アメリカ旅行の前に最低限知っておきたい情報

 

アメリカは広大な国土を有するだけあって、ニューヨークのような大都会から、圧倒的スケールを誇る大自然も残されています。

今回はアメリカを観光する際、前もって知っておきたい最低限の情報を紹介します!

基本情報

正式名称    アメリカ合衆国(United States of America)
首都
      ワシントンD.C
国番号     1
通貨単位    アメリカ・ドル(セント)
チップ     要
言語      英語
電圧      140V
周波数     60Hz
日本との時差  東部 :-14時間 
        中部 :-15時間
        山岳部:-16時間
        太平洋:-17時間
サマータイム  あり(3月最終日曜AM2時~11月第1日曜AM2時)
         *アリゾナ州はナヴァホ居住区のみ実施

 

国旗

通称“星条旗”と呼ばれています。

星は天、赤はイギリス、白い条(すじ)はイギリスからの独立を表現しています。なお、赤と白の条は独立時の州の数(13)、星は現在の州の数(50)です。

 

ビザの要/不要

観光目的の入国、かつ90日以内の滞在であれば不要です。

ただし、旅行前に電子渡航認証システム(ESTA)を介して承認を得る必要があります。

    》》ESTA申請(公式サイト)

海外旅行に必要なビザ&電子入国許可証とは?持っていないと入国できないかも!?
海外旅行に行く場合は、パスポートと航空券が必須。 ただし、訪れる国によってはビザ(VISA)や電子入国許可証と呼ばれる証書を持っていないと入国できない場合があります。 ビザという言葉は知っていても、漠然としたイメージしかない方も多い...

 

ラスベガス(Las Vegas)について

都市の概要

ラスベガスは砂漠の真ん中に作られた、世界有数のエンターテインメントの聖地です。

ラスベガスの看板

夜のラスベガス

ラスベガス

ラスベガスでの楽しみ方はカジノはもちろん、手品やショーなどさまざま。

また、お金を払わずに楽しめるショーも充実しており、とくにホテル・ベラージオ前の池で行われる噴水ショーや、ダウンタウン地区のフリーモントアーケードで行われるフリーモント・エクスペリエンスは必見です。

ラスベガスのベラージオホテルでの噴水ショー

ラスベガスのダウンタウンで行われるフリーモントエクスペリエンス

おもな観光地

ラスベガス自体が丸ごと観光地みたいなものですが、郊外には人工的なラスベガスとは対照的に、大自然が広がっています。

もっとも有名なのはグランドキャニオン。大地を切り裂くように広がる大渓谷です。

グランドキャニオン

グランド・キャニオンは超絶危険!谷底を見たい時はスカイウォーク利用がオススメ!!
グランド・キャニオンの素晴らしさは、アメリカ合衆国第26代大統領セオドア・ルーズベルトの「すべてのアメリカ人が一生に一度はグランド・キャニオンを訪れるべき」という言葉に集約されています。 自然の力により長い時間をかけて作られた大峡谷は...

また、西部劇などさまざまな映画のロケ地としても有名なモニュメント・バレー。僕はグランド・キャニオンよりこちらの方が好きです。

モニュメント・バレーのザ・ミトンズ(ミトン・ビュート)

モニュメント・バレーは映画の聖地!死ぬまでに一度は見ておきたい奇岩群
モニュメント・バレーは西部劇など映画のロケ地としても有名。映画好きな人はもちろん、雄大な風景は映画に興味がない人でも楽しめます。 見渡す限りの地平線に赤茶色をした大地、彫刻のように切り立った大岩など見た人は「おおっ~」と感嘆の声をあげ...

そのほかではデスバレーがおすすめ。”死の谷”の名の通り最高気温57℃に達する、人間が暮らせるとは思えない場所です。

デスバレーの悪魔のゴルフコース

デスバレーの最高気温は57℃!冬でも暑いデスバレーの見どころ紹介
デスバレー(Death Valley)は日本語で"死の谷"という意味。 なんとも物騒な名前ですよね・・・しかし、実際に訪れればその名前が付けられた理由が分かります。 デスバレーにあるのは自然のみ。しかし、地平線が見渡せるほどの大地だ...

