フランス・パリのおすすめレストラン。味とコスパで選んだ2店はココ!

 

僕は『フランス料理は高くて量は少ない』というイメージを持っていました。

実際のところ、高い店は多いですが思ったよりボリュームがある料理を提供する店も多かったです。

今回は、僕がパリに訪れて食べたうち、特に味と料金のバランスが良いレストランを紹介します!

おすすめレストラン

レオン・ド・ブリュッセル(Leon De Bruxelles)

レオン・ド・ブリュッセルはムール貝の専門店。

「ブリュッセル」はベルギーの都市名で、名物のひとつがムール貝です

 

パリ市内に数店舗ありますが、僕が訪れたのはシャンゼリゼ通り沿いの店舗です。

フランス・パリのレストランleon de bruxellesの外観

シャンゼリゼ沿いは、食費の高いレストランが多いパリの中でもコスパの悪い店が多い印象ですが、このお店はコスパが良かったです。

名物は鍋いっぱいのムール貝!

フランス・パリのレストランleon de bruxellesの山盛りムール貝

ワインで蒸されており、味もバッチリ。

食べても食べても減らないので、とても満足感がありました。

僕が訪れた2011年時点で、料金は単品で15ユーロ(2,000円ぐらい)でした。

僕は前菜+デザートセットを注文。料金は23ユーロ(2,800円ぐらい)でしたが、8ユーロの差でクリームブリュレなどが付いてきたの大満足です!

フランス・パリのレストランleon de bruxellesのクリームブリュレ

店舗情報 公式サイト
住所  :63, Avenue Des Champs Elysees, 75008 Paris
定休日 :なし
営業時間:昼11:45 – 夜24:00(金土祝 昼11:45 – 25:00)
クチコミ:トリップアドバイザー

モンテカルロ(Monte Carlo)

凱旋門から延びるワグラム通り(Wagram沿いにあるレストランです。

ちゃんとしたレストランはおいしいけれど、そのぶんお金がかかるので毎日はつらい・・・という時にオススメなコスパの良い店です。

フランス・パリのレストランmonte carloの外観

セルフ形式のお店で、おすすめはセットメニュー。

フランス・パリのレストランmonte carloのセットメニュー

パン+メインディッシュ+飲み物+デザートのセットが12ユーロ(約1,500円)

料金は2019年時点

飲み物は缶のままだし、味も絶賛するほどではありませんが、それなりにおいしく安くボリュームのある料理を求める方に最適です。

店舗情報 公式サイト
住所  :9 avenue de Wagram, 75017 Paris
定休日 :なし
営業時間:昼11:00 ~ 夜23:00
クチコミ:トリップアドバイザー

 



スポンサーリンク

パリでオイシイお店を探すなら

今回紹介したレストラン以外にも、パリにはおいしいレストランがたくさんあります。

しかし自分でリサーチするのは大変・・・

 

そんな場合は「たびらく」が便利です!

「たびらく」は日本人向けのレストランを紹介しており、予約も代行してもらえるので現地語が話せなくても大丈夫です!

  》》「たびらく」でパリのレストランを予約

 

フランス・パリでの食事

日本のフランス料理を提供するレストランは、コース形式が中心で『値段は高いけれど量は少ない』というイメージがありました。

しかし、僕がフランスで食べたレストランは、量もヨーロッパサイズで多めな印象。

コース料理はほとんど食べずに単品料理が中心でした

 

ただし日本の基準からすると料金は高め。

日本の1.5倍かかる印象でした・・・

ただし朝食は『プチ・デジュネ(petit déjeuner)』と呼ばれる、お手頃なセットメニューがあります。

『プチ・デジュネ(petit déjeuner)』『朝食』という意味です

 

僕も朝食で何度か利用しましたが、カフェの店頭に下記のような看板が出ていることも多いです。

フランスの朝食プチデジュネ

だいたい次のようなパンと飲み物+αがセット。

フランス・パリの朝食(プチ・デジュネ)

 

なお、僕が訪れた大衆的なレストランやカフェはどこも席と席の間のスペースが狭めでした。

大柄な方は店に入る前に外から確認した方が良いです。

 



スポンサーリンク

まとめ

パリは『美食の街』と呼ばれる通り、おいしいレストランが多いです。

高い店も多いですが、コスパに優れた店も多いので、メリ・ハリつけて楽しみましょう!

 

 



スポンサーリンク