全然違います。

特徴はとにかく派手なこと。仏塔や仏像は黄金に輝き、装飾も絢爛豪華!!

バンコク3大寺院めぐり!ワットポー・ワットプラケオ・ワットアルンの効率的な回り方を紹介!!
日本人に大人気のタイ・バンコク。 トムヤンクンなどの料理やムエタイも有名ですが、やっぱりメインは金色に輝く寺院や大仏。これらの名所をまとめてバンコク3大寺院とも呼びます。 今回は3大寺院の見どころと、効率的な周り方を紹介します! ...

派手な建物だけではなく、古都アユタヤは落ち着いた雰囲気の建物が多めで「ワビ・サビ」を感じさせてくれます。

同じ国でも、これほど違うのはとても興味深いです。

アユタヤ遺跡にバンコク発着の現地ツアーで訪れる!象乗り体験もできるよ
タイはバンコクにある黄金の寺院・仏像の印象が強いですが、古都アユタヤは落ち着いた大人の雰囲気。 僕もバンコク発着の現地ツアーを利用して、アユタヤを訪れました。 今回はバンコク発着の現地ツアーを利用したアユタヤへの行き方や見どころ、気をつけたいことを紹介します!

 

また、タイは日本以上にLGBT(性の多様性)に寛容。

カフェや空港など、さまざまな場所でニューハーフの姿を見かけます。

日本であれば芸能人では多くいますが、一般の企業では「隠さないといけない」と思われているのが実情。

これほどオープンに社会になじんでいるのを見ると、日本は未だ遅れていると考えされられます・・・

 



スポンサーリンク

行っておくべき国4:インド

インドはよく「行くと世界観が変わる」と言われますが、それも納得な国。

特に人々の熱気がスゴイ!

きっと日本も戦後直後はこんな感じだったのかなと思わせてくれます。

 

また、熱い国民性から想像できないほどの美しさを誇るタージマハルなど、建築物の素晴らしさも特筆すべき点。

タージ・マハルの空いているゲートはドコ?観光時の注意点も紹介します【2019年更新】
真っ白の大理石で作られた、玉ねぎ型の屋根が特徴的なタージ・マハル。 その白亜の姿は世界一美しい建物と言っても差し支えないほど。一見するとイスラム教の寺院!?と思われがちですが、実は異なります。 今回はタージ・マハルへ行く方法や観光時...

国民の約80パーセントを占めるヒンドゥー教の寺院も多く、日本では見られない建築物も多いです。

 

インド最大の聖地と言われるガンジス川も必見です。

この川で人々は洗濯をしたり、祈りを捧げながら沐浴をしたり、死後の遺灰を流したりとインド人の一生に深く根付いた場所。

日本人は山を聖地とみなすことはあっても、川はほとんどないので不思議な感じがします。

 

行っておくべき国5:トルコ

トルコはヨーロッパと思われがちですが、実際はアジアとヨーロッパの中間地点と言える国。

特にイスタンブールは海峡を挟んでアジアサイドヨーロッパサイドに分かれ、それぞれ雰囲気が全く異なります。

国民の99パーセントがイスラム教徒ということもあり、街中にはイスラム寺院が多く立ち並んでおり日本とは全く違う雰囲気が漂っています。

スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)の見どころ紹介!観光時の注意点も紹介!!
アジアとヨーロッパの境界にあるのが、トルコのイスタンブールです。 文化が混ざり合う都市だけあり、独特な建築物がいっぱい。 イスタンブールにある建物のうち、僕がもっとも美しいと思うのがスルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)です! 今回はスルタンアフメト・モスクの見どころや、観光するときの注意点を紹介します。

 

また、奇岩が立ち並ぶカッパドキアや白い棚田のパムッカレなど、まるで地球ではないような風景を見ることも可能。

旅好きなら絶対に訪れたい国です。

 



スポンサーリンク

行っておくべき国6:イギリス

イギリスはアメリカより前に世界の中心だった国。

女王エリザベス2世を中心とした立憲君主制であるため、日本と似た雰囲気も持っています。

政府見解では「日本は天皇を中心とした立憲君主制である」とされています

 

日本と同じく歴史ある建築物も豊富。ロンドン周辺にはウィンザー城ロンドン塔など王家ゆかりの場所も多いです。

ウィンザー城でも衛兵交代式が見られる!見られる日時はいつ?
イギリスの王族が住む場所と言えばバッキンガム宮殿が有名ですが、ウィンザー城もエリザベス女王が週末を過ごすことでも知られています。 今回はウィンザー城の見どころや、衛兵交代式について紹介します!
ロンドン塔は幽霊スポット!?見どころと幽霊出現スポットを紹介!
イギリスには王室制度が残っていますが、王室に関連する建築物も多く残されています。 なかでも貴族と王室の対立によって生まれたロンドン塔は、心霊スポットとしても有名。 今回はロンドン塔の歴史や見どころ、幽霊が見られる(かもしれない)場所を紹介します!