日本からラスベガスの移動

日本からラスベガス中心部に移動する方法は次の通りです。

1.日本からラスベガスへ移動(飛行機)
乗り継ぎの有無にもよりますが、だいたい13~18時間かかります。

2.空港から市内中心部へ移動(シャトルバス・タクシー)
マッカラン国際空港から市内中心部への移動はシャトルバスかタクシーが一般的です。

中心部までは10キロメートルほど離れており、だいたい20~30分かかります。おもなホテルを巡ってくれるので便利ですよ。

ラスベガスで泊まる

ラスベガスには変わったホテルがいっぱい。

ピラミッド型のホテルだったり、エッフェル塔が立っていたりする変わったホテルが観光客の目を楽しませてくれます。「普通のホテルのほうがいい!」という方も心配ありません。普通の外観のホテルもたくさんあります。

ラスベガスはホテル宿泊料が他都市と比べて安め。

安い理由は、とにかくホテルに泊まってもらい、その分カジノとショーでの収益をあげるビジネスモデルとなっているためです。

またカジノの滞在時間を増やすため、部屋の居心地を少し悪めにしたり、ホテル入口から部屋やフロントに行くまでに、必ずカジノを通過する構造となっています。

  》》ラスベガスのホテルを予約

ラスベガスでの食事

ラスベガスには世界中の料理のレストランもありますが、ビュッフェ(Buffet)が名物。

改めてビュッフェについて説明すると、定額料金でさまざまな料理を食べることができる食事形態で、洋食だけではなく日本料理や中華料理も用意されていることが多いです。

僕も訪れた時にビュッフェを食べたのですが、”そこそこ美味しい”というレベルでした。

日本料理もありますが、まさに”外国で食べる日本料理”というレベル。マズくはありませんが、おすすめはしずらいです。

ただし訪れたのは2001年なので、現在は改善されているかもしれません。

ラスベガスでの移動

ラスベガスはとにかく1つ1つのホテルが巨大。

地図で見るとそれほど離れていないように見えますが、実際は隣のホテルに移動するだけでも思ったより時間がかかります。

端から端まで移動すると1時間以上かかりますが、モノレールが中心部を走っているので心配ありません。

 

アメリカの食事

アメリカの食事は基本的におおざっぱ。肉がドンッ、付け合わせのジャガイモがドンッといった感じです。残念ながら味付けもおおざっぱ。

肉は日本のような霜降りではなく赤身肉が中心。

霜降り肉か赤身肉のどちらが好みかは人によって異なりますが、日本より安く食べられるので赤身肉好きにはうれしいのでは?

アメリカに行ったら繊細な料理を求めるのではなく、あえてハンバーガーなどの”ジャンキーな食べ物”を食べて、海外の雰囲気を感じる方が良いかもしれません。

 


スポンサーリンク

アメリカでの出来事

年越し

20世紀から21世紀に変わる”世紀越え”を経験しました。

ラスベガスで年越し!20世紀と21世紀を行ったり来たり
皆さんはタイムトラベルをしたことがありますか!? 僕はあります。 ・・・本当だったら凄いですよね。 正確に言えば、日付変更線が起こした奇跡的な偶然です。 今回はその時の状況と、ラスベガスでの年越しの様子をお伝えしたいと思います。...

飛行機乗り遅れ

ラスベガスからロサンゼルスへのフライト時に、飛行機に乗り遅れました。

ラスベガスで飛行機に乗り遅れる!しかしフラット・タイヤ・ルールに救われる
海外個人旅行において、もっとも気を付けるべきは飛行機の乗り遅れ。 ツアー旅行であれば、非常事態になったらツアー会社に連絡すればアドバイスをもらえたり、必要な手続きを可能な範囲で行ってもらえますが、個人旅行だと全て自分で解決する必要があ...

食あたり

ラスベガス滞在中に食あたりにかかり、丸1日苦しみました。

ラスベガスで食あたり。蛍光ピンクの薬(Pepto Bismol)がバッチリ効いた!
海外旅行中に病気になると大変ですよね。 風邪や下痢ならまだマシですが僕はラスベガスを訪れた際、食あたりで丸一日苦しみました・・・ 今回は食あたりの原因と治した方法、得た教訓について、今後ラスベガス方面に行く方に向けてお伝えします。 ...

グアムで結婚式

グアムで結婚式をあげました。準備~当日の様子はこちらをご覧ください。

グアムでリゾートウェディング。準備から当日の流れを紹介!!
日本で行う結婚式も良いですが、海外での挙式に興味を持っている方も多いのでは? 僕は2010年4月にグアムで挙式を行いました。 今回は半年間の準備の状況から当日の流れまで紹介しますので、現在海外挙式を検討している方の参考になればと思い...

 

アメリカ観光を計画

アメリカを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約する
》》アメリカのホテル予約
》》アメリカ国内の現地ツアー
》》アメリカを訪れるパックツアー

 

 

スポンサーリンク