アルハンブラ宮殿入場前にチケット発券要!予約時間≠宮殿入場時間なので注意が必要です



 

スペイン・グラナダの丘の上に建つアルハンブラ宮殿。

スペインは世界遺産の宝庫ですが、なかでも赤茶色の建物が印象的なこの建物は、スペインにおいてのイスラム文明の象徴でもあります。

今回はアルハンブラ宮殿の見どころと、観光時の注意点を紹介します。特にネット予約された方は注意が必要です!

  追記  
2018/05/10  休館日について追記
2018/02/24  ”アルハンブラ宮殿に泊まる”を追記

基本情報

アルハンブラ宮殿は、もともとはイスラム教徒の軍事要塞として作られた後、13世紀にアルアマール王による宮殿の建立など、歴代の王によりさまざま改築が重ねられ14世紀に今のかたちとなりました。

ただし宮殿とは呼ばれていても内部には庭園や学校、城塞などの機能も備えています。

アルハンブラ宮殿の見どころ

アルハンブラ宮殿内はおもに庭園(ヘネラリフェ・パルタル庭園)・宮殿(ナスル宮殿)・城塞(アルカサバ)の3つのエリアに分かれていますので、それぞれの見どころを紹介します。

ヘネラリフェ (Generalife)

ヘネラリフェとは夏の離宮としてつくられた別荘です。

そのため、いたるところに水路や噴水が設けられており、別名”水の宮殿”とも呼ばれています。

なかでもアセキアの中庭(Patio de la Acequia)はイスラム=スペイン様式を代表する庭園です。春~秋にかけてはキレイな草花を見ることが可能。

アルハンブラ宮殿のアルカサバ

また、植物で作られたアーチが設置されるなど凝ったつくりとなっています。

アルハンブラ宮殿のヘネラリフェ

アルカサバ (Alcazaba)

アルカサバはアルハンブラ宮殿の中でもっとも最初に作られた場所で、モーロ人により9世紀に軍事要塞として建てられました。

アルハンブラ宮殿のアルカサバ

見張り台からはグラナダの街並みを一望できます。

アルハンブラ宮殿のアルカサバの見張り台

アルハンブラ宮殿のアルカサバの見張り台からの眺め

ナスル宮 (Palacios Nazaries)

アルハンブラ宮殿の中心部はナスル宮

ナスル宮はさらに3つの宮殿に分かれていますので、それぞれ説明します。

メスアール宮(Mexuar)

ナスル宮に入るとすぐメスアール宮メスアールの間(Sala del Mexuar)があります。ここは宮殿の中でも最も古い部分であり、司法と行政が執り行われていました。

内部の装飾は本当に細やか。イスラム文化の美しい装飾がいたる所に施されています。

アルハンブラ宮殿のナスル宮殿メスアール宮のメスアールの間

アルハンブラ宮殿のナスル宮殿メスアール宮の祈祷室

コマレス宮 (Comares)

コマレス宮は宮殿の中心部です。

大使の間(Salon de Embajadores)を抜けると、そこはアラヤネスの中庭(Patio de los Arrayanes)

アルハンブラ宮殿のコマレス宮のバルカの間

アラヤネスの中庭には大きな池があり、風がなければ逆さ富士のようにコマレスの塔が池に写される絶景を見ることができます。

アルハンブラ宮殿のコマレス宮のアラヤネスの中庭

ライオン宮 (Leones)

コマレス宮を通り過ぎると、そこはライオン宮。ライオン宮には12頭のライオンの像の噴水が目印のライオンの中庭(Patio de los Leones)があります。

アルハンブラ宮殿のライオン宮のライオンの噴水

アルハンブラ宮殿のライオン宮のライオンの噴水

ライオンの中庭に面してアベンセラッヘスの間(Sala de las Abencerrajes)諸王の間(Sala del Ray)二姉妹の間(Sala de las Dos Hermanas)の3つの間があります。

3つの間は王族のプライベート空間であり、より細やかな装飾が施されています。

アルハンブラ宮殿のライオン宮のアベンセラヘスの間

その他の場所

ヘネラリフェ・アルカサバ・ナスル宮殿以外にも見どころがあるので、いくつか紹介します。

サンタ・マリア教会 (Iglesia de Santa Maria)

サンタ・マリア教会はナスル朝時代のモスクのあった場所に建てられたカトリック教会です。

アルハンブラ宮殿のサンタマリア教会

内部はそれほど広くなく、見るべきものも少なめ。天井に星型の穴が開けられているのが可愛らしいです。

アルハンブラ宮殿のサンタマリア教会内部

アルハンブラ宮殿のサンタマリア教会の天井

カルロス5世宮殿 (Palacio de Carlos V)

カルロス5世宮殿は、アルハンブラ宮殿の中では異質な存在感を放っています。

コルドバのメスキータに、カテドラルを増築したことでも知られるカルロス5世の命令により、ルネッサンス様式で建てられました。

アルハンブラ宮殿のカルロス5世宮殿

アルハンブラ宮殿のカルロス5世宮殿

カルロス5世宮殿とアルカサバの間には広場がありますが、ここにはたくさんの猫が!