また、国民性も「勤勉でマジメ」とされており、やはり日本と似た印象。

遠く離れた国ながら日本と似ている点も多いため、一度旅をして確かめてみるのもオススメです。

 

ロンドン郊外にはストーンヘンジがありますが、いまだになぜ作られたかは不明。

「もしかして宇宙人が作ったのでは?」とも言われており、ロマンを感じさせてくれる場所でもあります。

 

行っておくべき国7:イスラエル

イスラエルユダヤ教キリスト教イスラム教の3宗教の聖地。

それぞれの聖地には熱心な信者がおり、それを見るだけでも日本との違いが感じられます。

嘆きの壁(エルサレム)はユダヤ教の聖地!迷わずに行く方法を紹介するよ
エルサレムにあるユダヤ教の聖地『嘆きの壁』。 行くには迷路のような旧市街地区を通り抜ける必要があったので、かなり迷いました・・・ 今回は迷わずに行く方法と、嘆きの壁のキホン的な情報を紹介します! 基本情報 嘆きの壁はユダヤ教の聖...
聖墳墓教会(エルサレム)はキリスト教の聖地!迷わずに行く方法と見どころを紹介するよ
中東にあるエルサレムは三大宗教の聖地が集まった場所。 なかでもイエス・キリストが息を引き取った聖墳墓教会は、毎日多くの人が訪れています。 僕も訪れましたが、わかりにくい場所にあるので着くまでにかなり時間がかかりました・・・ 今回は...
岩のドーム(エルサレム)はイスラム教の聖地!わかりにくい行き方と神殿の丘の内部を紹介!!
エルサレムにあるイスラム教の聖地『岩のドーム』。 僕も行きましたが、岩のドームのある神殿の丘にへの行き方がわかりにくい・・・ 今回は迷わずに神殿の丘へ行く方法と、神殿の丘内部を紹介します! 基本情報 イスラム教の聖地・岩のドーム...

聖地が集まっている旧市街地区は様々なルーツを持つ人々が地区を分けて住んでおり、少し離れるでも全く異なる雰囲気。

イスラエルと聞くと「危なくない?」と心配されますが、実際は真夜中でも安全な雰囲気です。

それは街中に兵士がいるからでもありますが、それを見るだけでも日本とは全く異なる社会構造であると感じさせてくれます。

しかし周辺にはパレスチナ自治区があり、なかでもガザ地区は超危険地帯。

離れた場所にあるヨルダン川西岸地区は安全な雰囲気ですが、それでもイスラエルとの間には分離壁がつくられており、日本ではありえない光景に考えさせられます。

パレスチナはエルサレムからバスで30分!行き方と見どころを紹介するよ
パレスチナと聞くと、ニュースなどの印象で『世界でもかなり危険な場所』という印象を持っていませんか? 実は意外と安全な場所で、問題なく観光できます。 僕もエルサレムから日帰りでパレスチナを観光しました。 今回はエルサレムからパレスチナへの行き方と、見どころを紹介します!

 



スポンサーリンク

行っておくべき国8:エジプト

エジプトは紀元前3000年以上前から、古代文明が発展していました。

有名なピラミッドアブシンベル神殿も紀元前2,500~紀元前1,000年あたりに造られ、当時日本は縄文時代だったと考えると、驚くべき発展ぶりです。

エジプトのピラミッド(ギザの3大ピラミッド・階段・赤・屈折)の見どころ・注意点を紹介!!
エジプトと言えばギザの三大ピラミッドが有名ですが、ピラミッドはそれだけではありません。 階段状だったり途中で屈折していたりと、さまざまな形のピラミッドがいっぱい! 今回はカイロ周辺にあるピラミッドの紹介と、観光するときの注意点を紹介します。
アブシンベル神殿へ行くならアスワンからの現地ツアー利用が便利!見どころも紹介するよ
アブシンベル神殿は、世界遺産の創設のきっかけとなった場所です。 とても人気のある遺跡ですが、観光するうえで注意しなければならない点も・・・ 今回はアブシンベル神殿の行き方や、観光時の注意点を紹介します。

