世界遺産検定2級を受ける!検定の概要と現在行っている勉強法を紹介!!

みなさんは世界遺産検定を知っていますか?

ここ数年で徐々に知られるようになってきており、俳優の鈴木亮平も合格したことで知られています。

僕も受けようと勉強を始めたので、きっかけと勉強方法をまとめたいと思います。

世界遺産検定とは

世界遺産検定とは、世界遺産についての知識を深め、学習した内容を社会へ還元することを目指した検定です。

世界遺産には1級から4級があり、1級の上にはマイスターという、半端なく難しいランクがあります。

このうち、1級とマイスターはワンランク下のクラスに認定されていないと受験できません。

マイスター:1級に認定されている必要あり
1級   :2級に認定されている必要あり

これだけで1級とマイスターはめちゃくちゃ難しそうですよね・・・

なお、世界遺産の名前だけ答えればよいのではなく、世界遺産の成り立ちや関連する条約、各世界遺産に関連する出来事を答える必要があります。

エジプト・アブシンベル小神殿

 

受けようと思ったきっかけ

僕の趣味は海外旅行が好きですが、行くばかりではなくアウトプットとして何か形に残したい!と考えていました。

このサイトもその一つですが、せっかくなら資格か検定を受けようと思い立ってしまいました。

初めての受験で受けることができるのは2~4級のいずれか。

どれを受けようか迷いましたが、4級は勉強しなくても大丈夫そう、3級は合格率が80%前後なので少し歯ごたえがない・・・

その点、2級は合格率50%でちょうど良い感じ。

とりあえず2級、いずれ1級という感じで受けようと思います。

 

勉強方法

勉強時間は1日30分~1時間程度を想定。スキマ時間を使って勉強するので、じっくりと3カ月かけようと思っています。

僕は日本史を専攻していたので、国内の世界遺産であればうっすらと覚えていますが、海外の遺産については「何の呪文?」と思うような地名や人名がたくさんあるので、覚えるのが本当に大変・・・

学習はとりあえず公式テキストをひととおり読むことから。使用しているテキストはこちらです。

世界遺産の成り立ちはもちろん、日本や海外の世界遺産についても分野ごとにまとめて書かれているので、とてもわかりやすいです。

過去問については下記の問題集を使用して、勉強する予定です。

 

また、知識を補足するためAndroidアプリの問題集を購入しました。

無料版もありましたが、問題数が多い有料版を購入(500円)。全部で400問近くあるので、知識の肉付けにはこれだけあれば十分かと思います。

 

まとめ

世界遺産検定についてのブログを見ていると「5時間の勉強でOK!」とか書いている方もいましたが、僕には無理です・・・

まだ3カ月以上あるので、地道に頑張っていこうと考えてます。

もし落ちたら報告はしないので、そっとしておいてもらえればと思います。

 追記 
2018/08/15 無事2級に合格しました

世界遺産検定2級に無事合格!しかし次の1級は難易度がかなり高め・・・
昨日(7/31)世界遺産検定の合格発表があり、無事2級に合格していました! いまは1級合格を目指して勉強していますが、1級はかなり難易度が高そうです・・・ 今回は2級と1級の難易度の違いを紹介します。

 

スポンサーリンク