イエレーパゴダは水上に浮かぶ寺院!ヤンゴンからの行き方を紹介!!

 

今回は世界的にも珍しい、川の中州がまるごと寺院となっているイエレーパゴダ。

イエレーパゴダは旅行カルチャー雑誌TRANSITの表紙を飾ったことで有名で、とてもSNS映えする場所でもあります。

今回はイエレーパゴダへの行き方や、内部の様子を紹介します。

 追記 
2018/07/26  所要時間について追記
2018/07/01  観光に必要な日数を追記しました
2018/05/10
  休館日について追記しました

基本情報

イエレーパゴダ(Ye Lai Pagoda)とは、正しくはチャイ・マウ・ウン・イエ・レー・セティ・タウ・パゴダという名前で、別名”水上寺院””水中寺院”とも呼ばれます。

世界でも珍しい川の中州に建つ寺院で、スリランカから寄贈された仏陀の遺髪が納められています。

イエレーパゴダがあるのはミャンマーのチャウタン付近にある川の中州です。

 

イエレーパゴダ内部

まず、対岸から見た姿から。

イエレーパゴダの遠景

イエレーパゴダの遠景

当たり前ですが、本当に川の中州に建てられています。増水時は大丈夫なのでしょうか?

内部には金色の派手な仏塔が立ち並んでいます。

イエレーパゴダ内部

仏塔内部には、金色の仏像が飾られています。頬にはミャンマーの伝統的な化粧品・タナカ(Thanaka)が塗られています。

イエレーパゴダの仏像

仏像の後ろの後光部分は、なんとLED(発光ダイオード)照明。

ヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダや、バガン郊外のタウン・カラッの仏像も同じでしたが、ミャンマー仏教では問題ないのでしょうか?

イエレーパゴダ内部の仏像

シュエダゴンパゴダ(ヤンゴン)で自分の守護動物と出会う!おすすめの時間帯と内部の様子を紹介!!
強烈な存在感を放つヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。 ヤンゴンのランドマークであり、ミャンマー仏教の総本山でもあります。 シュエダゴン・パゴダでは自分の曜日に対応した守護動物にお祈りします。曜日は全部で8種類。八曜日と呼ばれおり、もち...
ポッパ山(ミャンマー)を訪れる!内部の様子と気を付ける点を紹介!!
ミャンマーには、ナッ神と呼ばれる神様を信仰する土着宗教があります。 ナッ信仰の聖地はポッパ山にあるタウン・カラット(Taung Kalat)と呼ばれる大きな岩の上。なぜこんな行きづらい場所に建てたか疑問ではありますが、せっかくなので登...

そのほか、内部には巨大な銅鑼(どら)や、龍を模した像があります。

イエレーパゴダの銅鑼

イエレーパゴダの龍の像

間近で建物を見ると、装飾が美しいです。

イエレーパゴダ内部

川は濁っていますが、魚が住んでいます。寺院内でエサが売られているので、あげることも可能です。

イエレーパゴダが浮かぶ川で魚の餌やり

イエレーパゴダ内部の魚のえさ売り場

寺院内部はそれほど広くないので、30分ぐらいでひととおり見終わります。

 

ヤンゴンからの行き方

ヤンゴンからイエレーパゴダを訪れる方法を紹介します。

1.ヤンゴン中心部からチャウタンまでの移動(車)
ローカルバスもありますが、あまりキレイではないのでおすすめできません。

ヤンゴンからタクシーをチャーターするか、現地ツアーに参加して訪れる方法が一般的です。

  》》ミャンマーの現地ツアーを見る

2.チャウタンからイエレーパゴダまでの移動(渡し舟)
川の中州の寺院までは、渡し舟を使って移動します。

近距離なので5~10分ぐらいで着きます。渡し舟は現地人用と外国人用があり、外国人向けには屋根が付いて少しだけ豪華。

イエレー・パゴダへの外国人向け渡し舟

イエレー・パゴダへの外国人向け渡し舟内部

日本からヤンゴン中心部への移動については、次の記事をご覧ください。

ミャンマー旅行の前に最低限知っておきたい情報
ミャンマーは東南アジアにある国ですが、「アウン・サン・スー・チーしか知らない・・・」という方もいるのでは? しかし、ミャンマーには世界三大仏教遺跡・バガン以外にも、多くの見どころがあります。 そんなミャンマーを訪れる前に知っておきたい、最低限の情報を紹介します。

 

イエレーパゴダ観光の注意点

休館日について

休館日はありません。

所要時間について

寺院内はとても狭いので、30分あれば一通り見ることが出来ます。

服装について

年間を通じて高温多湿ですが、3~5月は特に暑いです。寺院内など日陰は比較的多いですが、念のために帽子をかぶりましょう。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

寺院内にあります。

売店について

寺院内では魚のエサしか売っていませんが、川の対岸に露店が何店舗かあり、水や食べ物、雑貨が売られています。

イエレー・パゴダ対岸の売店

 

現地ツアーがオススメ

ヤンゴンからタクシーをチャーターするか、イエレーパゴダに訪れる現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》ミャンマーの現地ツアーを見る

 


スポンサーリンク

観光に必要な日数

ヤンゴンの往復に丸1.5日、日帰りでイエレーパゴダに行くとして合計丸2日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊3日必要です。

 

観光を計画

イエレーパゴダを訪れる際の航空券・ホテル・現地ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》ヤンゴンのホテル予約
》》ミャンマーの現地ツアーを見る

 

訪れた時期

2015年1月に訪れました。

 

スポンサーリンク