エジプト国内は南から北まで、大規模かつ技術の高さを感じさせてくれる建築物がいっぱい。

建築物に興味がない人でも、そのスケールに圧倒されるはずです。

 

また熱心なイスラム教徒も多いのが特徴。

早朝から礼拝の呼びかけ『アザーン』が街中に響き、1日5度の礼拝を中心に生活している人々を見ると、あまりの文化の違いにビックリすると思います。

 

行っておくべき国9:ペルー

ペルーは15世紀に最盛期を迎えたインカ帝国の中心地。

国中に遺跡が点在し、スキマのない石組みに技術力の高さを感じられます。

そして何といってもマチュピチュ遺跡

山中に突如現れる都市遺跡は「なぜこんな場所に?」と、古代のロマンを感じさせてくれます。

クスコ発着のマチュピチュ遺跡ツアーに参加!見どころと注意点は?【2019年更新】
ずっと行きたかったマチュピチュ遺跡。でも個人で行くには準備することが多すぎて面倒・・・ そんな僕みたいな方には、クスコ発着の現地ツアーへの参加が便利です! 今回は現地ツアーの流れや、マチュピチュ遺跡の見どころなどを紹介します。

 

僕がペルーを旅行した際、何度かストライキに遭遇して悩まされました。

日本では観光客に影響をおよぼすほどのストライキはほぼありませんが、ペルーでは違います。

自分たちの要望を通すため、あえて観光客に影響が大きい場所や時期に行うなど国民性の違いを感じます。

ストライキ発生!マチュピチュ、そしてクスコの両方で影響を受けました
ストライキって知ってますか? 言葉は知っているけれど、実際に遭遇したことがない人がほとんどではないでしょうか? 断言しますが遭遇しない方が良いです! 僕は2017年7月にマチュピチュ観光に訪れた時に遭遇しました(それも2回・・・)。 今回はその時の状況をまとめましたので、今後マチュピチュ観光で同様の体験をされた方の役に立てば・・・と思います。

 



スポンサーリンク

行っておくべき国10:オーストラリア

オーストラリアは日本とほぼ同じ経度ながら、赤道を挟んで反対(南半球)に位置しています。

このため、旅行した時は時差は無いにも関わらず、季節が日本と反対というフシギな体験ができます。

つまり年越しも夏に行われることに。

僕は日本で年越しをする場合、寒いなか除夜の鐘を突きに行くことが多いですが、オーストラリアでは真夏の気候のなか年越しをするのでフシギな感じでした。

シドニーで年越し!真夏の年越しはとっても新鮮!
日本で年越しといえば寒い中お寺に行ったり、家で紅白を見たりとさまざまですが、シドニーでの年越しは全く違います。 もっとも違うのが季節。 今回は、シドニーでの年越しの様子を紹介します。 日本とは逆の季節 12月から1月は、日本では...

 

また、オーストラリア固有の動物もいっぱい。

コアラウォンバットエミューなど他の地域では見られなかった動物も多いです。

オーストラリアでコアラを抱っこできる場所は?コアラパークサンクチュアリの内部も紹介!!
オーストラリアの固有動物といえば、カンガルーやウォンバットなどが思いつきますが、やっぱり人気ナンバーワンはコアラ。 日本でも動物園によっては見ることができますが、せっかくなら本場で見てみたいですよね。 今回はオーストラリアでコアラを...

 

オーストラリア中央部には巨大な一枚岩エアーズロック(ウルル)があります。

この場所は先住民族アボリジニの聖地でもあり、今でも観光地と聖地のはざまで問題が多く、話し合いが続けられています。

 

予約は3カ月前が目安

航空券予約はだいたい出発2~3カ月前までなら、希望の都市が見つかりやすいです(早ければ早いほど見つかる可能性が高まります)。

 》》海外航空券を予約する

ただし、ホテルは遅くとも出発3カ月前までに予約した方が良いです。

今まで海外旅行の経験が少なかったり、個人旅行の経験がそれほど無い場合はバタバタしがちなので、可能な限り早い予約がオススメです。

 》》海外のホテルを予約する

 



スポンサーリンク

まとめ

上記以外にもオススメできる国はたくさんありますが、行き先に迷ったら今回紹介した10カ国に行きましょう。

今回紹介したのは僕が実際に訪れた国のみですが、どこも見どころが多くて長期間滞在しても飽きません。

旅行好きな方から、初めて海外を訪れる人まで幅広くオススメです!

 

 



スポンサーリンク