インドに行くと人生観は変わる?それとも変わらない?僕はこんなかんじでした



 

旅の格言のひとつに『インドに行くと人生観が変わる』という言葉があります。

僕もインド旅行に行く前は「どんな風に変わるんだろう!?」と思っていました。

実際にインドを旅して人生観が変わったのか?や、日本とインドの違いを紹介します。

人生観は変わったのか?

残念ながら、人生観は変わりませんでした。

なお、人生観とは次の意味です。

人生観(じんせいかん)とは、人間ひとりひとりが、自分自身の人生や人間全般の人生について抱く諸観念のこと。 人生の見方。 人生についての理解・態度。

― Wikipediaより引用 ―

 

ただし、カルチャーショックは多少受けました。日本と異なる点がいっぱいあります。

「こんなに違うのか!」と感じた点をいくつか紹介します。

 

日本とインドの違い

インドは経済発展がいちじるしいですが、それでも日本と同じような先進国ではありません。

異なる点をいくつかピックアップしてみました。

キレイさ

日本は世界で有数のキレイな国。日本よりキレイな国はほとんど存在しませんが、インドは日本基準でキレイと言える場所はありません。

たとえ空港や大きな駅であっても、あまりキレイではないです。

動物のあつかい

21世紀に入ってから、日本では野良犬は見かけることがなくなりました。

かろうじて野良猫がいるぐらいですが、インドは野良動物がいっぱい。

犬もいますが、最も驚いたのは野良牛。

日本でいえば東京駅にあたるニューデリー駅付近や、インドでナンバーワンの観光地・タージマハル周辺にも歩いています。

インドのタージ・マハルの西門

タージ・マハルの見どころと空いているゲートはココ!観光時の注意点も紹介!!
真っ白の大理石で作られた、玉ねぎ型の屋根が特徴的なタージ・マハル。 その白亜の姿は世界一美しい建物と言っても差し支えないほど。一見するとイスラム教の寺院!?と思われがちですが、実は異なります。 今回はタージ・マハルへ行く方法や観光時の注意点、空いている入口を紹介します。

インドでは牛は神聖な動物。

殺すのはもちろん閉じ込めてもいけないこともあり、いろんな場所に野良牛が歩いています。

ボッタクリ

日本ではタクシーに乗って、本来の運賃より高い金額を請求されることはありません。

しかし、インドではボッタクリが当たり前。

観光客相手だと本来の値段の倍どころか、10倍近い運賃や料金を請求されることも・・・

アグレッシブさ

日本ではお店の呼び込みはありますが、法律で規制されていることもあって、それほどしつこくありません。

ですが、インドはスゴイです。

とりあえず密着マークをされ、ずっと話しかけられます。

話かける内容は「○○を買え」や「ガイドいらないか?」、「お金くれ」などさまざま。

数100メートル歩いて、やっと離れたと思ったら、すぐに別の人が寄ってきます。

貧富の差

日本でも貧富の差はあります。路上生活者もいます。

しかし、インドは貧しい生活をしている人の割合がとても多いです。

日本人のように整った身なりをしている人は、それほど多くありません。

ゴミ山を漁っていたり、バクシーシ(喜捨)を求める人もたくさんいます。

時間に対してのルーズさ

日本では定時行動があたりまえ。むしろ5分前行動が推奨されています。

電車の運行が1分遅れただけでも、遅れた原因のアナウンスが行われます。

インドは1分どころか数時間遅れるのも当たり前。

アナウンスも相当時間が経ってからしか行われません。僕も大変な目に遭いました・・・

インドの電車は遅れすぎ!5時間も駅のホームで待たされる・・・
日本で鉄道や飛行機に乗る場合、定時に到着・定時に出発が当たり前。 しかし、海外では定時運行されるのは非常に珍しいです。 とくに発展途上国の場合、数十分遅れることも珍しくありません。僕は2006年にインドを訪れたときに、5時間の遅延を経験したことがあります。 今回はその時の状況と、回避するためにどうしたら良いかについて紹介します。

運転が荒い

日本でも『○○走り』と言われるような、荒い運転はあります。

しかしインドの運転は段違いに荒いです。

飛ばしまくるのはもちろん、クラクションを鳴らしまくったり、ぶつかりそうな勢いで車の間をすり抜けるので、とっても怖いです。

 

まとめ

インドを訪れて人生観が変わるかどうかは、あなた次第ですが、間違いなくカルチャーショックを受けます。

初めての海外旅行なら、それが人生観が変わるほどの衝撃になるかもしれません。

もし、あなたがインド未経験なら一度行ってみましょう!

 航空券を予約する
 インド国内の現地ツアー
 インドを訪れるパックツアー

 

スポンサーリンク