IT系の仕事は長期連休を取りやすい?旅行好きのための仕事えらび

 

学生のうちなら時間を気にせずに長期旅行もしやすいですが、就職すると「お金はあるけれどヒマがない・・・」ということになりがち。

しかし、仕事によっては長期旅行しやすい場合もあります。

僕はIT系の仕事がメインですが、仕事内容によって休みの取りやすさは全然違いました。

今回はIT系をメインに、長期休暇を取りやすい仕事についてお伝えします。

長期休暇の取りやすさ(IT系の仕事の場合)

僕はIT系の仕事に従事していますが、休日は派遣先の会社に合わせています。

自社は土日祝休(年末年始は数日休みで、あとはカレンダーどおり)ですが、派遣先が製造業の場合は土日休み(祝日は出勤)&年3回の長期連休となる場合が多かったです

僕が今まで経験した仕事で、長期休暇の取りやすさは次のとおり。

A:取りやすい
・トラブル窓口(海外とのやり取りはあるが、基本的に日本時間の9~18時のみ対応)
・VBAツール製造(休日出勤なし。残業もほとんどなし)

B:時期、タイミングによる
・システム開発(繁忙期が被ると休みづらいが閑散期なら余裕で休める)

C:取りにくい
・インフラ運用(長期連休中に作業が入ることもあり、直前にしか予定が確定しない)
・維持改善(開発と運用を両方やらなければならないので、休みづらい)

同じIT系の仕事でも、休暇の取りやすさには大きな差があります。

システム開発業務では大規模開発から小規模開発、役割もプログラマーからプロジェクトリーダーまでさまざまな立場を担当していました。

 

まとめると、次の要素あれば長期休暇が取りやすいです。

・もともと長期連休が設定されている
・長期連休中に出勤する予定がない
・異動が少ない、またはかなり前から分かる

現在担当している仕事が長期休暇を取りやすくても、直前に異動を言い渡される(=休めなくなる可能性がある)場合は休みづらいです。

 



スポンサーリンク

長期旅行しやすい人生の3大タイミング

就職するとなかなか長期旅行は行きづらくなりますが、それでも人生のなかで長期休暇を取りやすいタイミングがあります。それは次の3回。

1.新婚旅行
2.転職の合間
3.定年退職後

普段は休みづらい雰囲気の職場でも、新婚旅行であれば1週間ぐらいなら休みやすいです。

また転職の間も、次の職場を決めていなかったり期間に余裕がある場合は長期旅行が可能。

僕も2週間前後の長期旅行を2回しましたが、新婚旅行(エジプト旅行)転職の合間(南米旅行)でした。

エジプト旅行を計画!15日間で効率良く巡るには都市間の移動が重要
2010年に新婚旅行でエジプトを訪れました。 15日間の旅程でエジプト全土を周遊。今までで最も長期の旅行で準備が本当に大変でした・・・ 今回はエジプト旅行を計画している方のために、実際に行ったことを紹介します。
南米旅行を計画!16日間でも航空券とホテルを自分で手配すれば意外と安いよ
会社を辞めてしばらく時間に余裕があったので、前から行きたかった南米に16日間の旅行しました。 いつもの旅行より期間が長く、はじめての南米旅行ということもあって準備が大変でした・・・ 今回は実際におこなった準備をまとめましたので、今後南米に旅行する方の参考になればと思います。

 

週末を利用した短期旅行もアリ

「カレンダーどおりにしか休めない・・・」と思われる方も多いと思いますが、情熱があれば何とかなります!

たとえば“リーマントラベラー”として知られる東松寛文さんは、週末旅行だけで世界一周を成し遂げています。

リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜
東松 寛文|1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店で働くかたわら、週末で世界中を旅する『リーマントラベラー』。日本にいる時はトランジット期間。70か国159都市に渡航。2016年、3ヶ月で世界一周を達成。『地球の歩き方』から旅のプロに選ばれる。メディア出演多数。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』ほか

ここまでは難しくても、月曜が有給の場合は金曜の夜に出発して月曜の早朝に帰国する日程にすれば丸2~3日は海外旅行を楽しめます!

 



スポンサーリンク

まとめ

同じ業界、会社内でも職種が違うと休みの取りやすさは異なります。

就職・転職活動するときは長期連休の有無と突発的な仕事の有無を考慮して探しましょう!

 

 



スポンサーリンク