ざっと見ただけでも30頭ほどは居るようでした。

全体的に人懐っこい猫が多いですが、攻撃してくることもあるので必要以上に触らないように注意してください。

アルハンブラ宮殿に住み着いている猫

入場チケット予約は必須

スペイン屈指の観光地であり、1日あたりの人数制限があるので予約は必須。

ピークシーズンなら数カ月前、ローシーズンでも3週間前には予約しておきましょう。

    アルハンブラ宮殿チケット予約(公式サイト:日本語)

チケット予約の変更・キャンセルは不可

チケット発券が必要

他の観光地ではネット予約すれば、そのまま入場できる場合が多いですが、アルハンブラ宮殿では前もって発券処理を行う必要があります。

ネット予約に用いたクレジットカードが発券時に必要です

発券処理を行うことができるのは2カ所。

まず1カ所目ですが、カテドラル近くにあるアルハンブラ事務所にて行うことが可能です。

    アルハンブラ事務所(公式サイト:英語)

こちらは場所が分かりにくく、担当者が不在の場合もあるので時間の余裕がある時に行くようにしましょう。

また、アルハンブラ宮殿のチケット売り場付近にある端末でも可能です。

チケット売り場左手の建物にひっそりと置かれていますので、見逃さないようにしましょう。下記の画像で説明すると、緑色のディスプレイの真下から入り、左手側にある端末が発券機です。

アルハンブラ宮殿のチケット発券機

アルハンブラ宮殿のチケット発券機

もし事前予約していない場合、早朝から並べば購入できる可能性はありますが、僕が12月末に訪れた時は朝10時の時点ですべて売り切れでした。

どうしても購入したい場合は、チケットが売り出される朝8時前から並ぶことをおすすめします。

グラナダ中心部からアルハンブラ宮殿への行き方

グラナダ中心部からアルハンブラ宮殿に行くには、徒歩または車で行くのが一般的。

市内中心部(カテドラル周辺)からアルハンブラ宮殿はそれほど離れておらず、徒歩で20~30分程度しか離れていません。

しかし丘の上に建っていることもあり、行きはずっと上り坂なのでタクシーまたはバスでの移動がおすすめです。

バスで行く場合、市内を循環しているアルハンブラバスのC3路線が便利。バスは小型で真っ赤な車体が特徴的です。

アルハンブラバス乗り場

アルハンブラバス

日本からグラナダ中心部への移動については、次の記事をご覧ください。

スペインは、ガウディ建築をはじめとした奇抜な建物がいっぱい! そのほかの見どころやアクティビティ、食べ物など挙げだしたらキリがありません。 しっかりと楽しむためにも、最低限知っておきたい情報を紹介します。

観光についての注意点

休館日について

毎週月曜日が休館日です。

入退場について

アルハンブラ宮殿へ入るためにはチケット売り場横の入口のほかに、裁きの門や車両の門からの入場も可能です。

アルハンブラ宮殿の裁きの門

入場時にチケットのチェックが行われない場合がありますが、ナスル宮やアルカサバなどへ入場する時に再度チケットのチェックが行われます。

予約時間について

予約する時に時間を指定しますが、指定した時間はアルハンブラ宮殿への入場時間ではなく、内部のナスル宮殿への入場時間です。

もしチケット売り場横の入場口から入る場合、観光しながらだとナスル宮殿に到着するまでに1時間程度かかるので、それを見越した時間帯に入場してください。

服装について

冬であっても意外と温暖で歩くとぽかぽかしてくるので、すぐに脱げる上着を着ていきましょう。薄手のダウンジャケットがおすすめです。

また内部はとても広く、数キロメートル歩く必要がありますので、歩きやすいスニーカーなどを履きましょう。

海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

    楽天市場でスニーカーを探す
    Amazonでスニーカーを探す

トイレについて

敷地内に数多くあるので心配ありません。

売店について

チケット売り場付近とカルロス5世宮殿付近にあります。


スポンサーリンク

アルハンブラ宮殿に泊まる

スペインにはパラドール(Parador)と呼ばれる、修道院や古城などの歴史的な建造物を改築したホテルがあります。

アルハンブラ宮殿内にも修道院を改築して作られたホテル・パラドール デ グラナダ(Parador de Granada)があり、宿泊することが可能です。

ここに泊まれば、静寂につつまれたアルハンブラ宮殿を楽しむことが可能ですが、とても人気があるので早めに予約する必要があります。

    パラドール デ グラナダを予約

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

場所も分かりやすく、市内中心部からも近いので個人でも十分に周れます。

もしアルハンブラ宮殿の詳しい説明が聞きたい場合は現地ツアーに参加しましょう。

   アルハンブラ宮殿を訪れるグラナダ発着ツアー

どこにある?

スペイン・グラナダの丘の上に建っています。

グラナダの様子は、次の記事をご覧ください。

スペインは、ガウディ建築をはじめとした奇抜な建物がいっぱい! そのほかの見どころやアクティビティ、食べ物など挙げだしたらキリがありません。 しっかりと楽しむためにも、最低限知っておきたい情報を紹介します。

世界遺産への登録

1984年に「グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区」として、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

観光のベストシーズン

春から秋にかけて(3~11月)がとくにおすすめです。

冬(12~2月)であっても寒さはそれほど厳しくありませんが、庭園に咲いている花が少なくなります。

また、1年を通じて降水量は少なめです。


スポンサーリンク

観光に必要な日数

グラナダへの往復に2.5日、日帰りでアルハンブラ宮殿に行くとして合計丸3日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や乗継地での待ち時間があるので、最低でも4泊6日必要です。

こんな出来事がありました

フラメンコ鑑賞

フラメンコショーを鑑賞しました。ショーの流れは下記の記事をご覧ください。

https://japanalltraveler.com/experience/flamenco/

アルハンブラ宮殿に関する書籍

観光を計画

アルハンブラ宮殿を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
グラナダのホテル予約
アルハンブラ宮殿を訪れるグラナダ発着ツアー
アルハンブラ宮殿を訪れる日本発着ツアー

訪れた時期

2017年12月に訪れました。

スポンサーリンク