セブのギターは安くて高品質!ギター工場・アレグレギター(Alegre Guitars)を訪れた

 

フィリピンのセブ島には多くの観光地がありますが、今回紹介するギター工場「アレグレギター(Alegre Guitars)」もその一つ。

僕もセブ旅行した時に訪れました。

今回は僕がアレグレギターを訪れた時の様子を中心に紹介します!

セブ島はギターの名産地

セブ島は東南アジア・フィリピンにあるリゾート地。

そんなリゾート地からは想像できないかもしれませんが、セブ島は隠れたギターの名産地でもあります。

特にマクタン島には数十件のギター工場が集まっており、安くて高品質なことで世界的にも有名です!

 

ギター製造が盛んになった理由ですが、それはスペインに統治されたことが関係しています。

フィリピンは16世紀ごろよりスペインに統治されていましたが、その際にキリスト教が広まりました。

教会でのミサの際に弦楽器が使われますが、その楽器を作っていた職人がマクタン島に住み着いて、以後代々ギター作りが受け継がれています。

 



スポンサーリンク

オススメはアレグレギター(Alegre Guitars)

僕はセブ島を訪れた時にタクシーをチャーターして市内半日観光しました。

その時に連れて行ってもらったのが、セブ島でもナンバーワンといえるギター工房『アレグレギター(Alegre Guitars)』

住所:Pajac-Maribago Rd, Lapu-Lapu City, Cebu

 

ギターの製造から販売まで手掛けており、なんと無料で見学することが可能です!

セブ島のアレグレギターの入口

敷地内に入るとスタッフが寄ってきて、カンタンに説明してくれました。

案内は英語でした

僕は英語が得意ではありませんが、それでもギターに使われている様々な木の種類やギターの構造等を見るだけで楽しかったです。

セブ島のアレグレギターに展示されているギターの材料一覧
セブ島のアレグレギターに展示されているギターの構造

時間帯によっては、実際に製造している様子も見ることができます。

デザインから製造まで全ての工程が行われており、ギターの事を知りたいならピッタリです!

 

アコースティックギターのほか、ウクレレマンドリン?も作られていました。

ギターの値段はピンキリですが、安いものであれば1万円以下もあります。値段はお手頃ですがシッカリと作られており、趣味でギターをやっている人であれば満足できるはず。

ウクレレは約3千円~ぐらいからあります

 

店内にはズラリと並んでおり、どれを買うか迷います・・・

セブ島のアレグレギターに展示されているギター

 

僕はウクレレを買いました

僕はギターをはじめ、楽器演奏は全くダメですが、「ステキなので何か買いたい!」と思いウクレレを購入しました。

曲を弾くことはできませんが、適当に鳴らすだけでも気分転換になりますよ。

購入した時に弾き方が書かれた紙をもらえました
 
飾っておくだけでも絵になります!

セブ島のアレグレギターで購入したウクレレ
セブ島のアレグレギターで購入したウクレレ

 



スポンサーリンク

セブのギターはお土産に向いている?

ギターやウクレレは自分用みやげにぴったりです!

弾くことができなくても、適当に演奏するだけでも気分転換になり、また新たな趣味として本格的に演奏しても楽しいです。

ただし1つだけでもそれなりに高額であり、好みが出やすいものなので人にあげるのには向きません・・・

 

ギター工場を訪れるオプショナルツアーもあります

僕のようにタクシーをチャーターしても良いですが、タクシーによってはボッタクリが心配・・・

交渉するのがニガテなら、前もって現地発着のオプショナルツアーに申し込みましょう!

ホテルからギター工場への送迎も含まれているので、楽々移動できます。

 》》現地発着のギター工房見学を予約する

 



スポンサーリンク

まとめ

ギターやウクレレを弾くのは気分転換に最適。

ビーチリゾートも楽しみつつ、ぜひギター工房ものぞいてみましょう!

 

 



スポンサーリンク