チェコで人気のスイーツ「トルデルニーク」。砂糖の甘さとナッツの香ばしさがベストマッチ!



-- 広告 --

 

チェコで人気のスイーツ「トルデルニーク」。街を歩いていると甘い匂いがすると、おそらくその先にはトルデルニークの専門店があります。

トルデルニークはバームクーヘンと似た外見ですが、実際はかなり違います!

今回はトルデルニークについて味やバリエーション、食べられる場所などについてお伝えします。

トルデルニークとは

トルデルニーク(Trdelník)はチェコで人気のスイーツで、筒状の薄いパンです。

砂糖がまぶされているので、とても甘い!

ぱっと見はバームクーヘンっぽいですが、層にはなっておらず、ふっくらとした生地が特徴です。

チェコ名物の「トルデルニーク」

トルデルニークは伝統的な菓子、という訳ではなく誕生したのは意外と最近。

どちらかいえば観光客向けに作られ、そののち現地の若い人たちにも人気が出たようです。

なお、東欧には似たような菓子が多くあり、隣国ハンガリーにもクルトシュカラーチ(kültőskalács)という似たスイーツがあります。

 

-- 広告 --


トルデルニークの作り方

トルデルニークの作り方はとてもカンタン。

回転する筒に小麦をこねて作られた生地を巻き付けて、それを焼きます。

バームクーヘンは小麦粉をベースとした液状の生地を、回転する筒に何度も何度もかけて層状になるように焼いています

チェコ名物の「トルデルニーク」を焼いている様子

焼く際に砂糖やシナモン、粉状のナッツ類をふりかけてジックリ焼き、ふっくらと膨らんだら完成。

あとは筒から抜いて、適当な大きさに切り分けて完成です。

チェコ名物の「トルデルニーク」。焼けたものを筒から外す様子

 

トルデルニークの味は?

トルデルニークは砂糖がタップリとかかっているだけあり、とても甘いです。

しかし、シナモンやナッツの粉等も振りかけられてから焼かれているので、香ばしさも特徴。

味覚と嗅覚の両方で楽しむことができます!

 

-- 広告 --


さまざまなバリエーションがあります

プレーンタイプのトルデルニークは砂糖とシナモン、ナッツ粉がかけられたのみですが、その他にもさまざまなバリエーションがあります。

筒のなかにチョコレートやジャムが入っていたり、クリームやアイスクリームが入っているものも。

好みによって、さまざまな味が楽しめますよ。

 

トルデルニークはどこで食べられる?

トルデルニークはチェコ・プラハであれば、探すまでもなく見つかります!

トルデルニークを専門で販売している店舗や屋台が多くあり、店先にはトルデルニークの模型?が付いているので遠くからでも見つけやすいです。

特に旧市街広場周辺に多い印象です

チェコ名物の「トルデルニーク」の屋台

残念ながら日本ではなかなか食べられません・・・

日本にも2019年、麻布十番にトルデルニーク専門店「Cesky」がOPENしましたが、現在は閉業しているようです。

 

-- 広告 --


まとめ

チェコを訪れたならトルデルニークは必食です!

クリスマスシーズンは旧市街広場などに屋台が出ることもあり、アツアツのトルデルニークを食べながらの街歩きも楽しいですよ。

 

 

-- 広告 --