旅行費用はどうやって貯める?仕事や副業、いろいろな方法があるよ

 

僕は海外旅行が趣味で、年に1~2回は海外に行きます。

周りからは「お金もち!」と言われることも多いですが、決してそんなことはありません・・・

今回は、僕の旅行費用をどうやって生みだしているか紹介したいと思います。

お金持ちなら良かったけれど・・・

親や配偶者が裕福なら、自分はお金を出さずとも海外旅行に行くことができます。

しかし、僕が親に連れて行ってもらったのは近隣の県のみ。また、奥さんに出してもらっていくのもカッコ悪い・・・

僕が初めて海外旅行に行ったのは社会人になってから。残念ながら?すべて自分で稼いだお金で海外旅行に行ってます。

とはいえ、僕の給料は同年代の平均程度。

生活するのには困らないけれど、海外旅行に行きまくれるほどではありません・・・

 



スポンサーリンク

旅行費用の稼ぎ方

旅行費用の稼ぎ方は人によってさまざまですが、今回は僕の方法を紹介します!

残業代

僕の働いている業界は残業が多め。

最近はそれほど多くは無いけれど、20代~30代前半ぐらいは月平均で30~50時間、多い時で月100時間以上残業をしていました・・・

幸い?残業代は全額支給されていたので、年に数回の長期連休では費用を気にすることなく海外旅行を楽しむことができました。

しかし今は転職したこともあり残業は少なめ。年間の残業代を合計しても海外旅行1~2回分ぐらいです。

副業

残業代がかなり少なくなったので、その分副業を頑張っています。

僕が今やっている副業はストックフォトアフィリエイト

ストックフォトは写真をサイトに登録し、それが売れると収益を得られます。

ただし、写真を登録するには審査があります。

ボケている写真はNGであり、ほかにも商品名が写っていたり許可を得ていない人物が映っているのもダメなので登録できる写真が少ないのが残念。

僕が現在登録しているストックフォトサイトは次の3つです。

  • PIXTA(ピクスタ)
  • ShutterStock(シャッターストック)
  • Adobe Stock(アドビストック)

それぞれのストックフォトサイトの特徴は、こちらをご覧ください。

海外旅行で撮影した写真を売ってお小遣いを稼ごう!
海外旅行で写真を大量に撮影する人も多いのでは?毎年のように海外旅行にでかける人は気がつくと数千枚以上となることも・・・ その写真をそのまま眠らせておくのはもったいないです!せっかくならストックフォトで売ってお小遣いを稼ぎましょう。 ...

また、僕が販売している写真はコチラです。

 》》僕が販売している写真

 

もうひとつがウェブサイトに掲載しているアフィリエイトからの収入。

ウェブサイト運営だけで生活できるほど稼いでいる人もいますが、それほどカンタンではありません。

僕も最初の半年は月あたり500円ぐらいしか収入がありませんでした・・・

それなりの収入になるには時間がかかるので、ジックリ取り組める人に向いてます。

僕が運営しているのは本サイトのみですが、Google Adsenseの収入と合わせて年間で海外旅行1~2回分ぐらいの収入を得られています。

 

副業といっても、その種類はさまざま。

また人によって得意なことが違うので、あなたに合った副業を見つけましょう!

会社によっては就業規則により副業が禁止されているケースもあるので注意してください

 

副業は時間をかければかけるほど収入が増えやすいですが、本業に支障ない範囲にとどめる必要があるので、副業による収入は限度があります。

「副業による収入が少ない場合はどうするの?」思われるかもしれませんが、その場合は支出を減らせばOKです。

 

支出を減らす

支出は大きく分けて普段の生活の支出と、旅行時の支出に分けられます。

普段の生活の支出を節約

生活費を節約する際のポイントはメリハリをつけること。

あれもこれも節約しては、絶対に続かなくなります。

たとえば外食の回数を減らしたり、不必要な保険を解約したり、消耗品にお金をかけないなどの方法があります。

1つ1つの節約額は少なくても、それがいくつか集まると思ったよりもたくさん貯めることが可能。

ただし毎日&長い期間使えるものは少し高めのものを買った方が満足感が高くなり、質が良いので長い期間使えるので、結果として節約につながります。

旅行時の支出を節約

海外旅行でイチバン大きな支出といえば航空券代ホテル代

航空券はオフシーズンに旅行に行けば安くなりますが、普段働いている社会人は長期連休しか休めない人も多いと思います。

といっても雨期にビーチリゾートに行ったり、日照時間の短い冬にヨーロッパに行くのは100%楽しめないことが多いので、基本的にはオススメしません。

しかし、冬のヨーロッパはクリスマスシーズン。

街中キレイな飾りつけがされているので、その雰囲気を楽しめるならオススメ。クリスマス飾りは年末年始でもそのまま飾られたままのことが多いので十分楽しめます。

プラハの旧市街広場のクリスマスツリー

 

ホテルは目的に応じて選ぶことが重要です。

行きたい場所を効率的に巡る場合は、目的の場所が多く集まった地区に近いホテルがオススメ。

また、治安があまり良くない都市は大通り沿いのホテルを予約しましょう。時間のロスや安全性を考えると多少の増額はしょうがないです。

もしホテルの滞在時間が短い(夜遅く戻って朝早く出発する)のあれば、最低限の設備で問題ないので2~3星程度のホテルでOK。

僕はセキュリティを考えてドミトリーや1ツ星ホテルに泊まることはありませんが、基本的には3~4ツ星ぐらいのホテルを予約しています。

ボリビア・ラパスのラ・カソナ・ホテルの室内

 



スポンサーリンク

1回で複数の国を訪れるのもオススメ

1週間ぐらい旅行できるなら、1度の旅行で2カ国を訪れるのもオススメ。

僕も経由地で1泊して観光したり、現地から隣国へ日帰り旅行することもあります。

アンドラはバルセロナから日帰りで行ける買い物天国!バスでの行き方・注意点を紹介!!
アンドラと聞いて、すぐに国の場所が思いつく人は少ないのでは? 実はアンドラは、バルセロナから日帰りで行ける買い物天国です! 今回はバルセロナから訪れる方法と、アンドラ国内の様子を紹介します。 基本情報 正しくはアンドラ公国という...

 

1回の旅行でメインの国・サブの国を決めないと、どちらの国も消化不良になりがち。

1日で見どころをほとんど網羅できる国なら良いですが、そうでないならポイントを絞ると良いです。

たとえば「名物料理の〇〇を食べる!」だったり、「世界遺産〇〇へ行く!」など絶対やりたいことを決めて、それを最優先すると満足度が高くなりますよ。

 

まとめ

海外旅行にバンバン行きたいなら、ある程度ガマンしなければならない部分もあります。

あなたの中の優先順位を決めて、海外旅行を楽しみましょう!

 

 



スポンサーリンク