台北「マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)」でマンゴーかき氷を食べた!かき氷以外もオイシイよ

 

台湾の有名スイーツと言えば、やっぱりマンゴーかき氷。僕も台北旅行中に何度か食べました。

僕が訪れたのは、台北の有名店「マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)」!

今回はマンゴーチャチャでの様子や、注文した品などを紹介します。

マンゴーチャチャとは

マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)はマンゴーかき氷を中心とした、マンゴーを使ったスイーツを提供するカフェです。

現地では『芒果恰恰冰館』とも書きます

日本のガイドブックでもICE MONSTER(アイスモンスター)思慕昔(スムージー)と並び、よく紹介しています。

なお、2020年8月時点で台北には大安西門など、そのほか東京鎌倉香港韓国ソウルなど世界中に支店がある人気店。

マンゴーチャチャで使われているマンゴーは甘みが強く、なめらかな舌ざわりが特徴のアップルマンゴー(愛文)というブランド。

マンゴーの旬は春から夏にかけてですが、マンゴーチャチャでは急速冷凍技術を用いているので一年中オイシイマンゴーが食べられます。

僕が訪れたのは1月ですが、冷凍したとは思えないぐらい美味しかったです

 

店舗情報 公式サイト
■大安支店
住所  :台北光復南路562號
定休日 :なし
営業時間:昼11:00 ~ 夜23:00
クチコミ:トリップアドバイザー

■西門支店
住所  :台北市萬華區中華路一段106號
定休日 :なし
営業時間:昼11:00 ~ 夜22:00

 



スポンサーリンク

僕もマンゴーチャチャで食べました

僕がマンゴーチャチャを訪れたのは2014年。現在は閉店している忠孝店へ行きました。

忠孝支店は2017年10月に閉店しています

台北のマンゴーチャチャの外観

店内は日本のカフェにありそうなオシャレな感じ。

メニューはマンゴーかき氷の他にもマンゴーパフェマンゴーケーキマンゴーコーヒーなど、とにかくマンゴーづくし。

名前も変わっていて『モテ期』『元カレ』『初恋』など、「なぜこんな名前!?」と思わされるものばかり。

僕はマンゴーたっぷりのかき氷『モテ期』と、マンゴーコーヒーを注文。

メニューでは大きさが分からなかったので、マンゴーかき氷は奥さんとシェアしました。

まずマンゴーかき氷から。

台北のマンゴーチャチャのマンゴーかき氷「元カレ」

大きさは意外と小さめだったので、1人1杯でも大丈夫かも。

味は甘みが強く、舌ざわりもなめらかでとても美味しかったです!

また、かき氷部分も日本のかき氷のようなシャリシャリした食感ではなく、綿アメを食べているかのようなファッとした食感で新鮮でした。

そして気になるマンゴーコーヒー

台北のマンゴーチャチャのマンゴーコーヒー

ラテアートもほどこされており、見た目はステキ。

味の想像ができないため多少とまどい気味に飲んでみましたが、変なクセはなく飲みやすかったです。

コーヒーにマンゴージャムが入れられているようです

 

また、途中で店主が話しかけに来てくれました。

ご夫婦でやっているらしく、旦那さんが『マンゴー』、奥さんが『チャチャ』さんという通称。

この時点(2014年)では海外展開はあまりしていないらしく、「もうすぐ東京に出店するんだ~」とのこと。

オマケとしてドライマンゴーアイススムージーも食べさせてくれました。

どちらも美味しかったです!

 

退店時、店主が笑顔で手を振りながら「マンゴーチャチャ~♪」と決めゼリフ。

いろいろとキャラが濃い人でした・・・

 

台北での食事

デザートの他にも、台北には小籠包や麺料理などオイシイ料理がいっぱい。

僕もいろいろ食べましたが、やっぱり小籠包はオイシイです!

台北のおすすめレストラン。味とコスパで選んだ2店はココ!
台湾と言えばやっぱり小籠包。 安くて、ヘルシーで、おいしくて言うこと無しですよね。 しかし台北には、おいしい食べ物がまだいっぱいあります! 今回は台北で見つけた小籠包&そのほか名物の、おいしいお店を紹介します。 【追 記】 2...

 

また、僕が紹介したレストラン以外にも台北には美味なレストランがイッパイあります。

しかし自分でリサーチするのは大変・・・

そんな場合は「グルヤク」が便利です!

「グルヤク」は日本人向けのレストランを紹介しており、予約も代行してもらえるので現地語が話せなくても大丈夫です!

 》》「グルヤク」で台北のレストランを予約

 



スポンサーリンク

まとめ

台湾は南国だけあって、マンゴーなどのフルーツがおいしいです。

他にもいろいろなスイーツがあるので、ぜひ食べ歩きましょう!

 

 



スポンサーリンク